バスアングラーは、比較的レンジ(水深)に気を使わないといわれる。一方、トッププロは極めてレンジを重視しているのに、それを声高には言わないようだ。その誰もが黙して語らないレンジの秘密を、マルチなゲームフィッシングの天才と称される、松本幸雄氏がそっと教えます。

「1に場所、2にレンジ」という、レンジ重要度をカラダに刻め!

海の乗合船の釣り、ワカサギ釣り、ヘラブナ釣りなど、大部分の釣りにとって「棚」、つまりレンジは最重要事項だ。ところが、バス釣りの場合、ルアーやテクニックに比べると、レンジを軽視している人が非常に多い。その現状を松本幸雄さんは強く訴えた。

画像: 「1に場所、2にレンジ」という、レンジ重要度をカラダに刻め!

まつもと・さちお
エリアトラウト、ナマズ、ライギョ、ソルトの達人として確固たる地位を築いているが、バスフィッシングも知る人ぞ知る凄腕。今年はH-1グランプリ牛久戦に初出場して2位。陸王でも川村光大郎さんと大接戦を演じた。

天才・鬼才マツモトサチオが鉄の掟とする、全魚種共通の【重要項目】

松本「ルアー釣りに関して、僕の中で大事な要素は、1に場所、2にレンジ、3にアプローチ、4にルアー、5に色。この順番は変わったことがないし、全魚種共通ですね。レンジって2番目に重要なん
ですよ。だから、レンジを気にしないなんて、あり得ない」。

画像: 天才・鬼才マツモトサチオが鉄の掟とする、全魚種共通の【重要項目】

制層権ルアーその1<スピナーベイト>

レンジキープはもちろん、レンジを上げながら巻く、レンジを下げながら巻けるのがスピナーベイト。レンジの上げ下げの意図は…後述しよう。まずは松本お気に入りのスピナベ2つ!

ウインドレンジ3/8オンス(ノリーズ)

画像: ウインドレンジ3/8オンス(ノリーズ)

霞水系では、松本さんにとってのマストアイテム。これで中層を引いて、反応があったらスモラバなどを投入する。浮き上がり時に食ってきたら、そのエリアは厳しいと判断する。

Bカスタム3/8オンス(デプス)

画像: Bカスタム3/8オンス(デプス)

リザーバーなどのクリアウォーターで、中層を広範囲に探る場合は、Bカスタムを愛用。静かな波動で、バスの警戒レベルを下げる。

制層権ルアーその2<虫ルアー>

レンジの中でも水面というレンジは別格だ。松本さんによると、水面付近のたった1センチのレンジ差は、中層に置き換えると1メートル以上の差に匹敵するという。

画像: 制層権ルアーその2<虫ルアー>

ケロムシ(デプス)

画像: ケロムシ(デプス)

枝などからぶら下げて使うために開発された、虫系ワーム。大ぶりの手足が、強烈な集魚効果を生み出す。松本さんのお気に入りだ。

制層権ルアーその3<?????>はルアーマガジン12月号で!

中層、表層ときたら、あとは…! 釣果をぶっちぎりで変える、レンジの上げ下げのキモもばっちり解説しているのがルアーマガジン2017年12月号。今年春からの釣りだけで、関東55アップを数本、関東50アップなら40〜50本(!!!)釣っている松本さん。知っていることは全てさらす彼のスタイルが、該当記事では溢れまくっているぞ!

"ルアーマガジン2017年12月号"をざっくり紹介すると…

スキップ ▼


ルアマガ20周年コラボ!H-1グランプリ第5戦in牛久沼スペシャルレポート

使用できるのはハードルアーのみという、その名のとおり“ハード”なレギュレーションでありながら、年を追うごとに参加者が増え、各方面から注目を浴びているトーナメント『H-1グランプリ』。その、2017シリーズ最終戦となる茨城県牛久沼での戦い『ミシマカップ』に創刊20周年を記念してルアーマガジンもコラボレーション!! 白熱の試合をレポート!! 

渾身特集:"水深(レンジ)"から導き出す晩秋の決め手

画像

バスフィッシングにおいてもっとも大切なのは、バスのいるエリアを探し出すこと。でも、せっかくその場所に到達していながら反応が得られない、なんてことも当然あるわけです。ルアーの動きが合っていない? 色が違う? そもそもバスのいる水深、バスが食う水深をハズしているのかも? 浅いのか? 深いのか? それとも中層? どの水深も可能性がありそうで迷ってしまう。そんなアナタに贈る、"深〜い"特集をお届け。

1.今江克隆 → 2.青木大介 → 3.折金一樹 → 4.木村建太 → 5.草深幸範/水野浩聡/山岡計文/内山幸也/塚本謙太郎→ 6.松本幸雄 の豪華リレーで完全攻略だっ!

2017陸王第4戦 市村直之VS金森隆志in福岡県・遠賀川

数多くの名勝負が繰り広げられた福岡県遠賀川。今回はこの地で勝利を手にした2人のアングラーが対戦することになった。2011年陸王決勝戦を制した金森隆志さんと、2017年JBトップ50第一戦で頂点に立った市村直之さん。2人の勝者がたったひとつの「勝利」を目指す!!

画像

達人の岸釣り1BOX:関和学 / かつぅ / 平岩孝典 / 秦拓馬

巻きモノでガンガンくる日もあれば、寒波で釣果が冷え込む日がある晩秋の岸釣り。コロコロ変わる釣況に達人たちはどう対応しているのか? その答えを1BOXにアソート!! 4達人が得意なフィールドを想定した厳選ルアーは、アナタの釣果UPのヒントになるはずだ。

その他の記事も見逃すな!

  • 2017防寒ウェアコレクション
  • ドラマチックハンター〈Part.110〉
  • 注目アイテム実践レポート(横川隼大/山添大介)and more!

2大特別ふろくも付いた特盛り仕様!

[その1]LUCKY CRAFT U.S.A. 大森貴洋コンセプトBOOK

世界最大のトーナメント組織B.A.S.S.の最高峰カテゴリー『エリートシリーズ』に身を置き、出場するだけでも栄誉とされるバスマスターズクラシック出場12回、そしてそのクラシックを日本人で唯ひとり制した大森貴洋さん。彼のルアーに対する考え方、プロアングラーとしての矜持がここに!!

[その2]スマホ動画配信:第二弾の主役は川村光大郎『変幻自在のネコリグ』!!

前号(11月号)の巻頭ネコリグ特集取材時に動画スタッフも同行!! 川村さんのネコリグハウツーにおいて核となる部分を抽出し40分の映像に! 先月号を熟読したアナタがこの動画を視聴すれば、川村流の神髄へとさらに近づけること間違いナシ!!
とじ込みQRコードをスマホで読み取り、即座にアクセス!!

画像:

(左)LUCKY CRAFT U.S.A. 大森貴洋コンセプトBOOK
(右)スマホ動画配信:川村光大郎『変幻自在のネコリグ』!!

ルアーマガジン2017年12月号のお求めは…

[NAIGAI-SHOP]

[Amazon]

[釣りPLUS]関連記事


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.