「お買い物P」ことルアマガムービープロデューサー・マシモPの買い物をリポートする不定期連載、名付けて『お買い物マシモちゃん』が(勝手に)スタート。 今回はあの重くて辛いバッテリー運搬が楽々になるという、レンタルボートやアルミボートなどを愛用するアングラーに必携の超絶便利アイテムを紹介する!

レンタルボートやアルミボート関連のアイテムが充実しているショップ!

それが「ミシマつり具店」(千葉県柏市)!

画像: 国道6号戦沿いの立地で駐車場も完備。

国道6号戦沿いの立地で駐車場も完備。

今回、マシモが訪れたのは、ルアマガ編集部員フルカワにオススメされたコレを買い求めるためでした!

じゃん! バッテリーハンドル用ラバーグリップ! 500円也!(税別)

画像1: レンタルボートやアルミボート関連のアイテムが充実しているショップ!

とにもかくにもバッテリーって重すぎないスカ!? 代表格のAC Delcoのボイジャーバッテリーなんて、運搬方法がヒモとプラスチックの取手ッスよ! 持つと手が痛い! 指にプラッチックが食い込んで痛い! もうこんなの運ぶの若者の趣味だよ!(半ギレのアラフィフ)

画像2: レンタルボートやアルミボート関連のアイテムが充実しているショップ!
画像3: レンタルボートやアルミボート関連のアイテムが充実しているショップ!

まぁ、そんな悩みと辛みをかなり軽減してくれるのが、このアイテムなのです!

画像: 説明書付き

説明書付き

では、早速装着してみましょう! 先ずはグリップヒモを外して、片側をゴムグリップにインします! その際、必ずゴム厚の薄い方(穴が大きい方)から入れてください。

画像: この状態でキープ

この状態でキープ

そして中性洗剤をプラッチックグリップに垂らします。この際、注意するのはラバーグリップ本体と、ラバーグリップを持つ手には中性洗剤が付かないようにすること!

画像: 間違えて付いてしまうと、両方ヌルヌルで収拾が付かなくなります!

間違えて付いてしまうと、両方ヌルヌルで収拾が付かなくなります!

プラッチックグリップをたっぷりヌルヌルにしたら、一気にゴムグリップを被せます!プラスチックの方をゴムグリップの中に入れ込むというより、逆にゴムグリップ被せるという気持ちの方が入れやすいかと。

画像: 途中から入りにくくなるので、片側のヒモを足で踏み、今度はゴムグリップを引っ張って被せます!

途中から入りにくくなるので、片側のヒモを足で踏み、今度はゴムグリップを引っ張って被せます!

最後に水で中性洗剤を流して、

画像4: レンタルボートやアルミボート関連のアイテムが充実しているショップ!

はい、見事にインしました! お時間わずか三分ほど。

画像: 冬場はゴムが固くなるので、湯煎して柔らかくすると楽チンかもですね。

冬場はゴムが固くなるので、湯煎して柔らかくすると楽チンかもですね。

そしてバッテリーに再び装着!

画像: さっきのは乾かすのに干したので、こちら仕込んでいた完成品になりますw

さっきのは乾かすのに干したので、こちら仕込んでいた完成品になりますw

たったコレだけであら不思議! 格段にバッテリーを持つのが楽になります! 500円でコレはチョーお値打ちアイテムですよ奥さん!

画像: マシモは105Aバッテリー両手に持っても余裕だよ!(※翌日に響く模様)

マシモは105Aバッテリー両手に持っても余裕だよ!(※翌日に響く模様)

この他にもミシマつり具店にはボーターをはじめフローターやフロートボート等、浮き物関係の便利グッズがいっぱい揃ってますので、ぜひ一度訪れてみてください!

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.