現在販売中の有料課金コンテンツ『艇王2017チャンピオンカーニバル・プレイバック』より、掲載コンテンツを不定期にて順次1ページずつ無料公開(期間限定)。今回はDAY1(12/6)スタートから午前9時までの攻防をお届けする。

2017年12月6日 06:00〜

■06:39[伊藤]準備完了

艇王チャンピオンカーニバル間も無く開始いたします! 伊藤選手は準備完了し、精神統一しております。他の選手も気合い入っております。果たしてどんな結果がまっているのか!? まもなくスタートしますので、もうしばらくお待ちください!

画像: ■06:39[伊藤]準備完了

■06:55 まもなくスタートです!

選手3名、ただ今準備中! 2017年、艇王チャンピオンカーニバル、間もなくスタートです!

画像: ■06:55 まもなくスタートです!

2017年12月6日 07:00〜

■07:01 決戦の朝!

ただ今最終チェック中! みなさん、気合い充分です!

画像: ■07:01 決戦の朝!

■07:02 まもなくスタートです!

選手の準備が整いました! お待ちのみなさま、もうしばしお待ち下さい!

画像: ■07:02 まもなくスタートです!

■07:03 ルール説明

ルール説明中です! もう間もなくスタートです!

画像: ■07:03 ルール説明

■07:22[赤羽]スタート!

赤羽選手、3番目にスタート。まずはエレキで近場から、勝瀬橋周辺をチェック。ダウンショットリグを手に取りました。「9〜10時からがタイミングかな。奥田くん、上流行ったね・・・」

画像: ■07:22[赤羽]スタート!

■07:31[伊藤]朝イチは…

青田ワンド入り口へ。ワカサギの絡む岬周りにフェニックスサターンの3インチダウンショット。「メインの釣りではないんですが、朝イチはとりあえずワカサギがらみの魚を狙ってみます。ボートポジションで11メートル、食わせたいのは8メートルレンジかな」湾奥から吹き付ける風が冷たいです・・・

画像: ■07:31[伊藤]朝イチは…

■07:35[赤羽]9メートルレンジから

勝瀬橋の下周辺をHPシャッドテールのダウンショットでサーチ。「水深は9メートルくらい。ボトムにごちゃごちゃっとオダなどが入ってるから、そこをスローに狙ってます。にしても、寒いね! ここ一番の寒さじゃないかな」

画像: ■07:35[赤羽]9メートルレンジから

■07:56[赤羽]小移動

少し移動して、小寒沢に。メタルバイブで探っていくも、すぐに移動を決意。「だいぶ陽が昇ってきたけど、またまだだね。水温は10度くらい。もっと陽が昇って暖かくならなきゃ。絶対タイミングだよ」

画像: ■07:56[赤羽]小移動

2017年12月6日 08:00〜

■08:02[奥田]川で勝負!

2番手スタートののち桂川を上流にのぼっている奥田さん。日相園下流を軽く探ったのち、いまは弁天橋のふもとをアラバマ系リグ、ファイブアーマーで巻いています。やはり、ストロング!?

画像: ■08:02[奥田]川で勝負!

■08:04[伊藤]ディープのシューティング

青田ワンド内へと船を進め、魚探に映ったバスらしき魚影にバーチカルアプローチ。メタルワサビー、フェニックスサターンでリアクションと食わせのアプローチをしております。

画像: ■08:04[伊藤]ディープのシューティング

■08:11[奥田]バイト!

弁天橋よりエレキでさらに上流へ流していきます。ファイブアーマーで狙っているのは、シャロー!!浅場に居残っているデカバス狙い!そして、左岸側の岩盤にていきなり魚信!!「食ってきたね(苦笑)」サイズをたずねると、「この時期の浅場で食ってくるやつだもんで、30センチとかじゃないよ(笑)」と悔しそうに。

画像: ■08:11[奥田]バイト!

■08:14[赤羽]手堅いのはディープだけど

「手堅いのはディープだけど、サイズが出ない。デカイのは浅めのカバーにいるから、それを狙っていくよ。釣りたいのは45アップだから」本湖の桜沢のバンクにあるレイダウンをフットボールとネコリグで探っていきます。陽が昇って、日向はだいぶ暖かくなってきました。

画像: ■08:14[赤羽]手堅いのはディープだけど

■08:18[伊藤]場所と釣りを変えて

青田ワンド対岸の一号区へ移動。カメラバ4グラムにディトレーターをセットしたパワーフィネスでウッドカバーにアプローチ。「この釣りはデカいのが食うんですよ。今回パワーフィネスタックルを二本用意しました」汎用性の低いパワーフィネスを二本!?一体なぜ!? 詳しくは後ほど!

