2017年JBTOP50の年間タイトルを手にした、現役最強のトーナメンター青木大介選手に聞く、マッディシャローレイク・霞ヶ浦のレンジ(水深)の絞り込み方を公開。「基本は水深1メートルを上・中・下」で区切るだけという、誰でも真似できる明快なノウハウは必見だ。

横だけでなく、上から下までレンジ的にも散りやすいのが秋。

釣りプラスをご覧の皆さま、こんばんちは! 秋の釣りが苦手なフルカワです。
秋の釣りはイマイチ居場所が絞れない・・・だから巻き物っていうのも頭ではわかってますが今度はどのレンジを攻めればいいかわからないし・・・。

ということで、JBトップ50V3を成し遂げた職業バスプロの青木大介さんに、あえてフィネスのみでのレンジ斬りをお願いしました。

「基本的に水深1メートル以内を上・中・下で分ければOK」

画像: 「1メートルって言うとこれくらい。カスミ水系でオカッパリだと、狙うべきレンジは限られるので、この範囲内で上・中・下しか考えてませんね」。

「1メートルって言うとこれくらい。カスミ水系でオカッパリだと、狙うべきレンジは限られるので、この範囲内で上・中・下しか考えてませんね」。

その理由を青木さんは詳しく語ってくれました。

青木大介さん(以下青木)「水深に幅のある河口湖ならレンジ的にいろいろ言えますが、霞ヶ浦水系のオカッパリで、しかもライトリグ限定の話だと、僕の分け方は単純に上・中・下だけです。基本的に水深1メートル以内での勝負になる釣り場なので、その中でレンジを10センチ刻みでこうするとかは基本的に考えません。

 レンジ的には上(表層)、中(中層)、下(ボトム)だけに分けて考えています。ちなみに、マッディ系の水でライトリグは基本的に気づかれにくいので、逆にいえば、それでも勝負になるライトリグに向く水深のオカッパリエリアといえるかもしれませんね」。

狙うレンジがわからなければ、水温17度を基準に上か下か

青木さんの言葉通り上・中・下でレンジを斬っていくとして、状況がわからない朝イチはどのレンジを狙っていけばいいんだろう?
 

画像: 「17度より高ければ上もありえます。下回ったら上は無しで、下か中層ですね。食べているエサの関係だと思います」

「17度より高ければ上もありえます。下回ったら上は無しで、下か中層ですね。食べているエサの関係だと思います」

青木(以下青木)「最初に大事なことを話しておくと、バスは自分がいるレンジのものしか食わないわけではなく、上を意識しているときは上のものしか、下を意識しているときは下のものしか基本的には食わないということです。例えば、1メートルボトムにいても上のものを意識している場合は、表層に浮いてきて食いますから、レンジを合わせるというより、バスが意識しているレンジを刺激することがすごく大切です。

 なので、個人的に目安としているのが水温17度。それより高ければ、上で釣れる可能性があります。11月に入ると微妙な時期ですが、カスミ水系のような浅い釣り場は水温が上がりやすいので、晴れた日中や水温が高くなった夕方前とかは、上に出る可能性はありますよね」。

JBトップ50霞ケ浦戦のオフリミット期間の取材のため、エリアを制限されるもレンジを見極めて無双!

取材の日は試合のオフリミット期間ということもあり、制限されたエリアでの実釣だったのですが・・・・

画像: 「コイツは目線が上でしたね」

「コイツは目線が上でしたね」

無双!

画像1: JBトップ50霞ケ浦戦のオフリミット期間の取材のため、エリアを制限されるもレンジを見極めて無双!

無双!!

画像2: JBトップ50霞ケ浦戦のオフリミット期間の取材のため、エリアを制限されるもレンジを見極めて無双!

無双!!!

画像3: JBトップ50霞ケ浦戦のオフリミット期間の取材のため、エリアを制限されるもレンジを見極めて無双!

無双!!!!

