この5月に先行発売された『59SP MR』に続き、いよいよパブロシャッドの本丸、オリジナルモデルの『59SP』が11月に登場した。

画像1: [PR] "パブロシャッド59SP" オリジナルモデルが満を持して発進!! 山木一人×霞ヶ浦水系【シマノ・バンタムウェブマガジン更新】

潜行深度2.7メートルの前者に対して、後者は1.7メートル。国内フィールドにおいてシャッドプラグの有効レンジとされる水深2メートルをターゲットに作り込まれた日本人による日本人のための”THEジャパンシャッド”。陸っぱりアングラーはもちろん、あらゆるシーンでより使いやすい潜行レンジのオリジナルは、この冬から春にかけてきっと心強い味方となってくれるはずだ。

「いやいや、低水温期だけじゃなくて、どんな季節でも使えるのがシャッドだよ」。

季節を問わず、表層に小魚を始めとしたベイトが見えないなら、中層やボトム狙い。シャッド=寒い時期というイメージがあるが、それだけではないのだと山木さんは言う。

画像2: [PR] "パブロシャッド59SP" オリジナルモデルが満を持して発進!! 山木一人×霞ヶ浦水系【シマノ・バンタムウェブマガジン更新】

「パプロシャッドが潜る水深+α。リップがボトムタッチするかどうかくらいの場所は全て投げて巻いてみて損はないよ」。

まずは投げて巻く。いわば、クランキンシャッドとして、使い込んでみてはいかがだろう。

山木一人さんによる『パブロシャッド59SP』の詳しい解説と実釣取材の模様について、『シマノ・バンタムウェブマガジン』にてその続きをご覧ください。

画像: fishing.shimano.co.jp
fishing.shimano.co.jp

[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.