関西を中心に人気の高い「タチウオ」釣りで、新たな釣りスタイルとして注目されているのが「ジギングテンヤ」。エサ釣りでもワームでも対応できる"二刀流の船タチウオ専用テンヤ"の使い方をご紹介します。

「ジギングテンヤ」とは!?

タチウオの食いの渋い時には、ルアーではエサ釣りにかなわない! 逆に時合真っただ中では手返しのよいルアーに数釣りでは、エサ釣りはかなわない。

そんな悩みを解消し、両者のイイトコどりをしたハイブリットなテンヤが登場。タチウオジギングのタックルをそのまま使って楽しめる「ジギングテンヤ」。知らなきゃ損します!

船で狙うタチウオ釣りでは、下向きにフックがついたジグヘッドのような仕掛けに、イワシやキビナゴといったエサをワイヤーで巻きつけてタチウオを狙う「テンヤ釣法」が、以前から親しまれていました。

そんなテンヤ釣りを、タチウオジギングをするアングラーにもそのままのタックルでやってもらえる釣りとして発展させたのが「ジギングテンヤ」です。


ジギングテンヤ(フィッシュアロー)にはヘッドカラーにグローとシルバーの2色を採用、各色に30号(110g)・40号(150g)・50号(190g)がラインナップされています。写真のジギングテンヤスターターキット(テンヤとワームのセット)のほか、ジギングテンヤ単体とテンヤとのマッチングを考え開発したフラッシュJスプリット5インチ&7インチが販売中です。

取り付け簡単!

使い方は簡単です。ジギングテンヤのヘッドに、ワームかエサをセットするだけ。それぞれのセットの仕方をご紹介します。

ワームを使用する場合

エサを使用する場合

エサとワームを両方使えるようにしたワケ

エサとワームを両方使える利点として、「手返し」と「状況への対応力」がある。

タチウオの活性が上がり「入れ掛り」といった状況になった場合、エサの付け替えに時間がかかると時合いを有効に釣れなくなる。そんな状況では、エサからワームに変更すればエサの付け替えのタイムロスを減らし手返しよく釣りを行うことができる。

反対にタチウオの活性が低く状況が「渋い」時には、エサを使用した仕かけの方が釣果が伸びる。

画像: エサとワームを両方使えるようにしたワケ

ビギナーからベテランまで、楽しく釣れるタチウオ。
シーズンはまだまだ継続中!!

8月4日に新創刊した、関西発の釣り情報誌「釣りどき関西」(内外出版社)では、これからピークを迎える関西のタチウオ釣りを詳しく紹介している。フィッシュアローの松本猛司さんが、ジギングテンヤのハウツーをレクチャーしてくれるので、ぜひとも参考にしてほしい。

さらにキスのチョイ投げ・引き釣りも大特集。夏から秋にかけて釣って楽しく、食べて美味しいキスの釣り方を分かりやすく解説。ほかにも夏に夕涼み釣行や関西の旬のターゲットについての情報が満載。

「釣りどき関西」は書店、釣具店、WEBショップで発売中です。

<関連リンク>

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.