ルアーマガジンファミリーから生まれたタックルアイテムブランド"LML"(ルアーマガジンリンクス)が新たに提案するのが、シーバス釣りをもっと手軽に楽しむための新たなタックル。そのコンセプトに基づき開発がスタートした、モバイルシーバスロッドについてお伝えします。

もっと気軽にシーバス釣りを楽しむために!

東京湾を筆頭に、手近な港湾部でシーバスのルアーフィッシングをするのに必要なアイテムといえば、ロッド、リール、ライン、ルアー、ランディングネット、ライフジャケット、アイテムを入れるバッグ…これぐらいは最低でも必要でしょうか。

でも、ルアーのシーバス釣りはもっと身軽&手軽なターゲットであって欲しいという思いから、ルアーマガジンソルトが手がけるタックルアイテムブランド「LML」(ルアーマガジンリンクス)の「湾岸BUCHINUKIプロジェクト」がスタートしました。

LML(ルアーマガジンリンクス)については過去記事を参照いただきたいのですが、ルアーマガジンファミリーから発信するアイテムブランドで、さまざまなメーカーとコラボしてメーカー単体ではなかなか出し得ない面白い商品をアングラーに提供していこうというコンセプト・ブランドです。

このプロジェクトでは、シーバス釣りに必要な、ロッド、リール、ライン、ルアー(ケースひとつ)、フィッシュグリップ、ライフジャケットとさまざまなアイテムを、少しコンパクト化したいのです。

で、なおかつ、電車や自転車などの移動手段でスマートに釣りをしたい! 会社帰り「ちょっと今日は残業なんだよね…」と奥さんにカワイイ嘘をつき、シーバス釣りを楽しみたいのであります。もっと剛のモノは「あ、いま営業中っす!」といってスーツ姿でシーバス釣りをしちゃったりする…。なんという日本の経済効率を下げる悪魔なコンセプトなんでしょう! 

つまり、目指しているのはロッドをだけを作るのではなく、新たなシーバス釣りのスタイルを作り上げることなのです!

モバイル4ピースなのに、高い足場から一気にシーバスをブチ抜く豪腕ロッドが欲しい

画像: ちょっと立ち寄って港湾部で釣っちゃった的な、手軽さが欲しい。これは今回のプロジェクトを一緒にすすめる新進気鋭かつ先鋭的なスタイルで身近な釣り物をフューチャーするnada.のアラマキ・シンヤ氏。主役となるモバイルロッドのテスト成果。

ちょっと立ち寄って港湾部で釣っちゃった的な、手軽さが欲しい。これは今回のプロジェクトを一緒にすすめる新進気鋭かつ先鋭的なスタイルで身近な釣り物をフューチャーするnada.のアラマキ・シンヤ氏。主役となるモバイルロッドのテスト成果。

この思いをコラボブランドとして立ち上がったルアーマガジンリンクス(LML)が持ちかけたのは、あのメガバスから派生した新進気鋭のソルトウォーターブランドであるnada.

で、このロッド(釣り)のコンセプトは、

1)携帯性の高いモバイルロッド

2)湾岸湾奥地域や防波堤などの足場高な場所で釣りをしていて、60cmクラスのシーバスはランディングネットを使わず持ち上げられるリフト性能

このストロングなコンセプトを実現することによって、ランディングネットいらずで、お手軽装備。モバイル4ピースで電車&自転車フィッシングがお手軽!を具現化できると考えたのであります。

特に注目&活用したい、大都市港湾部に設置されたレンタルサイクルを用いた高機動フィッシング!!

以前にも当サイトの記事で東京港湾部には「ちよくる」と呼ばれる都市部に整備されたレンタサイクル網があることをチラリと解説しました。例えば、港湾シーバスのメッカともいえる豊洲地区なんかも、このレンタサイクル・ステーションがあったりするのですが、こういった機動力を釣りで使うためには、安全にタックルを持ち運べるモバイル性&荷物のコンパクト化が必要なのであります。

ちなみに、このレンタサイクルのインフラ…東京だけでなく各地の都市港湾部で拡大中なのですよ。釣り人として、業界として利用しない手はないと思いませんか? これについてはいずれがっつり…。

ベイトタックルにするか。スピニングタックルにするか

このプロジェクトにあたり、nada.からは数本のサンプルロッドが送られてきました。最も新しいサンプルロッドはバスロッドを彷彿させるベイトロッド3本。スペックは全て7フィート1インチで硬さ別にML、M、MHに分かれています。

画像1: ベイトタックルにするか。スピニングタックルにするか

サンプルが到着した段階では編集部で「抜群の剛性感だけど、シーバス相手にはちょいミッドが入らなさ過ぎる気がする…」という論評でした。で、実際に東京に訪れたnada.アラマキ・シンヤ氏とテストをするわけですが…。

画像2: ベイトタックルにするか。スピニングタックルにするか

テストしてみると、ノリもフィーリングも悪くない。ロッドの設計には定評のあるメガバス…いやnada.さんの開発設計陣恐るべし。で、重要なブチヌキ性能はどうよ? それはご覧の通り。

画像: 【LML】湾岸BUCHINUKIテスト 使っていたのはML。これが1番よかった。 youtu.be

【LML】湾岸BUCHINUKIテスト 使っていたのはML。これが1番よかった。

youtu.be

[湾岸BUCHINUKI]のテストはさらに続く!

ここから詰めて、さらに磨きをかけていく所存。発売はじっくりテストを重ねて、製品化へ進む予定です。ちなみにアラマキ氏がテストしていたのはMLモデル。で筆者はMをテストしていたのですが、見事新作のメガバス/X-80SW LBOでシーバスをヒット!

しかし、さーてブチ抜くか、いきますよー。からの身切れ………。Mじゃ少しブチ抜くには硬かったかな??? でもなぜかでっかい、カマスは釣りました。アラマキさんは50cmクラスを2本。30cmクラスを1本。

で、ココでみなさんのご意見を聞きたいアンケートを実施!

で、扱いやすさや利便性を考えるとベイトロッドなのですが、多くのシーバスアングラーは、案外ベイトリールを持っていなかったりするのですよね。スピニングモデルもテストをする予定ではあるのですが、みなさま的にはどうなのか、よろしかったら2択アンケートにお答えくださいませ!

どちらの仕様がお好みですか?? 

  • スピニングロッド
  • ベイトロッド
  • スピニングロッド
    53
    60
  • ベイトロッド
    47
    54

開発の進捗状況などはFacebookや釣りPLUSで逐次ご報告予定。じっくりと仕上げますので、楽しみにお待ちくださいませ!

関連リンク

LML(ルアーマガジン・リンクス)Facebookページ

[釣りPLUS]関連記事


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.