大釣りも沈黙もありえる、季節の変わり目。巻きなのか撃ちなのか、ストロングかフィネスか…状況にアジャストするのは難しい。陸っぱりならなおさらだ。そんな迷えるアングラーに、まずは3つのアンサーを! JBトップ50で獅子奮迅の活躍をする一方、ローカルに根ざし、自身も大好きな陸っぱりに精通する関和学さんにルアーセレクトをお願いした!!

関和学が教える、状況変化対応マッディシャローセレクト!

「僕が紹介するのは…」と言うまでもなく、霞ヶ浦の程近くにショップをかまえる関和さんが得意とするのは、日本有数のマッディシャロー水郷エリア。「秋は巻きモノ。プラス、急な冷え込みに対応できるルアーセレクトです」。

画像: せきわ・まなぶ:JBトップ50で活躍するトップトーナメンターにして、岸釣りにも積極的に取り組む。水郷エリアでショップ“LiMiT”を経営し、一般岸釣りアングラーと接する機会も多い。かゆいところに手が届く実戦的アドバイスが得意。

せきわ・まなぶ:JBトップ50で活躍するトップトーナメンターにして、岸釣りにも積極的に取り組む。水郷エリアでショップ“LiMiT”を経営し、一般岸釣りアングラーと接する機会も多い。かゆいところに手が届く実戦的アドバイスが得意。

Dゾーン1/2オンス(エバーグリーン)

「秋の使用頻度ナンバー1のマストルアーです」

画像: Dゾーン1/2オンス(エバーグリーン)

「秋のサーチベイトの代表格がスピナーベイトで、僕が絶対的な信頼をおくのがDゾーン1/2オンスです。ちょっと重めで一定層をトレースしやすく、波動が強めで広範囲に居るバスに気づかせやすい。狙いたいレンジに沈めて巻けば、パイロットルアーとしてバスの居場所やコンディションをサーチできます。僕の中では、秋に使用頻度が一番上がるルアーです」。

パトロールラッシュ(ウォーカーウォーカー)

「強い波動が効かないときに微波動を試します」

画像: パトロールラッシュ(ウォーカーウォーカー)

「全長4インチの小型スイムベイトですが、巻くとピリピリと微波動を出しながら泳いできます。冷え込みもなく、巻きモノが効きそうなのに強い波動を出すルアーには反応がないというときに使います。具体的に言うとDゾーンやクラッチヒッターを使うシチュエーションで、強波動に反応がないときに、パトロールラッシュの出番です」。

TGブロー3/8オンス+ダブルモーション3.6インチ(ともにエバーグリーン)

「巻きモノを食わなくてもコレは食います」

画像: TGブロー3/8オンス+ダブルモーション3.6インチ(ともにエバーグリーン)

「巻きモノをひと通り使って反応がないときに投入。ブレイクを斜めに切るようにフルキャストして着底したら、ロッドを立てながらスイミング。引き切ったらロッドを戻しながら糸フケを巻いて再着底…を繰り返します。アタリはフォール直後と着底した瞬間に集中。TGブローは根がかりが少ない。水温低下で巻きモノが効かない状況でも釣れます」。

ルアマガ最新号では全10ルアー完全公開! また、かつぅ氏・平岩孝典氏・秦拓馬氏もBOX公開!!!

達人の岸釣りONEボックス

画像: 左から、秦拓馬さん、平岩孝典さん、かつぅさん、関和学さん

左から、秦拓馬さん、平岩孝典さん、かつぅさん、関和学さん

巻きモノでガンガンくる日もあれば、寒波で釣果が冷え込む日がある晩秋・初冬の岸釣り。コロコロ変わる釣況に達人たちはどう対応しているのか? その答えを1BOXにアソート! 4達人が得意フィールドを想定した厳選ルアーは、アナタの釣果UPのヒントになるはずだ。

画像: ルアマガ最新号では全10ルアー完全公開! また、かつぅ氏・平岩孝典氏・秦拓馬氏もBOX公開!!!

