エリアフィッシングにおけるクランクベイトは、初心者にも簡単に使えてなおかつエキスパートも手が伸びる、誰もが信頼する魅力的なルアー。使いこなせば強力な手駒になるだけに、きっちりと基礎を押さえておきたい。そこで人気ルアー"バービー"を使って、クランクベイトをイチからおさらいしよう。

クランクベイトとは

画像: クランクベイトとは

元々はバス釣りで使われていた丸みを帯びたボディが特徴のリップ付きルアー。ミノープラグに比べてずんぐりむっくりしてることが多く、その分、浮力や水押しの点で優れている。

一方、エリアトラウトの世界のクランクベイトはスリムシェイプのものもあるが、いずれにしてもボディの大きさの割に大きめのリップがついていることが一般的。

ボディバランスのメリット

画像1: ボディバランスのメリット

この設計による最大のメリットは、大きめに設計されているリップが水の抵抗をよく受けてアクションを生みだしやすく、なおかつボディそのものは動きを妨げにくいサイズ感となっているということ。

つまりクランクベイトは、泳ぎ出しがよく、小さい抵抗(スローリトリーブ)でもしっかりと泳がせることができるのだ。

また、その動きは力強く、リーリーングしている手元にブルブルと振動を感じられるほど。

画像2: ボディバランスのメリット

潜るというリップの役割

画像: 潜るというリップの役割

リップはアクションの決め手となるだけでなく、どのような深さで、あるいはどういった角度で潜っていくのかが重要視されがちだが、ことエリアクランクに関してはもう一つ重要な役目がある。

それは潜ろうとする力そのものだ。

人が釣りをする場合、ルアーは人間の足元より低い場所を泳いでくるのが普通。
するとルアーは常に人の手元(タックル)側、つまり上方向に引っ張られ続けられる形になるため、何もしなければ水面まで浮き上がってしまう。

しかしその一方でエリアトラウト達は、可能な限り一定リズム・一定コースを泳ぐルアーを好む傾向があるとされる。

そこでクランクベイトなら、アングラーによって引っ張られて浮こうとする一方で、潜ろうとする力も働く。つまり上下方向への力の均衡がとりやすく、一定レンジを泳がせやすいのである。

画像: 上に引っ張られる力と潜ろうとする力の均衡をとりやすいクランクベイトは一定レンジをリトリーブしやすい。しかし例えばスプーンの場合、沈もうとする力(=潜ろうとする力)よりも引っ張り上げる力が強いため、浮き上がりやすいのである。※厳密にはフローティング・シンキングの話や、水の抵抗の受け方にもよりますが割愛で。

上に引っ張られる力と潜ろうとする力の均衡をとりやすいクランクベイトは一定レンジをリトリーブしやすい。しかし例えばスプーンの場合、沈もうとする力(=潜ろうとする力)よりも引っ張り上げる力が強いため、浮き上がりやすいのである。※厳密にはフローティング・シンキングの話や、水の抵抗の受け方にもよりますが割愛で。

フックの数

エリアトラウトフィッシングでもっとも多用されるルアー・スプーンと、今回紹介しているクランクベイトの違いのひとつがフックの数。

全てのルアーに共通するわけではないが、多くの場合は2フック仕様となっている。

ハリの数が多い事による純粋なハリ掛りの確率上昇はもちろん、前後に設けられたハリのどちらかにかかるかで、トラウトがバイトしてきた状況を読み解くことが出来るのだ。

画像: 例えば、後ろ側のフックにかかっていいたのなら、レンジがあっていて後ろから追いかけてきていたと考えられる。しかし、お腹側のフックにかかっていた場合、トラウトは下のレンジから食い上げてきていた可能性がある。そんな時はもう少し下のレンジを狙ってみよう…といった判断が出来るのだ。

例えば、後ろ側のフックにかかっていいたのなら、レンジがあっていて後ろから追いかけてきていたと考えられる。しかし、お腹側のフックにかかっていた場合、トラウトは下のレンジから食い上げてきていた可能性がある。そんな時はもう少し下のレンジを狙ってみよう…といった判断が出来るのだ。

ところでこの2フック仕様。小さいルアーになるなるほどに、採用が難しくなる。それはハリ同士の距離感が近くなり、お互いが引っ掛かってしまうからだ。

画像: フックの数

こうなってしまうと当然フックアップ率が下がるのはもちろん、アクションが破綻してしまうこともしばしば。

しかし、そんな問題を解決しているルアーが存在する。それこそが今回登場しているクランクベイト・"バービー"[ロブルアー]なのだ。

画像: ●全長:30ミリ●重さ:1.4グラム(F)、1.6グラム(SS)、1.5グラム(SSS)●価格:1400円(税抜き)

●全長:30ミリ●重さ:1.4グラム(F)、1.6グラム(SS)、1.5グラム(SSS)●価格:1400円(税抜き)

このルアーのサイズはわずか30ミリ。にもかかわらず、2フック仕様が採用されている。

これでは上の写真のように、確かにフック同士は引っ掛かってしまう。しかし、アイの位置、スプリットリングの番手、フックの形状といった要素の絶妙なバランスにより、仮に引っ掛かってしまっても、頭を下げるスイム姿勢に入るだけで綺麗に外れてしまうのだ。

バービーに込められた思い、そしてクランクベイトの使い方

このような画期的な性能を持つバービーは、様々な願いを込められて誕生した。

現在発売中の『ルアーマガジン マス王』では、そんなバービーの開発にまつわる話、そして具体的な使い方を、ロブルアーのフィールドテスター・白井亮さんが解説!!

しらい・りょう/人当たりのいい性格と優しい笑顔で活躍する、ロブルアーのフィールドテスター。その雰囲気とは裏腹に、深いこだわりと、濃厚なうんちくを語れるエリアクランクのスペシャリスト。本人いわく、「もちろんスプーンだって使いますからね!?」とのこと。

これさえ読めば、クランクベイトがもっと好きになる!!

初心者にも最適! エキスパートも頼れる底力! 可愛い見た目の凄い奴、クランクベイト"バービー"を徹底的に使いこなすには、『ルアーマガジン マス王』の白井さん詳細解説記事「バービーでエリアクランク再入門」をご覧あれ! クランクベイトの利点、バービーシリーズのバリエーション、バービーに適したタックル等を指南してくれるゾ!

『ルアーマガジン マス王』をざっくり紹介すると…

スキップ ▼


特集1【一投一尾の極意】エキスパートスタイルの最前線

特集2【でかマス釣り】モンスタートラウト獲りの方程式

画像: ルアーマガジンマス王

15【松本幸雄 伊藤雄大 杉山代悟】<2017鱒王BATTLE>東山湖でかマス決戦
16【村田基】間違いだらけのタックル選びforでかマス釣り
17【森田大&松本幸雄】偶然ではない必然だ! 狙って獲る「でかマス学」公開!でかマス方程式
18【松本幸雄&井上友樹】2人の天才の大型魚理論の最前線に迫る!

エリアを極められる実弾多数!! 鱒王 特別プレゼント

画像: ルアーマガジンマス王

『ルアーマガジン マス王』のお求めは、全国の釣具店・書店・WEBショップで!

◎価格:1,562円(税別) ◎発売:2017年11月16日 お求めは、全国の釣具店や書店、WEBショップで! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、下記の弊社販売サイトNAIGAI-SHOPをご利用下さい(1,000円以上お買上げで送料無料です)

ルアーマガジン マス王[NAIGAI-SHOP]

ルアーマガジン マス王[Amazon]

紹介したアイテムのお求めは…


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.