1月19日(金)の「ジャパンフィッシングショー2018(横浜)」を皮切りに、この時期恒例の釣り業界展示会イベントが全国各地で開催される。2018年新作タックルアイテムのお披露目の場でもあり、その発表・展示内容を心待ちにしている方も多いのではないだろうか。
そこで[釣りPLUS]では、今年のイベントの目玉となるであろう新作タックルをセレクトし、現時点で知りうる最新情報を皆様に順次お届けする。気になるアイテムの詳細については、ぜひ展示会場にて実機を見て触ってチェックしてほしい。
今回は、並木敏成プロ監修、氏の理想を追求すべく誕生したDAIWAリール・シグネチャーリミテッドモデル「SV LIGHT LTD-TN」を紹介する!

スポンサーリンク

『SV』と『AIR』が融合。より軽量へと踏み込んだ次世代ハイエンドの道標

ベイトフィネスかレギュラーかの境目として近年注目されるのが自重5グラム前後のルアー&リグ。「野球のバッティングで例えれば、『SV』では真っ直ぐ撃ちたいのに流し打ち、『AIR』ではレスポンス良すぎてファール」と語ったのは並木敏成プロ。氏の理想を追求すべく誕生したのが“TN”の名を冠したシグネチャーかつリミテッドモデルだ。

SV LIGHT LTD-TN 6.3R・6.3L / 8.1R・8.1L

画像1: SV LIGHT LTD-TN 6.3R・6.3L / 8.1R・8.1L

並木敏成プロは3.55グラムジグや1/4オンスのスピナーベイトなど、近年注目の“狭間”的なウエイトのキャストフィールに着目。SVリールの進化を加速することになった。

画像: 並木敏成プロ

並木敏成プロ

「SVのトラブルレスを活かしながら、AIRの領域に踏み込んだ」。従来のAIR派は1.2ランク太糸と重いルアーへ、SV派はさらにフィネスへ。2つのDAIWAテクノロジーを融合した次なる未来機に今こそ注目だ。

画像: 80ミリクランクハンドル&ZAIONスタードラグを搭載。スピードとパワーを兼ね備えた巻きを各パーツの軽量感がアシスト。

80ミリクランクハンドル&ZAIONスタードラグを搭載。スピードとパワーを兼ね備えた巻きを各パーツの軽量感がアシスト。


スポンサーリンク

画像: G1ジュラルミン製Φ32スプールには超高精度MAエアブレーキシステムを搭載。深溝化を施すことで、ベイトフィネスの範疇を超える太糸やラインキャパにも対応。

G1ジュラルミン製Φ32スプールには超高精度MAエアブレーキシステムを搭載。深溝化を施すことで、ベイトフィネスの範疇を超える太糸やラインキャパにも対応。

画像2: SV LIGHT LTD-TN 6.3R・6.3L / 8.1R・8.1L
画像: 外部マグダイヤル上部にはスリット状のデザイン。あのスティーズリミテッドSVTNと共通デザインが各所に見られ、両者をデッキに並べても違和感がない。

外部マグダイヤル上部にはスリット状のデザイン。あのスティーズリミテッドSVTNと共通デザインが各所に見られ、両者をデッキに並べても違和感がない。

SV LIGHT LTD-TN 6.3R・6.3L[DAIWA]
●ギヤ比:6.3
●巻取り長:63センチ
●自重:148グラム
●最大ドラグ力:4キロ
●糸巻き量:8ポンド×40.80メートル、10ポンド×30〜65メートル、16ポンド×20メートル
●ベアリング:ボール11/ローラー1
●価格:48,500円(税抜き)
●発売:2月予定

SV LIGHT LTD-TN 8.1R・8.1L[DAIWA]
●ギヤ比:8.1
●巻取り長:81センチ
●自重:153グラム
●最大ドラグ力:4キロ
●糸巻き量:8ポンド×40.80メートル、10ポンド×30〜65メートル、16ポンド×20メートル
●ベアリング:ボール11/ローラー1
●価格:48,500円(税抜き)
●発売:2月予定

※この記事の内容は『ルアーマガジン2018年2月号』掲載記事を基に再構成したものです。


2018新作タックルプレビューまとめ記事はこちら↓

展示会イベントの詳細についてはこちらをチェック!

[横浜]ジャパンフィッシングショー2018:1/19(金)〜21(日)

[大阪]フィッシングショーOSAKA:2/3(土)〜4(日)

[名古屋]ザ・キープキャスト 2018:3/10(土)〜11(日)

[福岡]西日本釣り博2018:3/17(土)〜18(日)

関連リンク

DAIWA

ルアーマガジン2018年2月号[NAIGAI SHOP]


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.