「バス釣りシーズンオフの冬場には、マスの管理釣り場・エリアトラウトもいいかもね。でもバスタックルしか持ってないからなぁ…」とお悩みのアナタに贈る入門企画、バスタックルで釣るエリアトラウト術!「いやいや入門だけじゃないですよ。エリアフィッシングをやれば、バス釣りだって他の釣りだって上手くなりますよ。だって…」とは、ご存じ天才・松本幸雄氏。バス釣り派にオススメしたい秘伝の上達指南をお届けする!

スポンサーリンク

施設充実、極楽快適! 釣りモノ無数のエリアトラウト

そもそもナゼ、エリアトラウトなの?

松本「まず…あらゆる意味で、手軽ですよね。足場もいいし、受付やレストハウスには、暖房器具もたいがいあるし(笑)トイレや駐車場も完備ですよ」

今回は、魚影、サイズともに最高峰クラスな「東山湖フィッシングエリア」(静岡県御殿場市)にて取材!

画像: 松本 幸雄(まつもと・さちお)誰からの影響も受けない天下無双のプロアングラー。フィールドという現場から丁寧に吸い上げた情報だけを信じて、自らの道を突き進む。振り返ると、常に時代を変えるきっかけを作っている。

松本 幸雄(まつもと・さちお)誰からの影響も受けない天下無双のプロアングラー。フィールドという現場から丁寧に吸い上げた情報だけを信じて、自らの道を突き進む。振り返ると、常に時代を変えるきっかけを作っている。

上の写真のサカナは…北海道の淡水怪魚「イトウ」!

松本「エリアトラウトは、管釣りならではのサカナがいるのも魅力ですよね。ブラウントラウトとオショロコマの交配種とか、このイトウとか…天然だと北海道や海外行かないと釣れないですからね」

管理釣り場によっては、怪物みたいなサカナもいるそうだ。

アタリ倍増、キャッチ3倍増!!? 勝手にウデがレベルUP!!!

松本さんが取材班にいつも言っているのが「上手くなりたきゃ管釣り行け、ですよ」 その本質とは…?

松本「エリアは、なんせいっぱいサカナがいるから、サカナ相手じゃなきゃできないことができる。例えばアタリの取り方。とにかくアタリがいっぱい出るから、アタリを取る練習ができるし、そこからアワセ、やりとり、ランディング…、一連の動作が徹底的に上達します」

画像: アタリ倍増、キャッチ3倍増!!? 勝手にウデがレベルUP!!!

ちなみに、アタリを取れるようになるコツは?

松本「まずは、ラインに出るアタリを取れるようにしてみましょう。一定にリトリーブできていれば、結構ラインに違和感が出るのが分かります。食ってこっちにサカナが泳いでくれば、たるむ。向こうへ走れば張る。そういった、手に来ないアタリが結構あるのが分かります」

ラインに出るアタリは、マスだけでなくバスを始め他の釣りでも、かなりある。

松本「ラインに出たアタリが手元まで来るように精度を高めているのがエリア専用タックルの特徴です」

バス用タックルでマス釣り、まずはベイトタックルから!

画像: バス用タックルでマス釣り、まずはベイトタックルから!

●ロッド:6フィート8インチ6ポンドクラス・プロト(ロデオクラフト)
●リール:レボLTZ(アブガルシア/PFJ)
●スプール:BFC930 PRO(オフィスZPI)
●ハンドル:SSRC PGハンドルイナーシャ(オフィスZPI)
●ライン:バリバス・ガノア アブソルート10ポンド(モーリス)

松本「大物狙いならベイトタックルで、メタルバイブを使ってみましょう。ラインは細い方が扱いやすいですよ。オススメは『フルメタルソニック』(フラッシュユニオン)。1/8オンスはいいですね。3/8オンスでもニジマスは釣れますが…。泳ぎ出しが超早くて真っ直ぐ落ちる…、この動きはニジマスも大好き。ボトムで細かくリフト&フォールしましょう。このウエイトのルアーだったら、ミディアムライトのロッドでOKですね」

画像: 上:フルメタルソニック3/8オンス。下:トラウト用メタルバイブ:シャドウアタッカー3〜4グラム(ロデオクラフト)

上:フルメタルソニック3/8オンス。下:トラウト用メタルバイブ:シャドウアタッカー3〜4グラム(ロデオクラフト)


松本「またマス用のメタルバイブもいいですね」

こっちはスピニングの方が扱いやすいかも。

松本「ルアーは『シャドーアタッカー』(ロデオクラフト)で、ラインををマス用にしていたら3グラム、バス兼用にしていたら4グラムが使いやすいです。


13センチくらいまでのミノーも釣れますね。ルドラやヴァルナをよく使います。シャッドもかなり使える。ミノーは、巻いてもよいし、ジャークでも良い。ブラウンとかイトウが釣れますよ」

