2017年11月3日、北浦・霞ヶ浦水系にて1DAYトーナメント『2017 Kota's American Dream』(通称アメドリ)が開催された。優勝者にはバスの本場アメリカ大会行きの切符が与えられるというビッグチャンスに、ルアマガ編集部フクシゲも参加。琵琶湖ガイド・杉村和哉氏のペアを務めた熱い一日をレポートする。〈全4回最終回:結果発表からの大団円編〉

アメドリ同船レポート〈その3〉午後アタック〜ウェイイン編はこちらをタップ ↓

杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

一日のアタックを終えてベースに帰着した杉村和哉・ルアマガ編集部フクシゲペア。トレーラーウェイインを行ったところまでは前回お伝えした通りだが、その時の写真がイイ感じだったので今回も再掲。

画像: ホントいい表情されてますねー。やっぱり釣り師は釣ってこそ!

ホントいい表情されてますねー。やっぱり釣り師は釣ってこそ!

そして検量の結果・・・、

画像1: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

2尾・2,580グラム!! 暫定首位!!

画像2: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

杉村「いや~まさかこの席に座れるなんて(笑)」

ホットシートに座り、思わず笑顔がこぼれる。願わくば、このままこの席に座り続けてほしい!! アメリカワッショイ!

画像3: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

しかし…、終わりの時はあっさりとやってきてしまう。後続のトレーラーウェイイン組の1チーム目、松村寛さん・仲田幸弘さんチーム・・・

いい魚が・・・3尾揃っている・・・!?

画像4: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

3尾・2,680グラム!!

オワター・・・orz

僅差で抜かれてしまったではないか・・・。

画像5: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

短い栄華でした・・・。

その後も着々とトレーラーウェイインが続き、チーム杉村はあれよあれよという間に順位が下降。

そしていよいよ最後のウェイイン。
入場してきたのはチームボトムアップの草深さん、川村さん。

画像6: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

明らかにデカイ魚が次々に披露されていく。

画像7: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

気になるウェイトは・・・

画像8: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

3尾・3,640グラム!!

画像9: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

草深幸範さん・川村光大郎さんチーム優勝!!

圧巻の釣果!!

しかし2位も負けていなかった!!

画像10: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

山﨑伸也さん・馬場拓也さんチーム、3尾・3,330グラム!!

我々と同じく夜超川をメインに釣っていた"サイト51"チームが準優勝!! 同じエリアで釣りをしていただけに、杉村さん的にはさぞ悔しかろう・・・。そんなチーム杉村は、気がつくと8位に・・・

だがしかーし!!

画像11: 杉村・フクシゲ組がアメリカに手をかけた!?

ビッグフィッシュ賞獲得!!

やはりあの魚はでかかった!! この日の最大魚1,800グラムで"チーム杉村"はビッグフィッシュ賞に輝いたのだ!!

そんなこんなで全チームのウェイインが終了。結果はともあれ、出場した皆様おつかれさまでしたm(_ _)m

アメドリのもうひとつの目玉・ジャンケン大会!

さて、アメリカ行きを賭けた苛烈な戦いとは別に、アメドリにはもうひとつの目玉がある。

メーカー各社の協賛によるジャンケン大会だ。

アメリカで活躍するアングラーのトーナメントシャツや偏光グラスなど、様々なアイテムが揃う中、最大の人気アイテムはパワーポール!!

画像1: アメドリのもうひとつの目玉・ジャンケン大会!
画像: 目の色を変え、真剣にジャンケンに挑む参加者達。

目の色を変え、真剣にジャンケンに挑む参加者達。

また参加賞も用意されており、その争奪戦は圧巻!?

画像2: アメドリのもうひとつの目玉・ジャンケン大会!

ルアーからアパレル、アクセサリー系まで様々なアイテムが提供された。

画像3: アメドリのもうひとつの目玉・ジャンケン大会!

ビッグフィッシュ賞・杉村氏、今回の戦いを振り返る

画像1: ビッグフィッシュ賞・杉村氏、今回の戦いを振り返る

――お疲れ様です! ビッグフィッシュ賞おめでとうございます!

杉村「ありがとうございます! 最高に楽しい一日が過ごせました! ホットシートにも座れましたしね」

――その件に関しましては本当に面目ないです・・・。タラレバは禁句ではありますが、自分があの1尾をちゃんと釣っていれば、3位入賞(2,680グラム以上)もできたのに・・・。

杉村「いいんですよそんなこと(笑)。それよりも、琵琶湖から600キロ近く走った甲斐がある、いい魚でしたね(笑)」

――あの魚には本当に大興奮でした。ホントにアメリカに行けるかもって思いましたもん(笑)。
結局自分は何もしてませんが、立派な楯(ビッグフィッシュ賞)までいただいてしまいましたし。

杉村「いやいやランディングしてくれましたからね(笑)」

――自分にとってはビッグフィッシュキャッチ賞ですね・・・。

杉村「(笑)でも気兼ねなく釣りができて、ホンマに助かりました。集中してやりきれましたよ」

――結構ゲスな話で盛り上がりましたけどね(遠い目)。でも、杉村さんのキャラクターが親しみやすいから、変に壁ができずにいられるんだとは思います。きっとそれが杉村さんのガイドが人気のある理由ですね。ちなみに、この後の予定はいかがですか? もしよかったら夕食でもと思ったのですが・・・。

杉村「申し訳ないです。明日はまた朝からガイドなんですよ」

――てことは、これから滋賀まで帰るんですか!?

杉村「そうなんです。頑張って帰ります(笑)」

――そうなんですね・・・。今日はありがとうございました!! くれぐれもお気を付けて!!

杉村「こちらこそありがとうございました! また一緒に釣りしましょう!!」

画像2: ビッグフィッシュ賞・杉村氏、今回の戦いを振り返る

使用タックル:左からドンパス(カバー撃ち用)●ロッド:デストロイヤーブラックジャングルF4.1/2-69XBJ(メガバス)●リール:スティーズ(DAIWA)●ライン:フロロ16ポンド。V9・マツラバ(スピナーベイト・スイムジグ用)●ロッド:デストロイヤー F4-66X(メガバス)●リール:ラウダ72L(メガバス)●ライン:フロロ14ポンド。シャッディングX(シャッド用)●ロッド:オロチカイザ F2.1/2-67K(メガバス)●リール:アルデバランBFS(シマノ)●ライン:フロロ8ポンド

というわけで、杉村さんに琵琶湖でガイドしてもらいたい! バスキャットのボートに乗ってみたい! 最新のメガバスタックルに触れたい!! そんなあなたは"杉村ガイド"へGO!!

アメドリに出場して、ビッグな夢を掴もう!!

桐山孝太郎さんが主催する「Kota's American Dream」は、誰でも参加が可能な1DAYトーナメント!! バスボートを持っていなくとも、レンタルのバスボートやアルミボートでの参加もOK! 来年もきっと開催されると思うので、ぜひ参加してみてほしい。

次にアメリカ行きのキップを掴むのは、コレを読んでいるアナタかもしれない!!


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.