1月19日(金)の「ジャパンフィッシングショー2018(横浜)」を皮切りに、この時期恒例の釣り業界展示会イベントが全国各地で開催される。2018年新作タックルアイテムのお披露目の場でもあり、その発表・展示内容を心待ちにしている方も多いのではないだろうか。
そこで[釣りPLUS]では、今年のイベントの目玉となるであろう新作タックルをセレクトし、現時点で知りうる最新情報を皆様に順次お届けする。気になるアイテムの詳細については、ぜひ展示会場にて実機を見て触ってチェックしてほしい。
今回は、ついに日本上陸したアメリカ生まれのアブガルシアリール2機種「レボSX / レボウィンチ」を紹介する!

スポンサーリンク

レボSX:頑強! コンパクト!! 様々な場面に対応するオールラウンダー!!

アメリカ生まれの「レボSX」が日本上陸!! 高いドラグ性能やハイパワーな大口径ブラスギヤの標準採用は、パワーフィッシングで活躍すること間違いなし! マグネットと遠心、両ブレーキの性能を持ち合わせたインフィニブレーキシステムを搭載しているので、あらゆる状況にも対応可能。米国設計ならではの質実剛健リールなのだ。ハイギアのHSモデルも同時リリース予定。

画像1: レボSX:頑強! コンパクト!! 様々な場面に対応するオールラウンダー!!
画像2: レボSX:頑強! コンパクト!! 様々な場面に対応するオールラウンダー!!
画像3: レボSX:頑強! コンパクト!! 様々な場面に対応するオールラウンダー!!

レボSX[アブガルシア|ピュア・フィッシング・ジャパン]
●重さ:222グラム
●ギヤ比:7.3:1 / 6.6:1
●最大ライン巻取:76(センチ/1回転)/68(センチ/1回転)
●最大ドラグ力:11キロ
●ベアリング:ボール9φローラー1
●糸巻き量:115メートル(フロロ16ポンド)
●予定価格:21,500円(税抜き)
●発売時期:1月


スポンサーリンク

レボウィンチ:流行りのマグナムクランクにもピッタリのハイトルクリール

レボSXと同じく、アメリカ生まれのリールがこの「レボウィンチ」。その名が示す通り、最大の売りは巻き上げ力!! 採用されたギヤ比5.4:1がパワフルなリーリングを実現し、ディープクランクや大型スピナーベイトはもちろんのこと、琵琶湖で流行りのマグナムクランクの釣りも快適に。巻き物ジャンキーには是非とも使っていただきたい1台だ。

画像1: レボウィンチ:流行りのマグナムクランクにもピッタリのハイトルクリール
画像2: レボウィンチ:流行りのマグナムクランクにもピッタリのハイトルクリール
画像3: レボウィンチ:流行りのマグナムクランクにもピッタリのハイトルクリール

レボウィンチ[アブガルシア|ピュア・フィッシング・ジャパン]
●重さ:214グラム
●ギヤ比:5.4:1
●最大ライン巻取:56(センチ/1回転)
●最大ドラグ力:11キロ
●ベアリング:ボール8φローラー1
●糸巻き量:100メートル(フロロ20ポンド)
●予定価格:26,500円(税抜き)
●発売時期:1月

※この記事の内容は『ルアーマガジン2018年2月号』掲載記事を基に再構成したものです。


2018新作タックルプレビューまとめ記事はこちら↓

展示会イベントの詳細についてはこちらをチェック!

[横浜]ジャパンフィッシングショー2018:1/19(金)〜21(日)

[大阪]フィッシングショーOSAKA:2/3(土)〜4(日)

[名古屋]ザ・キープキャスト 2018:3/10(土)〜11(日)

[福岡]西日本釣り博2018:3/17(土)〜18(日)

関連リンク

アブガルシア[ピュア・フィッシング・ジャパン]

ルアーマガジン2018年2月号[NAIGAI SHOP]


[釣りPLUS]>> HOME




This article is a sponsored article by
''.