春本番のメバル釣りはプラッギングゲームのトップシーズンに突入! メバルはこれからの時季、小魚がメインベイトとなり、表層への意識が高くなる。「そんな時季だからこそプラグで釣らないなんてもったいない!」というのは、名前入りのヘルメットがトレードマークのnadarアラマキシンヤ氏。楽しい&面白い&釣れる、の三拍子揃ったプラッギングゲームをさらに楽しむイージーチューンを紹介する!

スポンサーリンク

画像: メバルプラッギングゲームを楽しみ尽くすイージーチューン×3パターンとは?【by nadarアラマキシンヤ】

其の壱 マニキュアチューン

アラマキ「カラーは、クリア&色付き&フラッシング系の3タイプをローテーションしますが、クリアカラーをラメ入りにするイージーチューンがおすすめです!

カスタムシャイニーカラー(メガバス)は、マニキュアタイプ。上から塗ると3分程度で乾きます。ボディ表面に凹凸ができることで、水流変化も期待できますよ!」

画像: 其の壱 マニキュアチューン

其の弐 フラッシャーフックチューン

アラマキ「フラッシャーフック(nadar)を使ったチューンは、アピール力を高めるだけでなく、トゥイッチアクション時などのブレーキにもなります。テリア(nadar)やビーグル(nadar)で使用することが多いチューンですね」

画像: 其の弐 フラッシャーフックチューン

スポンサーリンク

其の参 発光玉チューン

アラマキ「発光玉ソフトタイプ8H(TOHO)を使って、フック軸に発光玉を取り付けるチューンです。視認性を高める、バイトマーカー的な役割が期待できます。また、浮力を上げたいときにも使えますよ」

画像: 其の参 発光玉チューン

シーズン突入のメバルプラッギングゲーム、『ルアーマガジン・ソルト5月号』でさらに深掘り!

アラマキ「こうした微調整もプラッギングを楽しむコツです。プラグの魅力は、ハメた、という感覚が明確に味わえること。本誌で紹介するシンペンテク含め、幅広い狙い方でメバルプラッギングゲームを楽しみましょう!」

『ルアーマガジンソルト2018年5月号』では、「シンキングペンシルで狙うプラッギングゲームが今ヤバイっす」というアラマキさんを取材! チューンをはじめ、アラマキ流のプラグテクニックを紹介します!


[釣りPLUS]>> HOME



HOMEバス釣りエリアトラウト渓流トラウトその他淡水陸王艇王ソルト全般シーバスアジングエギングメバリングヒラメ青物ブランドアングラーコレクションプロモーションルアーマガジンルアーマガジン・ソルトルアーマガジン・リバールアーマガジン・ムービールアーマガジン・モバイル釣りどき関西ストア


スポンサーリンク

This article is a sponsored article by
''.