『ルアーマガジン2018年2月号』にて既報の通り、先日陸っぱりの年間チャンピオンを決める『陸王2017チャンピオンカーニバル』が開催されたのは記憶に新しいが、ボート版のバトル『艇王』についても、本年の王冠獲得を賭けた最終決戦『艇王2017チャンピオン・カーニバル』が、12/6(水)〜7(木)の2日間にわたり相模湖にて行われる。それに先立ち、勝ち残った3名のファイナリストをコールするとともに、この熱いバトルをリアルタイムで楽しめる方法について紹介する。

水上のバスフィッシングを覇する『艇王』

2013年から本格的に始動したルアーマガジン・モバイル企画『艇王』シリーズバトル。誰もが気軽に水上のバスフィッシングを楽しめるレンタルボートを利用し、全国各地のフィールドにて釣果を競う。トーナメント形式で争われる艇王は、年間で3戦のワン・オン・ワンの試合が行われ、そこで勝ち上がってきた勝者3名のチャンピオンカーニバルが開催される。

栄えある歴代王者は以下の通り。
[2013年]初代艇王:川島勉
[2014年]2代目艇王:木村建太
[2015年]3代目艇王:青木大介
[2016年]4代目艇王:金森隆志

そして、2017年。5代目艇王の称号を手にすべく、最終決戦となるチャンピオンカーニバルで激闘を繰り広げる3人の猛者が出揃った。

1st ファイナリスト:伊藤 巧 〜陸王2連覇達成の最強王者〜

艇王2017 Round1[2017/3/22 - 23]@豊英ダム(千葉県)
伊藤巧○ vs ●折金一樹

第1戦は、飛ぶ鳥を落とす勢いで駆け上がる次世代最強バサーの伊藤巧さん VS 突き抜ける最強ロコトーナメンター折金一樹さん。H-1グランプリの歴代王者同士の対決となったが、初日から伊藤さんが3キロ近いリードで折金さんを大きく引き離すと、2日目はそのリードを守りきって見事勝利を収めた。

画像: 1st ファイナリスト: 伊藤 巧 〜陸王2連覇達成の最強王者〜

2nd ファイナリスト:奥田 学 〜日本最強のモンスターバスハンター〜

艇王2017 Round2[2017/5/23 - 24]@琵琶湖(滋賀県)
奥田 学○ vs ●北大祐

第2戦は、日本”最強”のでかバスハンター奥田学さん VS JB TOP50グランドスラマー北大祐さん。de世界一のでかバスの宝庫と知られる琵琶湖にて激突した。対戦中にロクマルが飛び出すなどのドラマもあったなか、奥田さんが2DAYで20キロを超す驚異的な釣果を叩きだし2年連続の艇王チャンピオンカーニバルへの切符を勝ち取った。

このバトルは「AbemaTV」にてライブ中継。ご覧になられた方も多いのではないだろうか。

画像: 2nd ファイナリスト: 奥田 学 〜日本最強のモンスターバスハンター〜

3rd ファイナリスト:赤羽 修弥 〜霞ヶ浦水系の鬼〜

艇王2017 Round3[2017/8/30 - 31]@芦ノ湖(神奈川県)
赤羽修弥○ vs ●金森隆志

第3戦はワールドバスソサエティ(W.B.S.)で幾度もの優勝に輝く霞ヶ浦の鉄人、赤羽修弥さん VS 前回艇王で優勝を手にしたバス界のスーパースター、金森隆志さん。バスフィッシング発祥の地、芦ノ湖上でのバトルが実現した。関東・甲信越地方フィールドで”タフレイク”との呼び名が高いが、バトル当日も湖のタフさに両者困惑。しかし、勝利への執念で両日ともに放流バスをきっちりとキャッチしてきた赤羽さんが前回王者を下した。

画像: 3rd ファイナリスト: 赤羽 修弥 〜霞ヶ浦水系の鬼〜

今年最後の決戦の舞台は相模湖(神奈川県)!

艇王チャンピオンカーニバルの舞台となるのは神奈川県にあるフィールド相模湖!! バスフィッシングにおいて長い歴史を持つ湖だが、地元ロコアングラーでも手を焼く難関フィールドだ。さらに、釣果が厳しくなってくる冬の季節。このシビアな状況下でどのような戦術を組み立てられるかが勝負のカギとなるだろう。

画像: 今年最後の決戦の舞台は相模湖(神奈川県)!

ス●バのコーヒー1杯分程度wで、水上の最終決戦ライブを楽しもう!

2017年のラストを飾るこの決戦にて、3名の強者ファイナリスト達は一体どのような戦いを繰り広げるのだろうか? その戦いの一部始終が気になるバス釣りファンも多いことだろう。

実はこの戦い、[釣りPLUS]の兄弟サイトである[ルアーマガジン・モバイル]がリアルタイムでバトルの実況中継を行うことをご存知だろうか? 伊藤艇、奥田艇、赤羽艇それぞれに同船したルアマガモバイルスタッフが、現地の熱い瞬間をテキストと写真で詳細にわたり報告。平日ゆえ勤務中の方々が大半かと思われるが、シゴトがまったく手に付かなくなることだけは事前にご了承いただきたい(笑)

さて、この[ルアーマガジン・モバイル]は、スマホオンリー、月額324円(税込)の有料サービスとして提供されている。ドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトとして運営されており、これら3キャリアのいずれか利用中であれば、「ドコモSPモード決済」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて決済」により、スマホ利用料金と合わせての支払いが可能。またそれ以外に「楽天ペイ」による決済も利用できる。 いずれにせよ最初にちょっと面倒な手続きが必要なことだけはスミマセンです…m(_ _)m

…というわけで、わずかス●バのコーヒー1杯分程度w で楽しむことができる、エキサイティングな水上の最終決戦ライブ! 2017年のトリを飾るバス釣りイベントをみなさんと共に楽しもうではありませんか!!

〈気になる方はとりあえず[ルアマガモバイル]サイトへ ↓ 〉

画像: lmg.jp
lmg.jp

[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.