12月21日発売予定の『ルアーマガジン・リバー2018年2月号』は、ただいま校了(誌面を完成させること)作業の真っ最中。猫の手も借りたいほど多忙なルアマガリバー編集長・小倉をわざわざ捕まえて、「最新号は予定通り発売に間に合うのか?」と不躾な質問を投げかけてみた。

表紙がようやく固まった!(←コレ大事)

小倉「いやぁ、ようやく表紙パターンが“ほぼ”決まったところだよ。谷岡義雄カメラマンの迫力ある写真に超絶マッチしたデザインがとても気に入ってるね」

画像: 表紙がようやく固まった!(←コレ大事)

もちろん、編集部の“推し”は表紙のみならず

釣プ「かなりイイ感じの表紙ですね〜。でも編集長、表紙だけじゃ本になりませんよ。中身はどうなんですか、中身は?」

小倉「まず何と言っても『サクラマス』特集だな。ストイックなイメージが先行してしまいがちな魚なんだけど、メインタイトルもズバリ"サクラマスの釣り方。"と題して、新作スクープや防寒ウエアカタログ等を織り交ぜながら、目指す1尾に近づくためのノウハウやコツを紹介するよ」

画像1: もちろん、編集部の“推し”は表紙のみならず
画像2: もちろん、編集部の“推し”は表紙のみならず

小倉「そして第2特集。オフシーズンでも釣りが可能な冬期釣り場やC&R(キャッチ&リリース)エリアをテーマとして採り上げた。対象魚となるニジマスの攻略法だけでなく、長野県犀川や群馬県阪東・子持冬期釣り場など、実際に "いま" 竿を振ることができるフィールド情報をかき集めたぞ」

画像3: もちろん、編集部の“推し”は表紙のみならず

小倉「それから、個人的にイチオシなのは"飲ん兵衛"企画だな。巻頭グラビアでは“渓流と温泉と管理釣り場”をテーマにした1泊2日の釣行記を、好評連載"酔いどれ釣り紀行"では山梨県の渓流と2件のワイナリーを訪ねてきた。どちらの企画も何がいいって、旨いモンに旨い酒だよ、酒…(以下略)」

画像: ユニークなネーミングの大和葡萄酒株式会社

ユニークなネーミングの大和葡萄酒株式会社

画像: フランスを彷彿とさせるシャルマワインのワイナリー

フランスを彷彿とさせるシャルマワインのワイナリー

小倉「それから、充電期間の間に集めたアイテムを放出! 4ページに倍増した読者プレゼントにも注目してもらいたいな。とにもかくにも内容充実なのはオレのお墨付きだよ。あとは校了作業が終わるのを待つだけだな」

釣プ「それがいちばん心配なんだっつーの (;´д`)トホホ…」(了)

『ルアーマガジン・リバー』満を持して再始動! 12/21最新号発売!

スキップ ▼


渓流釣りファンのみなさん、お待たせいたしました! 『ルアーマガジン・リバー』はちょっとだけお休みをいただいていましたが、バッチリ再始動いたします! 最新号vol.43(2018年2月号)は12月21日発売予定。サクラマス、冬期釣り場、防寒、酒etc…。とにかく盛りだくさんな内容でお届けします!

第一特集:サクラマスの釣り方。

特集ページではサクラマスの釣りにフィーチャーしていきます。エキスパートたちのストイックな釣行記を始め、プラッギングやスプーニングのノウハウ。さらには、最新ギアや防寒ウエアのカタログも紹介していく予定です。難しい釣りというイメージが先行しがちな釣りですが、より分かりやすく、魅力的な内容でお送りすることをテーマにお届けします!

第二特集:冬期釣り場・C&Rガイド

オフシーズンとは言え、やっぱり渓流釣りがしたい! そんなアナタのために、まだまだ釣りが出来るフィールドとして、ニジマスを対象とした冬期釣り場やC&R(キャッチ&リリース)区間をメインにご紹介します。もちろんエキスパートの解説による釣り方のノウハウも一挙公開。自宅でメンテナンスに励むのもアリですが、やっぱり釣りができるんなら外に出なくちゃ!

『ルアーマガジン・リバー vol.43(2018年2月号)』のお求めは…

『ルアーマガジン・リバー vol.43』は12月21日(木)発売予定!(※一部地域除く) 価格は1,580円(税込)也。お求めは全国の釣具店や書店で! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、下記の販売サイトをご利用ください(1,000円以上お買上げで送料無料です)。


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.