ハンドメイドルアーの世界において最近人気を集めている「シリースタイル」カテゴリー。その中でも気鋭のブランド「Garakutaya」が世に送り出すルアーの数々は、見た目のインパクトのハンパなさと"実はよく釣れる"性能の高さとが相まって、販売するや即完売が続く状態とのこと。そこで今回は、Garakutaya×ルアマガ×釣りPLUSトリプルネームのコラボルアーを少量限定で作成。【釣りPLUSプレミアム・コレクション】として皆さんにご紹介する!(案内役:販売部ガラポン大将イマムラ)

[釣りPLUSプレミアムタックルコレクション]とは?
釣りに関する道具・アイテムといえば、他のレジャー・趣味にもまして毎年数多くの商品が販売されるもの。それこそが釣りファンの楽しみの源でもあり、ときには悩みのタネであったりもする(あと散財の苦しみもw)。そこで我々[釣りPLUS]も、全国各地の選りすぐりの逸品や一般的な流通販売網に乗りにくいレア商品、ルアマガファミリーのコラボ/オリジナルアイテム等を厳選し、[釣りPLUSプレミアムタックルコレクション]と銘打って皆様にお届けすることに。インターネットによって誰でも世界中からあらゆる品を手に入れられるようになった今、あらためて我々の"目利き"能力にご注目いただきたい。


スポンサーリンク

「釣れなければ意味がない!」Garakutayaプロデューサー須藤氏のこだわり

今回皆さんにご紹介する「Garakutaya」は、千葉県印西市にある人気急上昇中の「シリースタイル」系ハンドメイドルアーブランド。むちゃくちゃ個性的でかつよく売れているとのことで、私イマムラが以前[釣りPLUS]で紹介したことが。

「シリースタイル」と言えば、カラフルなカラ―だったり細かい彫りが特徴の芸術品のようなルアーであり、動きは二の次、見た目のインパクト勝負的な要素が大きいカテゴリーと解釈されることが多いが、プロデューサーの須藤克弘氏曰く、「どんなカッコイイルアーでも釣れなきゃ意味がない!」
現に、今までビルダーのG氏が沢山のサンプルを作ってきたが、動きが悪いために”ボツ”にした作品は山ほどあるとのこと。

Garakutayaプロデューサー須藤克弘氏。今後はシリースタイルという枠にとらわれることなく、Garakutayaスタイル、独自のオリジナリティ溢れるルアーを出していきたいと語る。

須藤氏は千葉県船橋市出身。昔はトップ系ではなく、印旛沼でトーナメントに出ていたとのこと。また知る人ぞ知る印旛沼のローカル団体「ヘビーカバーズ」にも所属していた。

いったん釣りから離れるも、その後にシーバス、マダイ、ライギョ、トラウト、船釣りまで色々な釣りを経験。特にシーバスに関しては仕事帰りの数時間でもと毎日フィールドに出ていたそうで、「性格上、突き詰めるまでやり通したくなる」と話す。

今まで色々な釣りをしてきたからこそ、様々な方向から視点を立ててモノを見ることができる。トップウォータールアーはトップウォーター釣りだけしていればヨシ。。。ではなく、多様な釣りを経験しているからこそ作れるルアーは必ずあるはずだ、と。

誰でも動かせるのはもちろん、さらにテクニック次第で変幻自在に操れるようなルアーづくりを目指し、須藤氏とビルダーのG氏がテストにテストを重ねてプロデュースしているルアー、それが「Garakutaya」なのだ。

画像: 昨年開催された弊社主催「ルアーマガジンミュージアム」でも、Garakutayaプロダクトの数々を展示しました。

昨年開催された弊社主催「ルアーマガジンミュージアム」でも、Garakutayaプロダクトの数々を展示しました。


スポンサーリンク

…というわけでGarakutaya×ルアマガ×釣りプラスのコラボオリカラルアーを特別限定販売!

今回は、ただでさえなかなか手に入れにくいというGarakutayaプロダクトに対し、昨年2017年に創刊20周年を迎えた『ルアーマガジン』と、同じくオープン1周年を迎えた[釣りPLUS]と、トリプルコラボのルアーを世に送り出しませんかという提案。須藤プロデューサーに快諾いただき出来上がった4アイテムは、いずれも他では手に入らないレアなオリカラを施し、さらにルアマガと釣りPLUSのロゴもばっちり!

その1。『HITSUGI』!

早引きしてもよし、軽いアクションで小気味良いテーブルターンもこなす万能ルアー。ブレードがビッグバスを魅了する。棺桶の蓋をズラスことでワンアクション目もバッチリ決まり!カラーはルアーマガジン20周年、釣りプラス1周年、というコトでおめでたい紅白カラーを施した。今回限りのカラーパターンだ!

もちろん実績アリ!の一枚


その2。『BATAPIN』!

ただ巻きではハネ物定番のクロール泳ぎプラス、リアのペラとの相乗効果で激しいガチャガチャ系。ゆっくりハネを震わせるように誘えば虫パターンや冬の動きの鈍いバスにも効果大。最近流行りのビッグクローラーベイトに引けを取らないアピール力! もちろんこちらもトリプルネーム入りの今回限定カラーだ。

もちろんコチラも実績アリ!

その3。『SHINIGAMI』!

SHINIGAMI STG(死神天国地獄)¥9,720(税込)

ただ巻きで釣れちゃうダブルスウィッシャー。スリーフック仕様。もちろんロッドアクションで首振りもこなす。※ペラは曲がっていませんので自分好みにどうぞ。

筆塗りでは手間がかかる(らしい)ホワイト×ブラックのツートンカラー。ビルダーのG氏曰く「もう塗りたくない」とのことw。今回だけ特別! もちろんトリプルネーム入り。

プロデューサーの須藤氏が中部野池でキャッチした極太の53センチ。

その4。『HONEDAMARI』!

カラーリングからは想像できない、スタンダードなペンシルポッパー。軽快な首振りとスプラッシュが得意の優等生ルアー。湧き出るスカルがリアル! 背中には模様に溶け込む「釣りプラス」ロゴと「ルアーマガジン」ロゴ!

画像: プロデューサーの須藤氏が霞水系のオカッパリでキャッチした55センチ。霞水系のオカッパリとしてはMAXクラスではないでしょうか。ビッグバスを呼ぶ力を持っています。

プロデューサーの須藤氏が霞水系のオカッパリでキャッチした55センチ。霞水系のオカッパリとしてはMAXクラスではないでしょうか。ビッグバスを呼ぶ力を持っています。


なお、今回紹介したルアーはハンドメイドのため、ごく少数の販売に限らせていただきます。あらかじめご了承ください。詳細情報は以下の販売ページにてご確認をm(_ _)m

※販売開始日時:2018年1月30日(火)12時〜
完売につき販売終了しました。

Garakutaya限定ハンドメイドルアーのお求めは「NAIGAI SHOP」にて!


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.