来たる1月19日(金)の「ジャパンフィッシングショー2018(横浜)」を皮切りに、この時期恒例の釣り業界展示会イベントが全国各地で開催される。2018年新作タックルアイテムのお披露目の場でもあり、その発表・展示内容を心待ちにしている方も多いのではないだろうか。
そこで[釣りPLUS]では、今年のイベントの目玉となるであろう新作タックルをセレクトし、現時点で知りうる最新情報を皆様に順次お届けする。気になるアイテムの詳細については、ぜひ展示会場にて実機を見て触ってチェックしてほしい。
連載第3回は、アブガルシアの名作リール「レボMGX」をベースにフラッグシップ化した「レボMGXtreme」を紹介する!

スポンサーリンク

たどり着いた170グラム! 軽量化の果てに待つものとは?

名作・レボMGXをベースにフラッグシップ化! 全ては究極のフィネスフィッシングのために!!

超精密なギアボックスやマシンカットギヤ、高性能ドラグの搭載により、多くのユーザーから信頼を勝ち取った“レボMGX"のリリースから、はや2年。その優れた性能を“ベース"にした、超軽量のフラッグシップモデル「レボ MGXtreme(MGエクストリーム)」が新登場!

画像1: 名作・レボMGXをベースにフラッグシップ化! 全ては究極のフィネスフィッシングのために!!

驚くべきことにその自重は、2500番クラスで170グラム!! 繊細さが要求されるフィネスフィッシングにおいて、この軽さがアドバンテージになることは言うまでもないだろう。サンデーアングラーからトーナメンターまで、フィネスフィッシングを極めるためには必要不可欠なリールになるはずだ。

軽いリールがもたらすこと
・ロングキャスト:キャスト時の振り抜けが良くなり、遠投力がアップ。
・疲れにくい:腕に対する負荷が小さくなるので、疲労感を軽減。
・感度上昇:グリップに余計な力を使わないため、繊細なアタリも感知。
・アクションの向上:回転レスポンスにも優れるため、ミドストなどのアクションもより正確に行える。


スポンサーリンク

来季のトーナメントでは、青木大介さんをはじめ、今江克隆さん、河辺裕和さん、小森嗣彦さんらがこぞってこのリールを投入する予定。2018年は、トーナメントの使用タックルにも注目すべし!!

画像: 極細ラインもきっちりと! :新設計のマシンカットオシレーションスライダーを採用。フィネスフィッシングに必須の極細ラインをより綿密にスプールに巻き込めることが可能となっている。また、素材も見直すことで、軽量化にも貢献しているのだ。

極細ラインもきっちりと!:新設計のマシンカットオシレーションスライダーを採用。フィネスフィッシングに必須の極細ラインをより綿密にスプールに巻き込めることが可能となっている。また、素材も見直すことで、軽量化にも貢献しているのだ。

画像: 軽量化のMVP!? CMgローター :カーボン(Carbon)とマグシウム(Magnesium)で構成された新設計のローター。超大胆なブランキングも施されており、従来の軽量ローターと比較しても13グラムとなり、30%の軽量化に成功している。またローター自体が軽くなることで、慣性モーメントも抑制!!

軽量化のMVP!? CMgローター:カーボン(Carbon)とマグシウム(Magnesium)で構成された新設計のローター。超大胆なブランキングも施されており、従来の軽量ローターと比較しても13グラムとなり、30%の軽量化に成功している。またローター自体が軽くなることで、慣性モーメントも抑制!!

レボ MGXtreme[アブガルシア|ピュア・フィッシング・ジャパン]
●重さ:170グラム
●ギヤ比:6.2
●最大ライン巻取:87(センチ/1回転)
●最大ドラグ力:3.2キロ
●ベアリング:ボール11φローラー1
●糸巻き量:100メートル(フロロ6ポンド)
●予定価格:43,500円(税抜き)
●発売時期:2018年3月

画像2: 名作・レボMGXをベースにフラッグシップ化! 全ては究極のフィネスフィッシングのために!!

2018新作タックルプレビューまとめ記事はこちら↓

関連リンク

アブガルシア(ピュア・フィッシング・ジャパン)

展示会イベントの詳細についてはこちらをチェック!

[横浜]ジャパンフィッシングショー2018:1/19(金)〜21(日)

[大阪]フィッシングショーOSAKA:2/3(土)〜4(日)

[名古屋]ザ・キープキャスト 2018:3/10(土)〜11(日)

[福岡]西日本釣り博2018:3/17(土)〜18(日)


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.