「釣具のポイント」 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」をシリーズ連載。今回は、ポイント安芸坂店(広島)の大谷店長が、地元ではまだまだ発展途上な「船のカワハギ釣り」を実釣調査レポートしてくれました!

広島では馴染みの薄い、船から狙う「カワハギ」を調査

みなさま!こんにちは!ポイント安芸坂店店長の大谷です。

画像: ポイント安芸坂店 店長<大谷寿弥さん>「広島出身、広島育ち。ルアー・エサ釣り問わず食べて美味しい魚を年中追い続けています。堤防からの釣りがメインですが、船釣りも大好き。お店にお越しの際はお気軽にお声がけください」。

ポイント安芸坂店 店長<大谷寿弥さん>「広島出身、広島育ち。ルアー・エサ釣り問わず食べて美味しい魚を年中追い続けています。堤防からの釣りがメインですが、船釣りも大好き。お店にお越しの際はお気軽にお声がけください」。

全国的にみれば非常に人気の高い釣り物ですが、広島ではまだまだ馴染みの薄い、船からの「カワハギ釣り」に行ってきました。

広島では「カワハギ」より「ウマヅラ」が有名でこの時期は専門に狙う遊漁船も多くあります。その為、カワハギとウマヅラが混同している人も多いのが現状です。近年、カワハギも防波堤からはよく釣れるのですが、なかなか船から狙っている遊漁船も少なく、今回は近場で調査を行ってきました!

この日は非常に風が強く、思う様に船を流せない状況。。。。

底まで仕掛けが付くと、竿を上下に動かしてエサを踊らせて誘いを掛けます。カワハギがいると仕掛けが動いている時はエサを食べる事ができず、イライラしてきます。そして仕掛を止めた瞬間にアタリがあります。

この誘いと喰わせの間のメリハリをつけ、カワハギを狙っていきます。

落した瞬間にアタリが多く、次々竿が曲がるのですが、釣れるのはトラギスのみ。。。

画像: 何か所か回りましたが、トラギスのオンパレード!!!

何か所か回りましたが、トラギスのオンパレード!!!

工夫をして狙って釣ったカワハギ!

風も強くなり、風裏のポイントに移動して、アタリを待つのではなく、アタリを出すように工夫をすると、小さいですがカワハギ釣れました!!

画像1: 工夫をして狙って釣ったカワハギ!
画像: 小さいですがたまたま釣れた1尾では無く、狙って釣った1尾です。

小さいですがたまたま釣れた1尾では無く、狙って釣った1尾です。

この1尾を釣ったことで、なんとなくコツがわかってきて、周りが苦戦している中、ポツポツとカワハギを釣ることができます。

画像2: 工夫をして狙って釣ったカワハギ!
画像: 中オモリを付けることで、「たたき」や「たるませ」などをやり易くなり、アタリも取れる様になりました。使用仕掛け:アスリートカワハギ ケイムラ 3本鈎(ささめ針)

中オモリを付けることで、「たたき」や「たるませ」などをやり易くなり、アタリも取れる様になりました。使用仕掛け:アスリートカワハギ ケイムラ 3本鈎(ささめ針)

3本針のほぼ一番下の針に掛かっており、底を這っているエサを食べているのが分かります。

ただ底で待ちすぎると、トラギスの餌食になってしまうので、誘いを入れ、一瞬だけ仕掛けをたるませアタリを待ちます。アタリがなければすぐに誘いをかけ、またアタリを待ちます。この繰り返しで良型も混じりカワハギが釣れていきます。

画像: 誘い方が分かるとカワハギの釣果が伸びる!

誘い方が分かるとカワハギの釣果が伸びる!

画像: この日最大の肝パンカワハギ!!

この日最大の肝パンカワハギ!!

エサ取り名人「カワハギ」との戦いのあとは…

調査での出船で、何の情報もないままでしたが何とかカワハギを釣ることができました。

エサ取り名人の異名があるほど、カワハギはエサをとるのが上手で、アタリが分からないまま仕掛を回収すると、全てのエサがとられていることもありました。。。針先のチェックを小まめに行い、針先が鈍っている様なら、すぐに針の交換を行いましょう。

カワハギとの戦いに勝利すると、釣り人の特権、美味しいカワハギを食することができます!

画像: カワハギの刺身と肝醤油!

カワハギの刺身と肝醤油!

皆様もぜひチャレンジしてみてください。

ポイント安芸坂店の店長大谷さんは地元広島出身で、「大の釣り好き!」。つまり、このエリアの釣りならなんでもおまかせのエキスパート。安芸坂店では、店舗近くの釣り場はもちろん、天応、倉橋島や蒲刈島など各地の新鮮情報も集まっているので、旬の釣り物探しの強い味方になってくれるはずだ。

[釣りPLUS]関連記事


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.