画像: 上:阿修羅O.S.Pヴァルナ110SP(O.S.P)、下:ハイカットSP(O.S.P)。ルアー全長に制限がある釣り場もあるので、レギュレーションを要確認

上:阿修羅O.S.Pヴァルナ110SP(O.S.P)、下:ハイカットSP(O.S.P)。ルアー全長に制限がある釣り場もあるので、レギュレーションを要確認


松本「クランクベイトは、小さなものがいいですね。ピーナッツⅡや、ベビークランクくらい」

タイニーブリッツDRもすすめてくれた。これも、ベイトで投げられる。

画像: 上:タイニーブリッツDR(O.S.P)。下:ベビークランク(ラッキークラフト)

上:タイニーブリッツDR(O.S.P)。下:ベビークランク(ラッキークラフト)

バス用タックルでマス釣り、お次はスピニングタックル!

松本「まず釣りをするなら、スピニングですね。持ってる中で一番弱いタックルを使ってみましょう。トラウト用ルアーも使いたいので、ラインを巻き替える余裕があるなら、細いPEがいいですね。バスでも使えるので。PEの0.2〜0.3号。フロロラインは…2ポンドなら使えます。3ポンドだとキツい…頑張ればいけるかな〜」

松本さんのタックルは、重めルアー使用&でかマス狙いもイケるフロロ4ポンドセレクト。

画像: バス用タックルでマス釣り、お次はスピニングタックル!

●ロッド:7フィート2インチ4ポンドクラス(ロデオクラフト)
●リール:ステラC2500 HGS
●ハンドル:RMRファンネル(オフィスZPI)
●ライン:バリバス・ガノア アブソルート4ポンド(モーリス)

松本「ルアーは、釣れる&使いやすいのはトラウト専用クランク。サカナが深いなら『モカDRSS』、浅いなら『モカSRSS』、あとは『ウッサ』。ウッサはボトムまで沈めてから巻きます」

さらに、小さいメタルバイブやシャッドもスピニングだと楽に使える。

画像: 上:モカDRSS(ロデオクラフト)、下:ウッサ(ロデオクラフト)

上:モカDRSS(ロデオクラフト)、下:ウッサ(ロデオクラフト)


松本「スプーンは、できれば欲しいですね。バスタックルなら、重めの『ノアB』。これなら2.6グラムあるので、それなりのタックルで投げられる。色は放流魚への定番カラー、赤金ですね。放流されたときに、とりあえず投げてみて。ほかにオススメスプーンはというと…理論が奥深く候補が無限になっちゃうんで、行く場所を釣り具屋に伝えてオススメを聞いたり、釣り場にインストラクターがいるところもあるので、現場で聞きましょう」

画像: ノアB(ロデオクラフト)

ノアB(ロデオクラフト)


松本「最初は、手持ちのルアーを持って、3時間とか短い時間の券を買うのもいいですね。基本は、ニジマス狙うなら、ゆっくりただ巻き。リフト&フォールも一定のリズムでやり続ける。そのほかの魚種は、トゥイッチやジャークで攻めてみてくだい」

画像: フルメタルソニック3/8オンスのリフト&フォールで、あっさりニジマス

フルメタルソニック3/8オンスのリフト&フォールで、あっさりニジマス

松本「行く前にレギュレーション、釣り場のルールが決まっているので、よく読んでくださいね。用意するのは、ペンチ、ネット、あとはクーラーボックスかな。食べたら美味しい魚なので、キープするのもありです」

最後に…マツモトサチオ的でかマス攻略!

松本「大物勝負? それこそバスタックルでOKですよ。例えば東山湖の場合、大物がいるのと、フックの個数やトレブルかシングルかに制限がなく、ルアーも自由なので、そのままで釣りできます」

画像: スピニングタックル×ハイカットでブルックトラウト!

スピニングタックル×ハイカットでブルックトラウト!

松本「東山湖で一発大物だったら、サカナが浮いてたらヴァルナと、沈んでいたらフルメタルソニック。あとはミノー、クランク、メタルバイブですね。ランガンするなら、入る時に先行者には一声あいさつして入ってくださいね。もちろんバーブレス推奨!」

画像: ニンジャことセンドウタカシさん(左)と遭遇!

ニンジャことセンドウタカシさん(左)と遭遇!

マスとバスの邂逅! 2/25(日)『ルアーマガジン マス王オープン』開催!

センドウタカシさん、川村光大郎さんというバスアングラーと、エリア界からも、ムック『ルアーマガジン マス王』を盛り上げてくれた松本幸雄さん、杉山代悟さんをゲストに迎える大物釣り大会『ルアーマガジン マス王オープン』が2月25日(日)に静岡県東山湖にて開催! 必ずもらえる、ラッキークラフトのマス用プラグ(ここでしか手に入らないルアマガオリカラ!)2色セットの参加賞と、豪華釣り具の抽選会も! メーカーブースも出展し盛り上がり必至!! 今回の記事を熟読し、奮ってご参加ください〜!

関連情報

東山湖フィッシングエリア

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.