バスのみならず、ナマズ、トラウト、ライギョ、そしてソルトウォーターまで、ゲームフィッシング全般に造詣が深い松本幸雄さん。2017年(実質6ヵ月強)にバスを本気で追いかけた結果、彼が手にした50アップは60尾以上!! うち関東で40尾超!! なぜ松本さんはこれほどまでに"でかバス"を量産できるのか? その核心部分に迫った!!

スポンサーリンク

アベレージサイズを上げよ。そのためには“ずらせ!!”

「自己記録を更新するために必要なことは何か?」この質問を松本幸雄さんにぶつけたところ、まず最初に返ってきたのが、

「アベレージサイズを上げていくこと、ですね」

画像: でかいバスを釣る人はアベレージサイズを釣るのも上手い!! 「ちょっと小さいのも狙ってみましょうか」と言ってディープの障害物をフルメタルソニック7グラム(フラッシュユニオン)のリフト&フォールでチェック。あっという間に2尾キャッチした。

でかいバスを釣る人はアベレージサイズを釣るのも上手い!! 「ちょっと小さいのも狙ってみましょうか」と言ってディープの障害物をフルメタルソニック7グラム(フラッシュユニオン)のリフト&フォールでチェック。あっという間に2尾キャッチした。

自分が普段釣っているサイズが20~30センチであるなら、30~40センチを目指す。では、そのためにアングラー側は何をすべきか? 具体的な方法は挙げるとキリがないが、それをひと言でまとめると…、

ちょっとでいいから"ずらせ!!"です。今やっていることから大きくは変えず、何かを残して何かを変えてみる。そうやってちょっとずつでいいから釣れる魚のアベレージを上げて、45センチを超えてくれば“50センチちょいまでの魚”なら釣れると思うんです。

その、ずらす要素、変える要素の中で一番簡単なのは"時間"。釣れども釣れども20〜30センチという場所を、時間をずらして狙ってみる。これは以前、野池でよく経験したことなんですが、7〜8時は釣れるけれど40センチまで、それが一旦8〜9時に釣れなくなって、10時を過ぎると40後半が釣れるというケースが多々あった」

自分なりに仮設を立てて、こうじゃないかなと試すことが、でかい魚を釣るだけでなく、上手くなるためにとても大切なことなのだ。


スポンサーリンク

でかいルアー(パワーのあるルアー)を使うなら、ごまかしが利くタイミングを狙え!!

「僕自身は、ルアーの見た目がエサに似ている必要はないと思ってます。だからといって、でかいルアーを“エサだと思わせて食わせる”のは相当難しい。だっていかにもニセモノくさいじゃないですか(笑)」と松本さん。

「でかいルアー(パワーのあるルアー)は、たしかにでかいバスを選んで釣ることができるが、いつでもどこでも有効なわけではない。ただ、それとは別にあきらかに"だましやすいタイミング"というのは存在します。雨が降っているとき、風が吹いているとき、強い流れが生じているとき、あと普段より濁っているとき。そういう状況であれば、ごまかしが利くので間違いなく確率は上がります」

画像: 松本さんのでかバス狙いに欠かせないジャンルのひとつがトップ(ノイジー系)。多用するのはNZクローラー(左/デプス)とプップ(右/ロデオクラフト)である。いずれも余計なことをせず、スローに巻くのがカギだと言う。

松本さんのでかバス狙いに欠かせないジャンルのひとつがトップ(ノイジー系)。多用するのはNZクローラー(左/デプス)とプップ(右/ロデオクラフト)である。いずれも余計なことをせず、スローに巻くのがカギだと言う。

画像: 昨年10月、台風後の濁りが入った雨の日にNZクローラーでキャッチした57センチ!! 当日はこのほかに56、50、49.8、49、45センチも手にしたとのこと!!(驚)

昨年10月、台風後の濁りが入った雨の日にNZクローラーでキャッチした57センチ!! 当日はこのほかに56、50、49.8、49、45センチも手にしたとのこと!!(驚)

でかいルアーやパワーのあるルアーが本来持っている力を最大限発揮するためには、どこでどう使うかだけでなく、気象や状況変化というプラスαの要素が必要となるのだ。

※この記事の内容は『ルアーマガジン2018年◯月号』掲載記事を基に再構成したものです。

『ルアーマガジン2018年3月号』では、松本幸雄さんの「サイズ狙いの心得」理論を全6章にて展開。松本さんかつて管理釣り場のインストラクターをしていたころに感じた、バスという魚の特徴を踏まえてわかりやすく解説。実際に目の当たりにしたからこその理論に、なるほどと唸らされる。その渾身の心得解説はなんとトータル1万字に及ぶ! これをアタマに叩き込んで、アナタ自身の自己記録更新に挑戦すべし!

スキップ ▼


『ルアーマガジン2018年3月号』をざっくり紹介すると…

ルアーマガジン2018年3月号

豪華Wふろく:動画&小冊子で本誌と合わせて3度楽しめる!

読者限定ムービー:内山幸也 特命釣行 in 霞ケ浦水系 withダーツの旅
小冊子:レジットデザイン 2018コンセプトブック

豪華Wふろく:動画&小冊子で本誌と合わせて3度楽しめる!

特集:今年こそ自己記録を更新する!!

01 奥村和正:自己記録を更新を企むすべてのバスアングラーへの伝言「世界で2番目のでかバス」
02 伊藤巧 :自己記録更新‼ 相模湖を震撼させた驚愕の巨体。その真相を今、明らかにする…
03 金森隆志:岸釣り・ビッグフィッシュQ&A15「金森隆志という解答」
04 千藤顕 :マッディシャローで価値のあるでかバスを釣るための三カ条とは?

画像1: 特集:今年こそ自己記録を更新する!!

05 田辺哲男:ドラマチックハンター ~記録か記憶を塗り替えるストロングパターン~
06 2017年、達人たちのでかバスルアー30選
07 松本幸雄:サイズ狙いの心得
08 でかバスヒットルアーランキング2017

画像2: 特集:今年こそ自己記録を更新する!!

釣りよか、スクープ、初バス詣、まだまだあるぞスペシャル企画!

秦拓馬×釣りよかでしょう。in オーストラリア スペシャル釣行[前編]
注目の2018NEWタックル
下っ端編集部員F(フルカワ)&F(フクシゲ)の釣行活劇 初バス詣 In 亀山湖
今江克隆 ガレージニュース、トリセツ、マスビギ、ほか好評連載企画ヤマ盛り‼

画像: 釣りよか、スクープ、初バス詣、まだまだあるぞスペシャル企画!

『ルアーマガジン2018年3月号』のお求めは…

『ルアーマガジン』は毎月26日発売です!(※一部地域除く) 3月号は特別定価840円(税込)!お求めは全国の釣具店や書店で! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、弊社販売サイト「NAIGAI SHOP」をご利用ください(1,000円以上お買上げで送料無料です)


[釣りPLUS]>> HOME


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.