バス釣りのワームリグの中でも、リグのセッティングのしやすさと扱いやすさ、そして高い実釣性能で近年人気なのが「ネコリグ」。ではプロアングラー達がどんなネコリグセッティングをしているのか? ルアーマガジン2017年11月号特集「We Love ネコリグ!!」から、編集部福重が分析しました。

プロアングラー40人のネコリグを分析!

ルアーマガジン11月号の特集はみんな大好き「ネコリグ」! そして数ある巻頭企画の中でも特に気合の入った企画が、プロアングラー40人のイチオシネコリグを紹介する”俺のネコリグ40選”。その40人のネコリグデータを整理して、コッソリ公開するぞ。

ネコリグのシンカーは埋める?埋めない?

中央にフックをセットし、ヘッド部分にシンカーを挿入するのがネコリグ。ところでこの時のシンカーは、最後まで埋め込む? それとも先っちょを出してる??

画像1: ネコリグのシンカーは埋める?埋めない?

釣りプラスユーザーのネコリグのネイルシンカーの処理…

  • 埋め込む
  • 埋め込まない
  • 埋め込む
    51
    216
  • 埋め込まない
    49
    207

ではプロアングラー40人の意見ではというとコチラ↓

画像2: ネコリグのシンカーは埋める?埋めない?

極僅差で埋める派が多いという結果に!

埋める派としてはシンカーのすっぽ抜け防止、埋めない派としては着底をよりはっきりと感じやすくするため、と言った意見が見受けられたぞ。

シンカーは何を使っている?

ネコリグ用シンカーと言えば、いわゆるネイルシンカー。

一見すると似たり寄ったりの物が多いのだが、40人にも聞けばちょっとは傾向が見えてきた!!

画像: シンカーは何を使っている?

最も多く使われていたシンカーは、バザーズワームシンカーTGネイル[DAIWA]とタングステンネイルシンカー[スタジオ100]。そして次点でMSトーナメント[アクティブ]という結果に。

画像: 左からタングステンネイルシンカー[スタジオ100]、バザーズワームシンカーTGネイル[DAIWA]、MSトーナメント[アクティブ]

左からタングステンネイルシンカー[スタジオ100]、バザーズワームシンカーTGネイル[DAIWA]、MSトーナメント[アクティブ]

いずれも抜けにくさに工夫を凝らした名品達だ。

ちなみにその他のシンカーの中にはバレットシンカー[メーカー不明]の記載も・・・。ってネコリグの記事なのにバレットシンカー!?

フックはガード付きを使う??

画像1: フックはガード付きを使う??

元々ネコリグと言えばマスバリのチョン掛けで使うのが主流。後にガード付きフックが現れ、今では針先を完全に隠したスナッグレスセッティングも登場。

40人のネコリグマイスターはどのタイプの針を推すのだろうか??

画像2: フックはガード付きを使う??

結果としては、80パーセント以上がスナッグレス性能を考慮したフックをチョイス。そしてそのうち30パーセントは針先を隠したスナッグレスネコリグ系を選択していた。また、細かく見ると、同じワイヤー系の中にも金属なのか、ナイロン系なのか…等々の違いが見受けられた。

これらの傾向にはやはり、ネコリグを使うフィールド毎の傾向が見られるのかもしれない??

ちなみに縦刺しか横刺しかで言えば、ほとんどのアングラーが縦刺しをチョイスしていた。

身切れ防止?アクション優先? ネコリグアシストパーツ達

ネコリグはマスバリにチョン掛けする関係上、どうしてもワームだけが飛んでいってしまう”身切れ”が気になるもの。

それをカバーするためのアイテム(ワームストッパー)も多く出ているのだが、果たして40人はどうしているのだろうか?

画像: 身切れ防止?アクション優先? ネコリグアシストパーツ達

何と過半数がなにも使わずに、ネコリグを使用していた。その背景には、アクションの優先、リグの組みやすさと言った様々な理由があるはずだ。

ちなみに、「有り」のアングラーはチューブタイプとリングタイプが主だったぞ。

ところで40人のアングラーって誰なのさ!?

「俺のネコリグ40選」

気になってきた? どんなメンツなのか? どんなセッティングのネコリグなのか?

気になる人はルアーマガジン11月号を要チェック!! もちろん誌面では、各アングラーのおすすめワームや使い方もバッチリ公開しています。

ルアーマガジン2017年11月号販売中!総力特集は"We Love ネコリグ!!"

