今回の『海釣り陸っぱりポイントガイド』は、福岡県北九州市ノーフォーク広場でのメバリングをご紹介! お手軽&狙うポイントの多い、メバル有望スポットだ。スミスフィールドスタッフ、コロンビアスポーツのスタッフを務め、北部九州をメインにメバルプラッキングやアジング、シーバスを楽しむ黒田響氏におすすめポイントを案内してもらおう。

スポンサーリンク

ゴロタから港の先端まで。狙うポイント多数の有望スポットでメバルを釣ってみよう!

画像1: ゴロタから港の先端まで。狙うポイント多数の有望スポットでメバルを釣ってみよう!

目の前には関門海峡が広がり、関門橋のそばにあるポイント。満潮になれば広場にある遊歩道沿いでは岩場の絡むゴロタが狙える

干潮になれば常夜灯のある足場の良い港の先端で、海峡と地形による反転流潮流のヨレに着いたメバルが狙える。このポイントは水深が浅く、エサを捕食するためのフィーディングに入る時合いに当たれば連発することもある。

テラス状になった敷石のポイントでは30m程の沖に多数のシモリが点在し、その付近ではライズが定期的に見られるので狙うポイントが絞りやすく、後は流れの向きを考慮してドリフトするイメージで誘っていこう。

画像2: ゴロタから港の先端まで。狙うポイント多数の有望スポットでメバルを釣ってみよう!

水面付近でパシャッとライズを確認したスポットにプラグをキャスト。水面直下を引いてくるとガツン! と引ったくるバイトで獲れた一尾。

釣れるメバルは居付きに多い白メバルが主だが、たまに回遊系と言われる黒メバルが入ってくる。そうなるとジグヘッドよりプラグの方が釣果を稼げてサイズも良いことが多い。


スポンサーリンク

黒田さんのおすすめタックルは?

ロッドは3~10g前後をキャスト出来る7ft程が望ましい。リールは2000~2500番のスピニングリール。ラインはPEなら0.3号にリーダーはフロロ2号を50cm前後。

水深が浅く、シャローなためジグヘッドだと根がかりが多発。そこでフローティングスローシンキングなどのプラグで誘い出すのが有効。

ガンシップ45F(スミス)

シラスミノーソリッド(スミス)

どうやってアクセスする?

画像: めかりPAを降りて海沿いの261号線を走り、ノーフォーク広場を目指す。そうすると踏切が見えて、渡った先の駐車場が目印。足場も良く比較的安全ではあるが、関門海峡を往来する船の引き波で足場が濡れて滑ることがあるので、ブーツ類など装備はしっかりとして釣りをしてください。

めかりPAを降りて海沿いの261号線を走り、ノーフォーク広場を目指す。そうすると踏切が見えて、渡った先の駐車場が目印。足場も良く比較的安全ではあるが、関門海峡を往来する船の引き波で足場が濡れて滑ることがあるので、ブーツ類など装備はしっかりとして釣りをしてください。

『ルアーマガジン・ソルト』では日本全国の陸っぱりポイントを毎号紹介!

現在発売中の『ルアーマガジン・ソルト2018年5月号』でも、日本全国のソルトゲームで有望な陸っぱりポイントを公開している。

オススメスポットを紹介してくれるのは、各地のエキスパートばかり! アナタの近くにも爆釣ポイントがあるかも!? ぜひ誌面でチェックしてみてください!

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.