どれが、誰のボックスか…分かるよね!? ボックスへギューギューに詰め込んだルアーは、根こそぎ徹底解説!!! 晩秋・初冬の陸っぱりで迷わないルアーセレクト4スタイルです。え!? 4人分揃えて持ち歩くって!!?

"ルアーマガジン2017年12月号"をざっくり紹介すると…

スキップ ▼


達人の岸釣り1BOX:関和学 / かつぅ / 平岩孝典 / 秦拓馬

巻きモノでガンガンくる日もあれば、寒波で釣果が冷え込む日がある晩秋の岸釣り。コロコロ変わる釣況に達人たちはどう対応しているのか? その答えを1BOXにアソート!! 4達人が得意なフィールドを想定した厳選ルアーは、アナタの釣果UPのヒントになるはずだ。

渾身特集:"水深(レンジ)"から導き出す晩秋の決め手

画像

バスフィッシングにおいてもっとも大切なのは、バスのいるエリアを探し出すこと。でも、せっかくその場所に到達していながら反応が得られない、なんてことも当然あるわけです。ルアーの動きが合っていない? 色が違う? そもそもバスのいる水深、バスが食う水深をハズしているのかも? 浅いのか? 深いのか? それとも中層? どの水深も可能性がありそうで迷ってしまう。そんなアナタに贈る、"深〜い"特集をお届け。

1.今江克隆 → 2.青木大介 → 3.折金一樹 → 4.木村建太 → 5.草深幸範/水野浩聡/山岡計文/内山幸也/塚本謙太郎→ 6.松本幸雄 の豪華リレーで完全攻略だっ!

2017陸王第4戦 市村直之VS金森隆志in福岡県・遠賀川

数多くの名勝負が繰り広げられた福岡県遠賀川。今回はこの地で勝利を手にした2人のアングラーが対戦することになった。2011年陸王決勝戦を制した金森隆志さんと、2017年JBトップ50第一戦で頂点に立った市村直之さん。2人の勝者がたったひとつの「勝利」を目指す!!

画像

その他の記事も見逃すな!

  • ルアマガ20周年コラボ!H-1グランプリ第5戦in牛久沼スペシャルレポート
  • 2017防寒ウェアコレクション
  • ドラマチックハンター〈Part.110〉
  • 注目アイテム実践レポート(横川隼大/山添大介)and more!

2大特別ふろくも付いた特盛り仕様!

[その1]LUCKY CRAFT U.S.A. 大森貴洋コンセプトBOOK

世界最大のトーナメント組織B.A.S.S.の最高峰カテゴリー『エリートシリーズ』に身を置き、出場するだけでも栄誉とされるバスマスターズクラシック出場12回、そしてそのクラシックを日本人で唯ひとり制した大森貴洋さん。彼のルアーに対する考え方、プロアングラーとしての矜持がここに!!

[その2]スマホ動画配信:第二弾の主役は川村光大郎『変幻自在のネコリグ』!!

前号(11月号)の巻頭ネコリグ特集取材時に動画スタッフも同行!! 川村さんのネコリグハウツーにおいて核となる部分を抽出し40分の映像に! 先月号を熟読したアナタがこの動画を視聴すれば、川村流の神髄へとさらに近づけること間違いナシ!! とじ込みQRコードをスマホで読み取り、即座にアクセス!!

画像:

(左)LUCKY CRAFT U.S.A. 大森貴洋コンセプトBOOK (右)スマホ動画配信:川村光大郎『変幻自在のネコリグ』!!

ルアーマガジン2017年12月号のお求めは…

[NAIGAI-SHOP]

[Amazon]

紹介したアイテムのお求めは…

Dゾーン(エバーグリーン)

パトロールラッシュ(ウォーカーウォーカー)

TGブロー(エバーグリーン)

ダブルモーション(エバーグリーン)

関連リンク

関和学オフィシャルサイト


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.