レンジを見極めれば、こんなに釣れてしまうのか! しかも意外と難しく考えなくても大丈夫的な目からうろこのレンジ感は、ルアーマガジン12月号で詳しく解説しておりますので、秋の釣果にお悩みの皆さまは必見の内容になっております!

"ルアーマガジン2017年12月号"をざっくり紹介すると…

スキップ ▼


ルアマガ20周年コラボ!H-1グランプリ第5戦in牛久沼スペシャルレポート

使用できるのはハードルアーのみという、その名のとおり“ハード”なレギュレーションでありながら、年を追うごとに参加者が増え、各方面から注目を浴びているトーナメント『H-1グランプリ』。その、2017シリーズ最終戦となる茨城県牛久沼での戦い『ミシマカップ』に創刊20周年を記念してルアーマガジンもコラボレーション!! 白熱の試合をレポート!! 

渾身特集:"水深(レンジ)"から導き出す晩秋の決め手

画像

バスフィッシングにおいてもっとも大切なのは、バスのいるエリアを探し出すこと。でも、せっかくその場所に到達していながら反応が得られない、なんてことも当然あるわけです。ルアーの動きが合っていない? 色が違う? そもそもバスのいる水深、バスが食う水深をハズしているのかも? 浅いのか? 深いのか? それとも中層? どの水深も可能性がありそうで迷ってしまう。そんなアナタに贈る、"深〜い"特集をお届け。

1.今江克隆 → 2.青木大介 → 3.折金一樹 → 4.木村建太 → 5.草深幸範/水野浩聡/山岡計文/内山幸也/塚本謙太郎→ 6.松本幸雄 の豪華リレーで完全攻略だっ!

2017陸王第4戦 市村直之VS金森隆志in福岡県・遠賀川

数多くの名勝負が繰り広げられた福岡県遠賀川。今回はこの地で勝利を手にした2人のアングラーが対戦することになった。2011年陸王決勝戦を制した金森隆志さんと、2017年JBトップ50第一戦で頂点に立った市村直之さん。2人の勝者がたったひとつの「勝利」を目指す!!

画像

達人の岸釣り1BOX:関和学 / かつぅ / 平岩孝典 / 秦拓馬

巻きモノでガンガンくる日もあれば、寒波で釣果が冷え込む日がある晩秋の岸釣り。コロコロ変わる釣況に達人たちはどう対応しているのか? その答えを1BOXにアソート!! 4達人が得意なフィールドを想定した厳選ルアーは、アナタの釣果UPのヒントになるはずだ。

その他の記事も見逃すな!

  • 2017防寒ウェアコレクション
  • ドラマチックハンター〈Part.110〉
  • 注目アイテム実践レポート(横川隼大/山添大介)and more!

2大特別ふろくも付いた特盛り仕様!

[その1]LUCKY CRAFT U.S.A. 大森貴洋コンセプトBOOK

世界最大のトーナメント組織B.A.S.S.の最高峰カテゴリー『エリートシリーズ』に身を置き、出場するだけでも栄誉とされるバスマスターズクラシック出場12回、そしてそのクラシックを日本人で唯ひとり制した大森貴洋さん。彼のルアーに対する考え方、プロアングラーとしての矜持がここに!!

[その2]スマホ動画配信:第二弾の主役は川村光大郎『変幻自在のネコリグ』!!

前号(11月号)の巻頭ネコリグ特集取材時に動画スタッフも同行!! 川村さんのネコリグハウツーにおいて核となる部分を抽出し40分の映像に! 先月号を熟読したアナタがこの動画を視聴すれば、川村流の神髄へとさらに近づけること間違いナシ!! とじ込みQRコードをスマホで読み取り、即座にアクセス!!

画像:

(左)LUCKY CRAFT U.S.A. 大森貴洋コンセプトBOOK (右)スマホ動画配信:川村光大郎『変幻自在のネコリグ』!!

ルアーマガジン2017年12月号のお求めは…

[NAIGAI-SHOP]

[Amazon]

[釣りPLUS]関連記事


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.