明石焼き(玉子焼き)や明石ダコなど、"食のまち"として古くから栄えてきた兵庫県明石市。瀬戸内海の豊富な魚資源を活用し、明石ならではの釣りと魚料理を身近に感じてもらいつつ、明石焼きに続く新たな郷土食の創作を目指して、11月4日(土)に"明石釣りごはん選手権"が開催されます。

一般募集から選ばれた"釣りごはん優秀レシピ"をお披露目

今回の"釣りごはん選手権"は、本年9〜10月に募集・審査された"釣りごはんレシピ"から選ばれた優秀レシピの表彰とお披露目の場。その"釣りごはん"に値する条件とは…、

  • 使用する魚は、釣れる魚であること。(沖に出て釣った大型の魚よりは、家族などと釣りに行き⼿軽かつ簡単に釣れる魚が望ましい)
  • 魚を生で使用することは禁止。ただし、表面をあぶる、湯引きするなどはOK(提供時に生の面が見えないこと)
  • 屋台など屋外でも提供できること。ただし、下ごしらえの為の事前調理はOK
  • ご飯の上に乗せて完成するいわゆる「丼」でないこと。ただし、混ぜご飯や巻き寿司のような形態はOK
  • レシピを作ること
画像: 会場では、優秀レシピのうち3品が1セット300円で販売される。(左から)アジフライサンドバジル風味、イワシとしば漬けの春巻き、たこパラダイス in 春巻き

会場では、優秀レシピのうち3品が1セット300円で販売される。(左から)アジフライサンドバジル風味、イワシとしば漬けの春巻き、たこパラダイス in 春巻き

ファミリーで魚と親しむ一日を

釣りごはん選手権表彰式の他にも、会場は主に親子連れで楽しめるイベントが盛りだくさん。キッズダンスや釣りトークショーが催されるステージアクトをはじめ、投げ釣り体験教室(15組)や魚のタッチプールなども楽しむことができます。

11月連休の中日、未来の"釣り人予備軍"を育てるべく、お子様連れで出かけてみてはいかが?

日時:2017年11月4日(土)10時〜16時
会場:明⽯市大蔵海岸公園明⽯大蔵海岸通2-11
主催:明⽯釣りごはん選⼿権実行委員会
後援:明⽯市、明⽯観光協会、神⼾新聞社、明⽯ケーブルテレビ
協力:日本ご当地キャラクター協会
特別協賛:日本釣用品工業会
問合せ先:明石釣りごはん選手権事務局(TEL: 078-912-6660)


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.