166Mの圧倒的バーサタイル性能に注目!

実釣取材は2日目を迎えた。4本のポイズングロリアスのうち、早野さんが初日に釣果を得たのは3本。あと1本にミッションが残されている。そのロッドとは、166M ウルフギャング。

1ピース、6フィート6インチ、ミディアムアクション。そして、「狼の群れ」とも意味が汲める猛々しいペットネームは、バスを仕留めるあらゆる手立てを可能にするバーサタイルな性能をイメージさせる。

「今回選んだ4本のうち、最も幅広いルアーを使えるのがこの1本ですね」。

まずはその言葉通り、当釣行で早野さんが使用したルアーの数々を列記してみたい。

・5〜7グラムダウンショット(リーダーレス含む)
・5〜7グラムテキサスリグ(撃ち&スイミング)
・フットボールジグ7〜14グラム
・高比重バックスライドワームのノーシンカーリグ
・ブレーデッドジグ3/8オンス
・シャッドテールワームのスイミング

このように実に幅広いルアー&リグで使用できるのが166Mだ。

「それと、僕がよく使うのはフロッグです」

なんと、ヘビーカバーにも対応するのだという!

「僕が使うフロッグはややコンパクトで、小刻みなトゥイッチで使います。ヘビーカバーというよりはオープンも混ぜての釣りですね。もちろんラインはPEです」

上に列記したルアー&リグには、アルデバラン50HGにフロロカーボン12ポンドを組み合わせるが、フロッグにはメタニウムMGL HGとPE56ポンドのタッグ。

「これ1本あれば、リールを付け替えるだけで、またさらに釣り方の幅が広まりますね」

霞ヶ浦水系では欠かせない1本と言えそうだ。

画像: 166Mの圧倒的バーサタイル性能に注目!

早野さんが手にしているのは1610M マイティストローク。連載初回に実釣と共に解説していただいた1本だ。今回の166M ウルフギャングと全長で4インチの差。そこにはどんな差があるのか?

この記事の続きは『ジャッカルシマノウェブマガジン』でお楽しみください〈下をタップ ↓〉

画像: fishing.shimano.co.jp
fishing.shimano.co.jp

[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.