『ルアーマガジン』長期連載中の「一刀両断」でおなじみ、菊元俊文氏。彼をして「ルアーに衝撃を受けたのは久しぶりですわ」と言わしめたマグナムベイトが『バラム300(マドネスジャパン)』だ。その惚れ込みように至っては、エバーグリーンインターナショナルから今季3色の“菊元オリジナルカラー”を発売するほど。話題の多連結マグナムベイトを菊元氏はどう使うのか? 釣行取材中に繰り出したワザをご紹介しよう!!
画像: きくもと・としふみ/ビッグベイトだけでなく、カバージグやフロッグなど、でかい個体を狙ったパワーゲームの先駆であり伝道師。BABYMETALの熱狂的なファンであり、ロケ先への移動中、カーオーディオのナンバーはベビメタオンリー!! 縦ノリでモチベーションを高めている。

きくもと・としふみ/ビッグベイトだけでなく、カバージグやフロッグなど、でかい個体を狙ったパワーゲームの先駆であり伝道師。BABYMETALの熱狂的なファンであり、ロケ先への移動中、カーオーディオのナンバーはベビメタオンリー!! 縦ノリでモチベーションを高めている。

巨バスを狂わせるエイト・トラップ!!

それこそ菊元さんのフェイスブックにアップされた動画や、バラム300の産みの親であるサタン島田さんのYouTube映像を見て、衝撃を受けた人も多いのでは?

画像: 菊元俊文 / Toshifumi Kikumoto www.facebook.com

バラム、エイトトラップにロクマルが喰う映像です。 バラムに1本のバスがチェイスして来た。 すかさずエイトトラップ。 そいつが本気になったと思ったら、次々とバスが浮上。ロクマルも出て来てオラオラと周りを蹴散らして、理性ぶっ飛び本気喰い! よー...

菊元俊文 / Toshifumi Kikumotoさんの投稿 2018年4月16日(月)

菊元俊文 / Toshifumi Kikumoto

www.facebook.com
画像: マドネスジャパン BALAM300 秘技! サタン島田の「エイトトラップ釣法」! www.youtube.com

マドネスジャパン BALAM300 秘技! サタン島田の「エイトトラップ釣法」!

www.youtube.com

ボート縁で、ロッドで8の字を描くように超高速でルアーを動かし、ビッグフィッシュをバイトさせてしまうシーンには愕然としてしまいます。

この「エイト・トラップ」は、8の字メソッドとしてシーバスなどソルトウォーターゲームで知られたテクニック。それをなんとバスに対し、しかもマグナムベイトで実践してしまうという…。

「バラムは、エイト・トラップがバスにも有効であることを初めて証明したルアーちゃうかな」と菊元さん。

画像: 巨バスを狂わせるエイト・トラップ!!

エイト・トラップで一旦スイッチが入ってしまったバスは、ボートもアングラーもまったく気にならなくなってしまうという事実。

クリアレイクではファイト中に、あわよくばエサを横取りしようと他のバスが追ってくるケースがありますよね。そのなかには普段ルアーには絶対に口を使わないような巨大なバスがいることもあり、エイト・トラップで1尾掛けた後のファイト中にそうした個体の競争心をあおり、ダブルヒットに結びつけられるのではないかと菊元さんは考えているそうです。

全長30センチ、3フックのバラムならそれが可能だというわけですが、ロクマルクラスのダブルヒット…想像するだけで興奮しちゃいますね!!

実際、釣れるサイズがハンパじゃない!!

そのサイズゆえ、そもそもでかいバスしか食えません(笑)。

こちら↓は4月15日、奈良県・池原ダムにて菊元さんがエイト・トラップでキャッチした61センチ、3870グラム!!(先に紹介した動画の魚がコレ)。当日は58センチと53センチも含め計4尾のバラムを手にしたそうです。

画像: 実際、釣れるサイズがハンパじゃない!!

さらに!! 

