2017年11月3日、北浦・霞ヶ浦水系にて1DAYトーナメント『2017 Kota's American Dream』(通称アメドリ)が開催された。優勝者にはバスの本場アメリカ大会行きの切符が与えられるというビッグチャンスに、ルアマガ編集部フクシゲも参加。琵琶湖ガイド・杉村和哉氏のペアを務めた熱い一日をレポートする。〈全4回その3:午後アタック〜ウェイイン編〉

アメドリ同船レポート〈その2〉スタート〜午前中アタック編 はこちら ↓

夜越川心中

11時30分。"琵琶湖ガイド"らしい魚を狙うべく、杉村和哉艇は夜越川に。14時30分の帰着時間と、30分以上かかる移動時間を考慮すると、おそらくここがラストスポットだろう。

画像1: 夜越川心中

左右に無限に広がるカバーに対して、杉村さんはドンパスのテキサスリグ、フクシゲはスピンドルワームのヘビダンでアプローチしていく。

広大なウィードエリアの釣りが注目されがちな琵琶湖でも、流入河川でシャローカバー撃ちをすることの多い杉村さん。

ドンパスのテキサスリグには相当のコンフィデンスがあるのだ。

画像: ノットを保護する浮き止めゴムが特徴的な杉村さんのテキサスリグ。

ノットを保護する浮き止めゴムが特徴的な杉村さんのテキサスリグ。

カバーの奥の奥に投入し、着底してから2~3回跳ねさせて回収。上流に向かいながらこれを繰り返す。

そして30分が経過した12時ちょうど。杉村さんが動いた。

杉村「!!」素早く合わせ、即座に抜き上げる。

画像2: 夜越川心中

キター!! 待望のファーストフィッシュ!! 500グラム以上はカタい、ナイスコンディションだ。

杉村「ファーストフォールで食ってました!! やっと釣れましたよ。3日間釣りをしていて、やっと1尾目です(笑)」。

直後、プロショップ”サイト51”の店長・山崎伸也さんと、その店員にしてジャッカルプロスタッフの馬場拓也さんチームと遭遇したが、どうやらそちらも釣れている模様。土壇場で選んだ夜越川。その選択は間違っていなかったようだ。

気合いを入れ直し、さらにカバーを撃ち続ける。

画像3: 夜越川心中

そして1時間が経過…。再び杉村さんのロッド・ブラックジャングルが弧を描いた!!

杉村「!? 来ました!! でかいッス!!」

緊張が走る。

杉村「フクシゲさん、ネット! ネットお願いします!!」

すっかり参加者であることを忘れていたフクシゲはあわててネットを手に取りランディング態勢に入る。

杉村「そうそうのまま・・・よっしゃ!!」

入ったあああああ!!

画像4: 夜越川心中

で、でかい!!!

杉村「やりましたわ! カスミに来た甲斐がありますよ!!」

推定50アップ!! これはとんでもないことになってきた。

アメリカが…、アメリカが遠くに見えるよ母さん…

杉村「フクシゲさん落ち着いて(笑)。リミットは3本ですからね。あと1尾、時間がありませんよ!!」

気を取り直したフクシゲ、ルアーをドンパスのテキサスリグに持ち替え、カバー撃ちを続行。程なくして待望の反応があったものの、無念のフックアウト。やってしまいました・・・。魚の顔も見えてたのに・・・。

画像: 「フクシゲェなにやっとんじゃゴルァ!!」←とっても優しいルアマガ先輩編集者より♡

「フクシゲェなにやっとんじゃゴルァ!!」←とっても優しいルアマガ先輩編集者より♡

杉村「ドンマイです! 魚はまだまだいるようですし、頑張りましょう!」

しかしその言葉もむなしく、無情にも限界時間がやってきた。

画像: 杉村「いやいややりきりました! あとは無事に帰着するだけです!」

杉村「いやいややりきりました! あとは無事に帰着するだけです!」

13時40分。帰着に向け、夜超川を後にした。

トレーラーウェイイン! そして結果はいかに?

14時14分。無事に帰着完了。ひとまず桐山さんに報告をと言う事で、ウェイイン会場に向かう。すると会場ではすでに沢山のチームが検量を行っていた。

画像1: トレーラーウェイイン! そして結果はいかに?

桐山さん「何? 杉村君、結構いいの釣ってるみたいじゃん。トレーラーウェイイン行ってみようか」

おお! これは期待できそうな反応!! いったん船に戻り、観衆に見守られるなかトレーラーウェイインで再入場!!

画像2: トレーラーウェイイン! そして結果はいかに?

そして巻き起こる大歓声!!
やったのか? やってくれたのか??

果たして勝負の結果は? フクシゲは(何もしてないけど)アメリカに渡れるのか? クライマックスは最終回〈その4〉へ続く。


[釣りPLUS]>> HOME




This article is a sponsored article by
''.