画像: We Love ネコリグ

縦に落としてスポットを狙えるだけでなく、横に引いてエリアを探ることもできてしまう。そんな使い勝手の良さから、すっかりおなじみとなった"ネコリグ"。ワームの頭にネイルシンカーを挿入して、フックをちょん掛けすればOK。そんなシンプルなリグだからこそセットするワームや使い方しだいでもっともっと釣れるようになるのがネコリグ!! その起源から、達人たちのヒミツのセッティングまで、奥深きネコリグワールドへようこそ!!

画像: 総力特集 "We Love ネコリグ!!"

[1]根こそぎ釣れるリグだからネコリグだって知ってた? 有名過ぎるその出生を追う。“ネコリグ起源”/村上晴彦:ネコリグ特集を組むに際して、どうしても話を聞きたい人がいる。それは「村上晴彦」さん。由緒正しきネコリグの考案者にして、その伝道者でもある彼に、ネコリグの誕生秘話と、その本質に迫る話を聞かせていただこう。

[2]イメージで無限大!! 変幻自在の万能リグ/川村光大郎:自身でスナッグレスネコリグを考案し、カバーの中のバスまで根こそぎ釣ることを可能にしてしまうほど、ネコリグを愛してやまない川村さん。その川村さんにとってネコリグとはどんなルアーかを問うと、こう返してくれた。「ネコリグは自由なリグです!」。その意図とは?

[3]『ネコリグ・イコール・マネーベイト』五十嵐誠のワザ、シェイキング・リトリーブをマスターせよ!!:2015クライマックスエリート5優勝、同年AOYランキング3位、2016AOYランキング2位。国内最高峰カテゴリー・JBトップ50において優れた成績を残し、トップ・オブ・トップスの一角として名を馳せるアングラー、五十嵐誠さん。彼の強さの原動力となっているのがネコリグだ。JBきっての使い手が明かす、ネコリグハウツーをご覧あれ!!

[4]“軽ネコ”&“重ネコ”野池を釣りきるネコリグ術を伝授!!/江口俊介×岡友成:バスが根こそぎ釣れるリグで「ネコリグ」。名前だけでも期待感がアップしてしまうこの釣りを、レイドジャパンの2人が徹底深掘り!! 野池メインの、秋にピッタリな釣り方を紹介するぞ。これさえ読めば、秋の荒食いシーズンを堪能できるカモ!?

[5]ゲーリーワームとネコリグのマリアージュ❤/河辺裕和×小森嗣彦×千藤顕:今や必要不可欠なリグ「ネコリグ」は、特にゲーリーワームで使う人が多いとか。そこで、ゲーリーワームを知り尽くしているお三方に集まっていただき、自慢のネコリグを作成。それを肴にして座談会を開催しちゃいました。

[6]俺のネコリグ40選:We Love NEKORIG!! 総勢40名のバス釣りの達人イチ押しネコリグを、セッティングまで細かくサーチ! あなたにドンピシャなネコリグがきっと見つかるはず! 要チェケラッ!!

特集の他にも充実のラインナップ!

◆ドラマチックハンター~俺達のレジェンド伝説~漢たちのNEKORIG
◆ルアマガ独占Scoop[PART1]比類なきスピナーベイトの追求~ボトムアップ第二弾は新機軸スピナーベイト!!~
◆ルアマガ独占Scoop[PART2]レイドジャパン期待の新作『デカダッジ(仮)』
◆2017陸王第3戦『灼熱広島リザーバー“漢の岸釣りガチバトル”』/奥田 学 VS 山田祐五 in 芦田川水系(広島県)
◆ガレージニュース#131 薄氷の桧原湖戦 2017 JB TOP 50 Series 4th Game
◆ルアーのトリセツ第25回~スピナーベイト~ 講師:秦 拓馬
◆2017ルアーマガジンタックルオブザイヤー開催記念! 豪華絢爛大読者プレゼント!!
◆2017ALL NEW LURE CATALOG

税込840円、釣り漬けLIFEのお供にルアマガをぜひ!


<ルアマガ2017年11月号の詳細はこちらの記事でも紹介↓>


<ルアマガ2017年11月号のお求めはNAIGAI-SHOPかAmazonにて↓>

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.