エリアトラウトで最重要ジャンルのひとつとして機能する、クランクベイト。なかでも、DR-SS…ディープランナー(DR)- スローシンキング(SS)は、エントリーユーザーもエキスパートも必修科目となっている。簡単に使えて、恐ろしいほどの潜在能力をみせるDR-SSタイプのクランクベイト。今回は、名作と言われるモデルの中から「パニクラ」をフィーチャーする!

クランクベイト×DR-SSの可能性「スプーンのように使える…」

多くのクランクベイト使いが独自の使い方を追求しているDR-SS。「DR-SS」すなわちディープランナーのスローシンキングモデル。同じクランクベイトの中でもDR-SSのスペックが搭載されているクランクは、ある意味特別な存在といえる。その特殊性はクランクベイト使いのみならず、スプーン巻きの名手たちにも影響を及ぼしている。

クランクベイト、及びスプーン、両タイプのルアーを高次元で完全に使いこなしている杉山代悟(以下、代悟さん)は言う。「DS-SSはまぎれもないクランクベイトですけど、まるでスプーンのように使えるクランクです」。

画像: 杉山代悟(すぎやま・だいご)ティモン・フィールドスタッフ。天性の「才」を味方に付けて、小学生時代からトラウトキング選手権大会・表彰台の常連となる。エリア第三世代のニュータイプ的超天才アングラー。「技術」「感覚」「判断力」における、すべての能力が群を抜いている。エリアゲームではスプーンからプラグまでの全ジャンルを高次元で扱う。また、ソルトゲームにおいても、その濃度が薄まることはない。

杉山代悟(すぎやま・だいご)ティモン・フィールドスタッフ。天性の「才」を味方に付けて、小学生時代からトラウトキング選手権大会・表彰台の常連となる。エリア第三世代のニュータイプ的超天才アングラー。「技術」「感覚」「判断力」における、すべての能力が群を抜いている。エリアゲームではスプーンからプラグまでの全ジャンルを高次元で扱う。また、ソルトゲームにおいても、その濃度が薄まることはない。

クランクだけどスプーン。そんな特殊なDR-SSの世界で、今…熱い注目を集めているモデルが存在する。それこそが「ちびパニクラDR-SS」(ティモン)だ。

パニクラの動きを誤差なく受け継いだ「ちびパニクラ」

「パニクラ」とは、現在のエリアゲームにおいて欠かすことができない地位に君臨するクランクベイト。

画像: パニクラDR(ティモン)。

パニクラDR(ティモン)。

「パニクラは、エリアにおけるクランクベイトが現在ほど豊富に存在しない時代に登場したモデルです。時代はクラピー(ラッキークラフト)黄金時代でした。そんな時代に登場したパニクラは、クラピーよりも浮力を抑えて、クラピーよりも動きがやや弱めに設定されています。若干ロールが入ったクネクネするアクションが特徴です」と代悟さんは言う。

そんなパニクラの全長は32ミリ。
一方、ちびパニクラの全長は25ミリ。

画像: ちびパニクラDR(ティモン)。パニクラのアクションを正確に受け継いだパニクラのシルエットダウンモデル。

ちびパニクラDR(ティモン)。パニクラのアクションを正確に受け継いだパニクラのシルエットダウンモデル。

パニクラの動きを誤差なく受け継いだ"ちびパニクラ"はデッドスローリリトーブでも驚くほど良く動く。また、やや速いファストリトリーブでもバランスを崩すことがない。つまり速度対応領域が非常に広い。そんな、ちびパニクラDR-SSの浮力調整は秀逸だ。
「ほぼサスペンドなんです(笑)。でもよ~く見ると超低速で沈下しています。だからスローシンキンであることに間違いはありません(笑)」。

画像: パニクラの動きを誤差なく受け継いだ「ちびパニクラ」

ちびパニクラに標準装備されているフックはe-フック(ティモン)の#10。だが代悟さんは、ちびパニクラDS-SSを使用する際にはフックをクラッチフック#8(ロデオクラフト)に交換して使うことが多い。ノーテンションでも針先が残るクラッチフックは、ちびパニクラDR-SSのように、極限まで低速で巻くケースが多いクランクのとの相性が抜群にいい。

「e-フックの#10とクラッチフック#8を比較するとクラッチフックの方が若干ウエイトが軽いです。そのため、フックを交換するとことによって、ちびパニクラDR-SSの特性はよりサスペンド方向へ振られます。それでも本当に超ゆっくりですけど沈下していきます。だからこそ、徹底的にゆっくり引けます。さらにどんなにゆっくり引いてもしっかり動くのがパニクラのいいところです」。

「HF」。ハイフロートタイプは浮力が強い分、動きも強い!

ちなみにパニクラには「SR」「MR」「DR」、そして「SR-HF」「MR-HF」「DR-HF」の合計6タイプが存在する。

適正攻略レンジは…
・SR:80センチ程度まで
・MR:1.5メートル程度まで
・DR:2メートル程度まで
・SR-HF:30センチ程度まで
・MR-HF:30~50センチ程度
・DR-HF:50~80センチ程度

画像: 写真手前から、パニクラSR。パニクラMR。パニクラDR。リップの大きさが違うことが分かる。

写真手前から、パニクラSR。パニクラMR。パニクラDR。リップの大きさが違うことが分かる。

「ハイフロートタイプの使い分けはレンジだけではありません。高浮力のハイフロートは動きも大きいです。低速で引いたときにも動きは大きいので重宝します。特に、夏場トラウトが浮いているけど、ダラリとしている…そんなときにはハイフロートを使ってゆっくり動かせば、効率的に口を使わせることが可能です」。

画像: 「HF」。ハイフロートタイプは浮力が強い分、動きも強い!

日本屈指のパニクラ使い手として知られている杉山代悟さん。そんな代悟さんの新たなステージ…大型トラウトを狙って獲る「モンスターハンター」としての緻密な戦略は『ルアーマガジン マス王』でたっぷり堪能可能!!! 杉山代悟さん×伊藤雄大さん×松本幸雄さんの「鱒王BATTLE」大物ガチ勝負記事は必見だ!

紹介したアイテムのお求めは…

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.