「そこに魚がいる」という前提で発達したエリア(管理釣り場)ゲームは、スレ魚攻略の到達点とも言える。そんなエリアゲームには、バスフィッシングにも応用可能なメソッドが盛り沢山なのをご存じだろうか? その中でも今回はエリアの花形「スプーンゲーム」について、ヴァルケインの荒川通氏が解説する!

スポンサーリンク

奥深いからこそ敷居の高いのがスプーン!? いや、王道"ただ巻き"でもメッチャ釣れるんです!

バスアングラーにとっては馴染みの薄いスプーンだが、このスプーン…エリアアングラーにとっては一生かけて追及しても時間が足りない! と言われるほど奥深い世界なのだ。今回はそんなエリアスプーンワールドの入り口を覗いてみよう。

画像: あらかわ・とおる ヴァルケイン・プロスタッフ。タフでハイプレツシャーな北関東フィールドで腕を磨く。理論の壁を軽々と突破する感覚の天才。手元に伝わる僅かなラインテンションの違いで釣りをコントロール。現在大注目の次世代のエリアスター。

あらかわ・とおる ヴァルケイン・プロスタッフ。タフでハイプレツシャーな北関東フィールドで腕を磨く。理論の壁を軽々と突破する感覚の天才。手元に伝わる僅かなラインテンションの違いで釣りをコントロール。現在大注目の次世代のエリアスター。

レンジやスピードを自在に調整し最も釣れる状態を作り出せるスプーン。巻き速度やルアーの軌道をアングラーの意のままにするには、スプーンのポテンシャルがあればあるほど良い。具体的にいうと、スプーンの速度領域が広いほどいい…。広ければ、自由度が広がることになる。その自由度が圧倒的に広いスプーンこそがヴァルケインが誇る名作スプーン『ハイバースト』なのだ。

それでは、ハイバーストの日本有数の使い手である荒川通さんに、ハイバーストを起点とした、スプーンゲームの組み立て方を、アルクスポンド焼津で紹介していただこう!

ファーストアプローチ:ハイバースト2.4グラム

その日その時のトラウトの状況を探るために、荒川さんが1 投目に選ぶのがハイバースト2.4 グラム。「ハイバーストは絶妙にロールとウォブルが交じり合ったウォブンロールアクションです。アピールが強いので釣りやすい高活性の魚への訴求効果抜群です。さらに高活性の魚が居なくても、巻き角度や巻き速度を変えることによって、アピールが変化するので幅広い釣りが可能です。トラウトの状況を知るには幅の広さはとても重要です」。

画像: まずはボトムをとって、1〜2回ロッドでラインを弾きスラックを無くし、巻いてみよう。

まずはボトムをとって、1〜2回ロッドでラインを弾きスラックを無くし、巻いてみよう。

荒川さんのスプーンゲームはハイバーストを駆使してトラウトの状況を把握するところからスタート。その状況把握の精度はまるで魚探のようだと噂されている。

セカンドアプローチ・マッディウォーター編:ハイバースト1.8グラム

荒川「1.8 グラムは視覚的なアピールはあまり強くありません。ですが水押しが強いため波動は強力。つまり視覚が効きにくいマッディウォーターでも波動でアピール可能です」。

画像: セカンドアプローチ・マッディウォーター編:ハイバースト1.8グラム

セカンドアプローチ・クリアウォーター編:ハイバースト1.6グラム

荒川「1.6 グラムは動きが派手ですが、水押しは強くありません。つまり視覚的にはよく動いていますが、実は波動が弱い。そのため視覚が有効なクリアウォーターで効果的です」。

画像: セカンドアプローチ・クリアウォーター編:ハイバースト1.6グラム

サードアプローチ・動きを落としたい場合:アイスフェイク

ハイバースト1.8グラムと1.6グラムでも食わなかった。もしくは釣れたが、次第に反応が悪くなってきたら、完全に釣れなくなる前に第三ステップに移行する。

画像: アイスフェイク

アイスフェイク

荒川「第三ステップは動きかスピードかシルエットを変えます。動きを変える場合はハイバーストからアイスフェイクにローテします。アイスフェイクはロール主体なのでアピールは弱いです」。

「アイスフェイク1.6グラムとハイバースト1.6 グラムの適正スピードはほぼ同じです。ですが、アイスフェイクの方がアピールは弱いので、スピードを落とさずにアピールを落としたいときのローテです」。

サードアプローチ・スピードを落としたい場合:マークシグマ

荒川「スピードを変える場合はマークシグマ。マークシグマはハイバースト1.8 グラムに近いです。動きは大人しいですが水押しが強いため強波動。ですが適正速度はハイバーストよりも遅いので、速度は落としたいけど、アピールは落としたくないときに重宝します」。

画像: サードアプローチ・スピードを落としたい場合:マークシグマ

「シルエットを変えたい場合はハイバーストの1.3グラム、1.1グラム、0.8グラム、0.5グラムと落としていきます。ウエイトを落とすごとに適正スピードも落ちていきます」。


スポンサーリンク

チェックポイント1:同じスプーンでもウエイトによってコンセプトが違うことも

「ハイバーストの1.8 グラムは特殊です。形状からして他のハイバーストとは異なります。1.8 グラムは水押しが強いため波動も強いです。ですが視覚的な動きは弱く見えます。つまりマッディウォーターで威力を発揮するタイプのスプーンです。ちなみに、他のウエイトのハイバーストは1.8 グラムほど水押しが強くありませんが、視覚的なアクションは強いです」。

画像: チェックポイント1:同じスプーンでもウエイトによってコンセプトが違うことも

チェックポイント2:スプーンのカラーローテーションの基本とは?

「エリアのカラー理論は複雑です。そのため全てを説明するのは不可能なので、凄く簡単にキモだけ分断してご紹介させて頂きます。本当にザックリ言いますと、ハイバーストと組み合わせるカラーはメッキ系、グロー系、蛍光色系などの派手なカラーが多いです。一方アイスフェイクと組み合わせるカラーはナチュラル系が多いです…あくまでも一例ですよ」。

画像: アイスフェイクはナチュラル系カラーとの組み合わせが効く。

アイスフェイクはナチュラル系カラーとの組み合わせが効く。

以上が、超ミニマル荒川的ベーシックセレクション! 巻くだけでサカナを魅了するスプーンゲームは、ちょっとした変化でサカナの反応が劇的に変わる。

荒川「スプーンはレンジキープだけでなく、斜め上へ泳がせる『巻き上げ』や、その逆の『巻き下げ』も有効です!」

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.