琵琶湖を中心に、ここ数年着実に注目を集めているのが「マグナムクランクベイト」。なかでも爆発的な釣果をたたき出し、高い人気を誇るラッキークラフトUSA社のSKTマグナムの実力を、琵琶湖ガイドの宮廣祥大氏が明かす。
画像: SKT02 www.youtube.com

SKT02

www.youtube.com

50アップは当たり前、ロクマルも多数! マグナムの名前は伊達じゃない

数あるマグナムクランクの中でも、ここ数か月、琵琶湖で人気沸騰中なのがラッキークラフトUSAのSKTマグナム。105と110の2サイズがラインナップされていて、圧倒的に釣れているのが110MRだ。

上の動画に登場した琵琶湖ガイドの宮廣祥大さんも、その破壊力にハマっている1人。特に今年はSKTマグナムの当たり年らしく、ガイドの大半をこの巨大なクランクに費やしているとか。

画像: ハードルアーを軸にダイナミックな釣りを展開する人気ガイドの宮廣さん。ちょっとつらそうな表情には理由があった。

ハードルアーを軸にダイナミックな釣りを展開する人気ガイドの宮廣さん。ちょっとつらそうな表情には理由があった。

「50アップはほぼ毎日。今年に入って、20尾以上のロクマルをSKTマグナムだけでキャッチしてます。でかバスの大好物のブルーギルに似たシルエットと、他のクランクには出せない立体的な水押しが効くんだと思います。でも連日投げて巻きまくったせいか、ロッドを支えてる左肩が痛くて痛くて…。あまりの痛さにガイド中は、エレキだけ踏んでお客さんに投げてもらってることもあります。ここまでくるとマグナム病ですね(笑)」。

宮廣さんはスタート後、水深4メートルほどのエリアに向かった。無数の泡が水面に漂っているが…。

画像: 水面には泡だけでなく、細かい浮遊物が無数に。即効で見切りそうなエリアだが、じつはこの水の悪さがキモだという。

水面には泡だけでなく、細かい浮遊物が無数に。即効で見切りそうなエリアだが、じつはこの水の悪さがキモだという。

「でかバスは水がキレイだと、ルアーを見破ってしまう。これぐらい水が悪い方が、かえって釣れるんですよ」と言いつつ、SKTマグナムをフルキャスト。

着水後、全速力でリールを巻く。ルアーがウイードに当たったら数秒間巻く手を止めてルアーを浮かせ、再び全力でリトリーブ。

ほとんどの場合はウイードに当たった直後、ひったくるようなバイトがあるという。ウイードのかわし方は、下の動画を参考にしてほしい。

画像: SKT01 www.youtube.com

SKT01

www.youtube.com

使用タックルは、ディープクランクで使うような長めのミディアムヘビーアクションのロッドとギヤ比5~6クラスのベイトリールがオススメ。60グラム近い巨大なクランクを1日中投げて巻き続けるので、それなりのタックルで臨んでほしい。

画像: ロッドはファンタジスタ・エックスグレイブFXC-75MHディープマニピュレーター(アブ・ガルシア/ピュア・フィッシング・ジャパン)。リールは来年発売予定のレボウインチ(アブ・ガルシア/ピュア・フィッシング・ジャパン)。ラインはバニッシュレボリューション14ポンド(バークレイ/ピュア・フィッシング・ジャパン)。

ロッドはファンタジスタ・エックスグレイブFXC-75MHディープマニピュレーター(アブ・ガルシア/ピュア・フィッシング・ジャパン)。リールは来年発売予定のレボウインチ(アブ・ガルシア/ピュア・フィッシング・ジャパン)。ラインはバニッシュレボリューション14ポンド(バークレイ/ピュア・フィッシング・ジャパン)。

わずか数分で強烈バイト! マグナムの実力を垣間見た瞬間

ポイントに着いて6、7キャストめのことだった。ウイードに当たったらリールを巻く手を止め、ロッドを軽くあおってウイードをほぐす。その直後、ロッドが突然満月に曲がった!

画像: あっという間に50センチオーバーをキャッチ。これがSKTマグナムの破壊力だ。

あっという間に50センチオーバーをキャッチ。これがSKTマグナムの破壊力だ。

「よっしゃー! やっぱりいましたね!」。

強烈なファイトの末にネットインしたのは見事な魚体の50センチオーバー。取材開始後数分の出来事だった。

その後も宮廣さんはSKTマグナムを投げ続け、56センチを頭に2日間で7尾の50センチオーバーを手にした。実はこの取材、裏テーマがありまして…。

画像: 違うカラーでもキャッチ。銀ベースにホログラム。

違うカラーでもキャッチ。銀ベースにホログラム。

画像: 釣れまくりだったので、1枚にまとめてみました。宮廣プロごめんなさい(笑)。

釣れまくりだったので、1枚にまとめてみました。宮廣プロごめんなさい(笑)。

釣れ釣れのSKTマグナム。実は2色ともルアマガのスペシャル仕様です

というわけでこの取材、ルアマガのオリジナルカラーで釣ってもらいました。ただのオリカラじゃありません。フックは刺さりの良さと強度で評判のピアストレブルブルータル(リューギ)の1/0に換装済みです。

ゴールドクロームにブルーギル模様をあしらった「黒金ギル」と、シルバークロームにホロ加工を施した「黒銀ギル」。お買い求めは以下のリンクからよろしくお願いします。

画像: でかバスの分厚い口でも確実にぶっ刺さるピアストレブルブルータル。これぞスペシャルコラボモデル。

でかバスの分厚い口でも確実にぶっ刺さるピアストレブルブルータル。これぞスペシャルコラボモデル。

パッケージにはリューギとルアマガのシールが。ぜひその威力をお試しください。

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.