2017年から始まったバス釣り雑誌対抗の交流試合「メディアウォーズ」。バサー、ロッド&リール、アングリングバス、そしてルアーマガジンの四つ巴バトル、昨年のエピソード1ではバサー軍が見事に王者の座を勝ち取り、我等がルアマガ軍は大差で2位の苦杯を喫した。…あれから一年、捲土重来を期し修行を重ねた戦士たちよ、今年もバス誌編集者界隈で最強を決める大会がやってきた!ここでは各誌代表として選出された参加選手を発表する。

スポンサーリンク

2018年、バス誌編集者界隈で・・・(スターウ●ーズ風)

釣りプラスをご覧の皆さま、こんばんにちは! 温かくなってきたし、花粉も飛びまくりで目がかゆいけど、この感じ、アングラーならウズウズせずにはいられないですよねw そんなバス釣りシーズンの開幕と同時に、今年もバス釣り雑誌対抗戦「メディアウォーズ」を開催することになりました。

「メディアウォーズとはなんぞや?」という人はこちらをチェック ↓

記念すべき第一回のメディアウォーズ、私フルカワの結果は2位。優勝のバサー大森さん&水藤さんペアとは数字こそ僅差でしたが、その釣りの中身は大差。そして、ビッグフィッシュ賞もバサー佐々木さんが持って行くという大敗を喫してしまったわけで、今年こそは絶対に勝ちたい!! と意気込んでいるわけであります。

昨年の試合の様子はこちらをチェック ↓

そんな待ちに待った時が来たとでも言いましょうか。3月25日(日)某所で熱き戦いが開催されることになりましたので・・・各誌代表の精鋭である選手の発表をしたいと思います!

【ルール】
・各誌2名一組×3艇まで代表(社員及び外部スタッフ)を選出可能。
・リミットは各艇ルアーで釣獲したラージマウスバス2本(1人が2本釣ってもいい)の総重量。
・キーパーは25センチ。死魚、帰着遅れはマイナス2キロのペナルティ。
・禁止ルアー等は特になし
・禁止エリア、行為等、ローカルルールに基づき、その他モラルを守って安全に釣りすること

続・無敵艦隊! バス誌のファーストオーダー『Basser』

画像: 写真左上から右へ ●編集長・堀部政男さん ●副編集長・佐々木徹さん ●編集部・谷川駿介さん 写真左下から右へ ●ライター・金澤一嘉さん ●ライター・水藤友基さん● カメラマン・大森忠明さん

写真左上から右へ ●編集長・堀部政男さん ●副編集長・佐々木徹さん ●編集部・谷川駿介さん
写真左下から右へ ●ライター・金澤一嘉さん ●ライター・水藤友基さん● カメラマン・大森忠明さん

編集長の堀部さんを筆頭に、初代メディア王・大森さん&水藤さんはもちろん、2012年H-1グランプリAOY&メディアウォーズエピソード1のビッグフィッシュホルダー・佐々木さん、2016年鋼派優勝・谷川さんという凶悪なバサー布陣。そして、昨年はワイルドカード枠で参戦した金澤さんがバサー枠でエントリー・・・。簡単にいうと、ダースベ〇ダーが6人ってことです、ハイ・・・。しかも、今年の開催地はよりにもよって彼らの得意なSTNG・・・恐すぎる。

今年も個性全開! ポテンシャルはワールドクラスの『Rod&Reel』

画像: 写真左上から右へ ●編集部・志水優太さん ●編集部・市川貴啓さん 写真左下から右へ ●ライター・望月俊典さん ●営業・本間寛也さん

写真左上から右へ ●編集部・志水優太さん ●編集部・市川貴啓さん 
写真左下から右へ ●ライター・望月俊典さん ●営業・本間寛也さん

いろんな意味でのポテンシャルはワールドクラスな面々が揃うRod&Reel。特にイッチーこと市川さんは個人的要注目選手(含みアリ)。でかバスハンターのズーシミ・モッチーも恐ろしいのですが、今回は謎の刺客・ホンマーメンこと本間さんが参戦。やはり、チーム・ロドリは不穏なオーラを発していますww

