トップトーナメンターから琵琶湖の人気ガイドまで、名だたるアングラーがこぞって使っているアブガルシアのリール「レボ」シリーズ。なんと2018年には、そのシリーズにエントリーモデルが加わるのだという。果たしてその実態は…!? 最速スクープをお届けする!!

漆黒ボディの「レボX」

青木大介さんや今江克隆さんといった最強クラスのトーナメンターから、木村建太さんのような大人気琵琶湖ガイドまで、プロフェッショナルアングラーがこぞって使っているアブガルシアのリール「レボ」。

ともすれば、敷居の高さすら感じてしまうこのシリーズに、2018年、待望のエントリーモデルが追加!!

その名も

「レボX」

画像1: 漆黒ボディの「レボX」
画像2: 漆黒ボディの「レボX」
画像3: 漆黒ボディの「レボX」
画像4: 漆黒ボディの「レボX」
画像5: 漆黒ボディの「レボX」
画像6: 漆黒ボディの「レボX」

マッドブラックで統一された高級感漂うクールなデザインは、どんなロッドと組み合わせても違和感なく馴染むはずだ。

「レボX」その機能に迫る!!

外観に続いて、「レボX」の特徴を追っていこう。

◆ブレーキ・・・マグトラックスⅢ

ベイトリールでもっとも注目されるのがブレーキシステム。
レボXには、マグネット式ブレーキの”マグトラックスⅢ”を搭載。
サイドプレートのダイヤルを回すことで、外から簡単に調整。また、サイドプレート内側にある磁石の数を調整することで、より細やかなセッティングが可能。
あらゆるルアーを快適に投げることができるブレーキシステムなのだ。

ベイトフィネス用リールのフラッグシップ「レボ LTX-BF9」にも採用されているのがこのマグトラックスⅢ。高次元のブレーキ調整が可能となっている(写真はLTX-BF9のマグトラックスⅢ)

◆ギア比・・・3種類をラインナップ

レボXでは、エントリーモデルでありながら3種類のギア比ををラインナップ。

 ・7.3:ハイギア
 ・6.6:ノーマルギア
 ・5.4:ローギア

オールラウンダーなノーマルギア、手返し良く釣って行くのにピッタリなハイギア、巻き物好きにはたまらないローギア。スタイルや使いたいルアーに応じて細かく使い分ける事も可能だ。

加えてそれぞれに右巻き・左巻きモデルがあるので、計6モデルがリリース予定。

メインギアには大口径のブラスギアを採用しており、高耐久。精度も高く、しっかりとギア同士がみ合う事で巻き上げパワーのロスも少ない。

◆ハンドル・・・90ミリクランクハンドル

ハンドルは、90ミリのロングハンドルを採用しており、パワフルなリーリングを可能にしている。また、クランクハンドルなので、巻き心地もごく自然。

ハンドル素材は頑丈なアルミ。ハンドルノブの部分には、グリップ力抜群のゴム製ノブを採用。

◆スプール・・・33ミリ径スプール

軽さと頑丈さ、糸巻き量を考慮して、直径33ミリのスプールを採用。

16ポンドラインが100メートル以上巻ける大容量設計。ビッグフィールドをホームにする人や、岸釣りアングラーにも嬉しい。

◆ボディ・・・高耐久X-Crafticアルミフレーム

ボディのメインフレームには、頑丈なアルミ製フレーム・高耐久X-Crafticアルミフレームを採用。ヘビーな使用や大モノとのファイトでも心強い!

画像: ソルトアングラーからも評価の高いレボALCと同様のフレームなので、その安心感もひとしお

ソルトアングラーからも評価の高いレボALCと同様のフレームなので、その安心感もひとしお

「レボX」がエントリーモデルたる理由

最上級のブレーキシステムに高耐久設計。使用目的に合わせやすい細やかなラインナップ。エントリーモデルと謳うにはオーバースペックすぎるのではないかとすら思ってしまう「レボX」

しかし驚くべきはその価格。なんと全6モデル共通で、

15,000円!(予定価格/税別)

を予定しているのだとか。ということは、店頭販売価格で考えると…ゴクリ。2018年はレボのベイトリールが、驚愕の値段で手に入る!?

