現在空前のヒラメブーム!「ヒラメが釣れているらしい」「ベイトが入っているっぽい」という情報があれば、サーフにはアングラーがずらーっと満員御礼、という日も珍しくない。高活性なヒラメならただ巻きでイージーに釣れる確率も高いが、そうした状況ばかりではない。タフコンディションのヒラメをいかに攻略するかが、釣果を上げるためのキーポイントとなる。高橋慶朗さんが提唱する"サーフフィネス"という釣り方は、まさにそうした状況下に適応するテクニックだ。

スポンサーリンク

画像: 高橋慶朗(たかはし・みちあき)DAIWAでソルトルアーなどの開発を担当するエキスパートアングラー。ミッチーの愛称で親しまれる。シーバス、ヒラメに造詣が深く、今回は最新のテクニック"サーフフィネス"を伝授。

高橋慶朗(たかはし・みちあき)DAIWAでソルトルアーなどの開発を担当するエキスパートアングラー。ミッチーの愛称で親しまれる。シーバス、ヒラメに造詣が深く、今回は最新のテクニック"サーフフィネス"を伝授。

①叩かれすぎてスレているとき②活性が低いとき→サーフフィネスで打開

高橋さんはタフコンディションなヒラメを次の二点に大別し、それぞれフィネスの要点をこう語る。

①叩かれすぎてスレてしまった状態のヒラメ

高橋「人的プレッシャーで口を使わないヒラメ。こちらにはルアーで対応します」

②活性が低く、渋い状態のヒラメ

高橋「朝マヅメなどの高活性時以外のヒラメですね。ただ巻きで釣れない状況なら、釣り方をフィネスにし対応します」

画像: ②活性が低く、渋い状態のヒラメ

スポンサーリンク

スレたヒラメに効く"フィネスルアー"とは?

高橋「フィネスなルアーとは、つまり口を使いやすいルアー。現状、ピンテールの軽量ジグヘッドリグが最適と言えます。人が多く、叩かれすぎてスレてしまった状態でも、フィネスなルアーをセレクトすることで、他のアングラーを出し抜けますヨ!」

画像: スレたヒラメに効く"フィネスルアー"とは?

シーバスジグヘッドSS 5g+鮃狂(フラットジャンキー)ピンテールシャッド[どちらもDAIWA]

画像: シーバスジグヘッドSS 5g+鮃狂(フラットジャンキー)ピンテールシャッド[どちらもDAIWA]

高橋「ファットボディーの『鮃狂(フラットジャンキー)ピンテールシャッド』はヒラメやマゴチに効果的なんです。5g程度のジグヘッドを使用するため遠投には向きませんが、軽いため虫やエビっぽい動きを出しやすいんです」


鮃狂(フラットジャンキー)ロデム ピンテール[DAIWA]

画像1: 鮃狂(フラットジャンキー)ロデム ピンテール[DAIWA]

高橋「こちらは鮃狂 ロデム4に装着して使用する『鮃狂ロデムピンテール』。こちらは遠距離対応になります」

画像2: 鮃狂(フラットジャンキー)ロデム ピンテール[DAIWA]

さらに詳しいヒラメ実釣テクは現在発売中の『ルアーマガジン・ソルト2018年4月号』で!

現在発売中の『ルアーマガジン・ソルト2018年4月号』では、活性が低いときに効果的な釣り方のフィネスや、フィネスルアーでの釣りを一歩進めたテクニックも詳解しているので、春ヒラメを攻略したい方はぜひご一読を!

ルアーマガジンソルトは毎月21日発売です!(※一部地域除く) 価格は1090円(税込)。お求めは、全国の釣具店や書店で。お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、下記の弊社販売サイトをご利用ください(1,000円以上お買上げで送料無料です)。

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.