JLBAの猛者・森田さんが参戦! 狙いに来たな『AnglingBASS』

画像: 写真左上から右へ ●編集長・大道智洋さん ●副編集長・田沢 寛さん 写真左下から右へ ●ライター・柳澤輝夫さん ●ライター・森田友子さん

写真左上から右へ ●編集長・大道智洋さん ●副編集長・田沢 寛さん 
写真左下から右へ ●ライター・柳澤輝夫さん ●ライター・森田友子さん

様々な釣り場で目撃情報の多い田沢さん。昨年とは比べ物にならないほどパワーアップしているに違いない。さらに今年のアングリングチームにはなんと、JLBAで数多の優勝経験を持つ森田友子さんをエントリー! あの~、今年の開催地に合わせて完全に狙ってる!? そして、S・カシワギのDNAを継ぐ業界一のエンターテイナー・テルさんもデカそうな魚を釣ってきそう・・・。


スポンサーリンク

今年はアラバマ投げません(たぶん・・・)『Luremagazine』 

画像: 写真左上から右へ ●編集長・松島秀樹 ●ソルト編集部・長瀬達哉 ●編集部・古川和弘 写真左下から右へ ●編集部・福重智宏 ●販売部・今村修平 ●ライター・遠藤 徹

写真左上から右へ ●編集長・松島秀樹 ●ソルト編集部・長瀬達哉 ●編集部・古川和弘
写真左下から右へ ●編集部・福重智宏 ●販売部・今村修平 ●ライター・遠藤 徹

昨年のメディアウォーズでは上位入賞率は高かったものの、全チームがアラバマリグをメインに使用。巷では「アラバマガジン」と呼ばれ、ちょっと非難を浴びたルアマガチーム。そんなネコ(長瀬)、チャラ男(古川)、オタク(フクシゲ)、狂犬(今村)を制御すべく、我らが編集長・マツが参戦! そして、抑えにはルアマガ編集部対決で二連覇中の敏腕ライター・遠藤さんの布陣でチームをまとめる!(予定)

あれ、マイケルPは・・・・?

今年のワイルドカードも熱いwwww

名コンビ復活パート2! 黒鱒道中膝栗毛・マイケル&ジミー!!!

画像: 左)ルアーマガジンプロデューサー・野村英之(マイケル)  右)つり人社営業・渡辺博明さん(ジミー)

左)ルアーマガジンプロデューサー・野村英之(マイケル)  右)つり人社営業・渡辺博明さん(ジミー)

昨年参戦した懐かしの「マツキンズ」に続いて、往年のバサーファン胸アツなコンビが復活! 時とメディアと会社の枠を越えて、メディアウォーズにいざ出陣!

あれ、バサーの名コンビということは、マイケルPは一応バサー枠なのかな・・・? もう勘弁してください!(汗)

旧・ドラハンコンビ奇跡の復活! テッペイ&塩味から帰ってきたフカポン

画像: 上)ライター・横沢鉄平さん 下)ルアーマガジンソルト編集部・深谷 真

上)ライター・横沢鉄平さん 下)ルアーマガジンソルト編集部・深谷 真

黒鱒Tに対抗すべく? 旧「ドラマチックハンター」コンビが復活ww 自称バス釣りを極めたフカポンと自称でかバスハンター鉄平さんのドタバタ喜劇に期待!

 

今年もやるよ! 優勝チーム予想!

メディア優勝チームは?

後日、結果は釣りプラスにて公開予定なので、この記事をご覧の皆様も優勝チームを予想してみてはいかがでしょうか?(当たってもプレゼントはありませんよ!)

受け付けは終了しました

  • Basser
  • Rod&Reel
  • AnglingBASS
  • Luremagazine
  • ワイルドカード:黒鱒道中膝栗毛(マイケル&ジミー)
  • ワイルドカード:チームドラハン(テッペイ&フカポン)
  • Basser
    49
    68
  • Rod&Reel
    7
    10
  • AnglingBASS
    11
    15
  • Luremagazine
    15
    21
  • ワイルドカード:黒鱒道中膝栗毛(マイケル&ジミー)
    12
    16
  • ワイルドカード:チームドラハン(テッペイ&フカポン)
    6
    8
画像1: 今年もやるよ! 優勝チーム予想!
画像2: 今年もやるよ! 優勝チーム予想!

果たして誰がこのトロフィーを手にし、プレートをはめるのか!?
メディアウォーズ エピソード2、サブタイトルはもちろん・・・
『バサーへの逆襲』でしょ!

・・・勝てる気まったくしないけどね(^^;)

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.