今のうちに気になる番手をチェックするべし↓

画像: 「レボX」がエントリーモデルたる理由

2018年。ピュア・フィッシング・ジャパンの目玉はまだまだあるぞ!!

画像: 2018年。ピュア・フィッシング・ジャパンの目玉はまだまだあるぞ!!

ピュア・フィッシング・ジャパンの2018年新製品はまだまだ存在!!

中でも注目は、軽さのハイエンドと剛性のハイエンド。今回紹介したレボXとはいわば間逆に位置するこれらのリールとは一体…?

詳細は『ルアーマガジン2018年2月号』で確認を!

スキップ ▼


『ルアーマガジン2018年2月号』をざっくり紹介すると…

大好評動画配信ふろく第四弾!『金森隆志:流れを味方につけるバックウォーター攻略術』(本編約33分)

画像: 本誌とじ込みQRコードをスマホで読み取り、即座にアクセス!! youtu.be

本誌とじ込みQRコードをスマホで読み取り、即座にアクセス!! 

youtu.be

特集:タフを打破する新定番!

画像: 01 伊藤 巧 :誰でもできるライトリグ!? 攻守自在のテクニカルヘビーキャロライナリグ 02 金森 隆志:百聞は"一投"にしかず! PEラインが広げる冬の可能性 03 赤羽 修弥:デカい個体を狙って獲る! 冬ジャークのススメ 04 浦川 正則:真冬だからこそ"しっかり"釣れる! スラックスイムベイティング 05 北 大祐 :MAX級を狙うならバスの目線から上を意識せよ。グラスロッド×中層シャッディング!!

01 伊藤 巧 :誰でもできるライトリグ!? 攻守自在のテクニカルヘビーキャロライナリグ
02 金森 隆志:百聞は"一投"にしかず! PEラインが広げる冬の可能性
03 赤羽 修弥:デカい個体を狙って獲る! 冬ジャークのススメ
04 浦川 正則:真冬だからこそ"しっかり"釣れる! スラックスイムベイティング
05 北 大祐 :MAX級を狙うならバスの目線から上を意識せよ。グラスロッド×中層シャッディング!!

2018ニュータックルSCOOP スペシャル!!【シマノ/がまかつ/ピュア・フィッシング・ジャパン/DAIWA/レイドジャパン】

画像: (左)ピュア・フィッシング・ジャパン(右)DAIWA

(左)ピュア・フィッシング・ジャパン(右)DAIWA

達人のタックルBOX Special:青木大介【職業:No.1バスプロ】

画像: 2017年、またしても日本一の実力を証明した青木大介。彼が投げるルアーは、常に正解に近い。そんな正解を集めた、青木大介のタックルボックスは、バス釣りという問題集の解答集。少しカンニングさせてもらおうか。

2017年、またしても日本一の実力を証明した青木大介。彼が投げるルアーは、常に正解に近い。そんな正解を集めた、青木大介のタックルボックスは、バス釣りという問題集の解答集。少しカンニングさせてもらおうか。

他にも読みごたえたっぷりの入魂企画をお届け!

★タックル・オブ・ザ・イヤー2017
★ドラマチックハンター第112回:目指せマス王! トラウトレジェンド・菊地栄一に弟子入り
★菊元俊文×今江克隆×清水盛三×川村光大郎×伊藤巧:オールスタートークショー【ルアーマガジンミュージアム開催記念】
…and more!

『ルアーマガジン2018年2月号』のお求めは、全国の釣具店・書店・WEBショップで!

◎価格:778円(税別) ◎発売:2017年12月26日 お求めは全国の釣り具店や書店、WEBショップで! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、下記の弊社販売サイトNAIGAI-SHOPをご利用ください(1,000円以上お買上げで送料無料)。


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.