画像: ■08:18[伊藤]場所と釣りを変えて

■08:26[奥田]目標ウェイトは!?

奥田さんに本日の目標ウェイトをうかがったところ、「1本やね」と意外な答え!? いやそれだけ厳しいということか!?「数は出ん。けど出たらデカイはず。目標は1本で1800グラム以上やね」見据えてるのは50アップクラスだ!

画像: ■08:26[奥田]目標ウェイトは!?

■08:32[赤羽]重要なのはタイミング

「朝のうちは、ここが一番陽が当たるんだよね。川筋はまた日陰になってて寒いの。たがら、暖められているレイダウンをまわっていって、タイミングを見計らっていくと。まだ8時半、もっと暖められないとダメかな」重要なのはタイミング、それを捉えることができるか?!

画像: ■08:32[赤羽]重要なのはタイミング

■08:42[伊藤]デカい!

スズメバチの巣(笑)「あるって聞いてたんですけど、ないな〜と思ったらあった(笑)。昨日この真下で気づかずに釣りしてましたよ…こわ〜」ちなみに場所は桂川入り口、ホテル下です。皆さんは十分注意してくださいね。

画像: ■08:42[伊藤]デカい!

■08:50[奥田]水色が気になる!?

ファイブアーマーでバンク沿いを、1メートル以内!の水深を巻き続けていますが、先ほどから気にしているのが、水の色。「昨日と違って"白い"。この白さ(濁り)はシルエットと波動で食わせるアラバマ系リグにはあかんね」さらに上流の島田湖から流れてきたのか!? この水を避けるべくエレキで上流へ移動することに。

画像: ■08:50[奥田]水色が気になる!?

■08:53[伊藤]タックルについて

先ほどもパワーフィネスタックルを2本用意したとお伝えしましたが、なんと5本中3本がPEのスピニングタックル!「明日は変えるかも知れないですけど、もうやること決めちゃおうと思って。というのも、色々やり出したら普通にデコれるくらい厳しいんですよ。だから、カバー撃ちとディープ用のタックルのみで巻きはなし、以上! って感じです」PEラインをセットした3本のスピニングタックルは、うち2本パワーフィネス、1本はディープメタル用です。 それだけ狙いが絞れているとも捉えられるが、果たして・・・?

画像: ■08:53[伊藤]タックルについて

〈艇王2017チャンピオンカーニバル・プレイバック〉販売のご案内


2017年12月6日〜7日に開催された『艇王2017チャンピオンカーニバル』。伊藤巧・奥田学・赤羽修弥3選手が繰り広げた熱い闘いについて、有料サイト『ルアマガモバイル』のリアルタイム配信サービスとしてアップされたテキストと写真を使って、読みやすい形にまとめ直しました。

画像: 〈艇王2017チャンピオンカーニバル・プレイバック〉販売のご案内

・DAY1/DAY2の2日間、3名に同船密着した現場スタッフが見聞きした記録
・試合終了後の3名の座談会トーク
・3名がそれぞれ使用したタックルのデータ
…等、闘いのすべてを余すところなくお届けします。

なお、このコンテンツはnoteというサービス上で、全部まとめて324円(税込)にて販売されます(バラ売りはありません)。クレジットカードもしくは携帯3キャリア決済を利用可能です(決済方法等の問い合わせはnoteまでお願いします)。

文字数約4万字(!)、写真300点弱(!!)、合計14ページ(!!!)からなる、2日間の魂の闘いの記録を収めた一大叙事詩、フィッシングオペラ(←なんだそりゃ!?)

緊迫の2日間を脳内で追体験するもよし、セルDVD等が世に出るまでのツナギとするもよし、3人の釣り方を参考に冬の相模湖を攻略するもよし。使い方は、アナタ次第!

読むか読まないかは、アナタ次第!(←もとい。できればぜひ読んでくださいm(_ _)m)

〈艇王2017チャンピオンカーニバル・プレイバック on "note" はこちらをタップ ↓ 〉

画像: 艇王2017チャンピオンカーニバル・プレイバック

https://note.mu/tsuriplus/m/ma34cfad86604

note.mu

[釣りPLUS]関連記事


[釣りPLUS]>> HOME




This article is a sponsored article by
''.