1月19日(金)の「ジャパンフィッシングショー2018(横浜)」を皮切りに、この時期恒例の釣り業界展示会イベントが全国各地で開催される。2018年新作タックルアイテムのお披露目の場でもあり、その発表・展示内容を心待ちにしている方も多いのではないだろうか。
そこで[釣りPLUS]では、今年のイベントの目玉となるであろう新作タックルをセレクトし、現時点で知りうる最新情報を皆様に順次お届けする。気になるアイテムの詳細については、ぜひ展示会場にて実機を見て触ってチェックしてほしい。
今回は、DAIWAが新たに打ち出した『LT』コンセプトを解説するとともに、新型スピニングリール「イグジスト」「カルディア」「フリームス」の3機種を紹介する!

スポンサーリンク

新規格「LT=LIGHT TOUGH」でDAIWAのスピニングリールに革命が起きる!?

2018年、DAIWAがスピニングリール構造の大革命に乗り出すことが明らかになった。『LT』(=Light Tough)と銘打たれた新規格化として、イグジスト、カルディア、フリームスを皮切りにフルモデルチェンジするのだが、ボディ・スプール・ギヤーetc.全てが進化したLTコンセプトとは一体何なのか。

以下の写真を見てほしい。

このことからも、「LT=Light Tough」という直訳すれば『軽さと強さ』の意味を持つ2文字のイニシャルがスピニングリールの新たな基準を生み出していくことがわかる。フルモデルチェンジを果たすイグジスト、カルディア、そしてフリームスが同コセプト採用モデルの先陣を切ることとなったのだ。
 

LTコンセプト搭載の新型イグジスト/カルディア/フリームス3機種がこちら‼

イグジスト

画像: イグジスト
画像: フィネスカスタムラインナップ 2500S-Cの「C」が意味するのはコンパクトボディ。2500番ローターを持ちながらもボディは下番手の2000番クラスを搭載してドライブギヤを小型化している。2500S-C以下の5機種に軽快さ重視のフィネスゲームにより対応するFC(フィネスカスタム)スペックを採用した。

フィネスカスタムラインナップ
2500S-Cの「C」が意味するのはコンパクトボディ。2500番ローターを持ちながらもボディは下番手の2000番クラスを搭載してドライブギヤを小型化している。2500S-C以下の5機種に軽快さ重視のフィネスゲームにより対応するFC(フィネスカスタム)スペックを採用した。

LC-ABS搭載アルミ製軽量肉薄スプール
スプールリングとエッジを進化させたLongCast-ABSスプールは、ライントラブルを防ぐとともにキャスト時のラインの抜け感を向上させ従来比5%アップの飛距離を約束する新形状となっている

イグジスト FC LT1000S-P~LT4000-CXH
●巻き取り長:61cm~99cm
●ギヤ比:4.9~6.2
●自重:150g~205g
●最大ドラグ力:5kg,10kg
●糸巻き量(ナイロン/PE):2.5Lb×100m/0.3号×200m~12Lb×150m/1.5号×200m
●ベアリング:12/1
●価格(税抜き):6万7000円~7万2000円


スポンサーリンク

カルディア

画像: カルディア
画像: 圧倒的な耐久性を発揮するタフデジギヤ 素材を見直し、新たな歯面構造を採用することで、従来のデジギヤⅡから50%アップの強度を実現。高強度化されたボディの内部にはタフなエンジン部が控え、より快適なまき心地を実現。

圧倒的な耐久性を発揮するタフデジギヤ
素材を見直し、新たな歯面構造を採用することで、従来のデジギヤⅡから50%アップの強度を実現。高強度化されたボディの内部にはタフなエンジン部が控え、より快適なまき心地を実現。

カルディア LT1000S-P~LT6000D
●自重:170g~315g
●ギヤ比:4.8~6.2
●最大ドラグ力:5㎏~12kg
●巻き取り量:60cm~105cm
●ベアリング:6BB/ローラー1
●価格:2万1900円~2万9500円
●発売:2月発売予定


フリームス

画像: フリームス
画像: ハンドル構造が上位機種と同形状で軽量化にも貢献 フリームスのハンドルもついにカルディア以上の機種と同等の形状に進化し、互換性を獲得。新旧2500番台で60gもの軽量化を実現できたのはこのパーツによる効果も大きい。

ハンドル構造が上位機種と同形状で軽量化にも貢献
フリームスのハンドルもついにカルディア以上の機種と同等の形状に進化し、互換性を獲得。新旧2500番台で60gもの軽量化を実現できたのはこのパーツによる効果も大きい。

フリームス LT1000S~LT6000D-H
●自重:185g~330g
●ギヤ比:5.2~6.2
●最大ドラグ力:5~12㎏
●ベアリング数/ローラー:5/1
●価格:1万5800円~2万円
●発売:1月予定(LT1000,LT2000,LT6000サイズは3月予定)


いかがだっただろうか。LTモデルに関してはまだまだ多くの改良がなされている。詳しくは、ルアーマガジンソルト3月号、2月号のスクープ記事を参考にしてほしい。そして、きたるジャパンフィッシングショー2018にて実際に手に取って、その変化を目にしてみるのをおススメする。

※この記事の内容は『ルアーマガジンソルト2018年2月号』掲載記事を基に再構成したものです。


2018新作タックルプレビューまとめ記事はこちら↓

展示会イベントの詳細についてはこちらをチェック!

[横浜]ジャパンフィッシングショー2018:1/19(金)~21(日)

[大阪]フィッシングショーOSAKA:2/3(土)~4(日)

[名古屋]ザ・キープキャスト 2018:3/10(土)~11(日)

[福岡]西日本釣り博2018:3/17(土)~18(日)

関連リンク

DAIWA

ルアーマガジン・ソルト2018年3月号[NAIGAI SHOP]


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.