4月25日には64センチ、4780グラムのバスをゲットした菊元さん!! 10パウンダーですよ!!

メインのワザ!!

とはいえ、エイト・トラップはある意味特殊なテクニック。基本的には、チェイスしてきたバスをUターンさせずにバイトに持ち込むための技術なんですね。あまりにもインパクトが強すぎて、ついついその部分だけに注目してしまいがちですが、それこそ橋脚の壁や、垂直岩盤など直線的なストレッチでいきなり8の字を描きはじめたりはしません。

そういった場所でのアプローチは、ほぼすべてキャスト&超高速リトリーブ!!

トゥイッチやジャークなど、ロッドワークはいっさい加えません。

画像: しっかりと投げて!

しっかりと投げて!

画像: 超高速リトリーブするのみ!!

超高速リトリーブするのみ!! 

ビッグベイトというと、スローに巻いて、バスに気付かせて、寄せて食わせるイメージが強かったのですが、菊元さんがバラムを巻く速さはルアーを回収するときよりも速いくらい。

ただし、ストラクチャーの角などここぞというスポットを通過させる際は、バラムがそこに差し掛かる前に徐々に巻き速度を遅くしてステイ、ゆら~っとナチュラルな、バラムの惰性で誘うのが効果的だとのことでした(惰性で角を通過してしまわないように注意)。

お試しあれ!!

って、バラム300、すでに入手困難なようですが…( ̄Д ̄;;

ちなみに、エバーグリーンから発売される『バラム300・エバーグリーンスペシャルエディション』は以下の3色です!!

画像: スケルトンチャート

スケルトンチャート

画像: スーパーナチュラル

スーパーナチュラル

画像: ビッグバイトチャート

ビッグバイトチャート

そそりますね~!!

今回のロケではバスのレンジが深く、残念ながらバラム300への強烈なバイトの瞬間を目の当たりにすることはできなかった。が、その場に応じたビッグベイトパターンを構築してしまう菊元さん、サスガのひと言!! その詳しい模様は『ルアーマガジン2018年6月号』巻頭に掲載。ビッグベイトやマグナムベイトを使いこなすために必要なタックルをはじめ、バラム以外にも菊元さん愛用のルアーたちをカタログ的にズラリと紹介した「THE SOUL OF BIGBAIT GAME“入魂の一投”」。ぜひご一読を!!

スキップ ▼


『ルアーマガジン2018年6月号』をざっくり紹介すると…

読者限定ふろく動画は奥田学「特命釣行R」!

"ロボ奥田"こと、奥田学さんが挑むのは、ビッグフィッシュレイクと名高い関東リザーバー・三島湖。「60アップを釣れ」という難題にストロングとフィネスの両極で攻める攻略映像は必見だ!

ルアマガ018年6月号

総力特集:THE MAGNUM GAME 〜でかいバスだけ狙いたい〜

ルアマガ018年6月号

01 菊元俊文:THE SOUL OF BIGBAIT GAME 入魂の一投
02 金森隆志:ボリューム・水押し・移動距離。3つのキーワードで攻め抜く岸釣りマグナムスタイル
03 山田祐五×栗田学:7キロの壁 〜北の鉄人×世界記録ホルダーによる、限界突破マグナム対談〜
04 中村哲也・秦拓馬・三原直之:春×マグナムルアー×でかバス
05 田辺哲男:クランクベイト進化論 〜その可能性は、未知数〜
06 白川友也:クラッシュという劇薬

2018年注目のタックルハウツー3連打!

ルアーマガジン2018年6月号

・山木一人:ふつうじゃない、ふつうのクランク「バンタム コザック」
・川村光大郎:短日36尾+2尾!? その動きはまさにShrimp!!「ハリーシュリンプ」解体新書
・吉田秀雄:バスに欠かせない4つのエサ。そのひとつをカタチに。「スタッガーワイドホグ2.7インチ」

『ルアーマガジン2018年6月号』のお求めは…

『ルアーマガジン』は毎月26日発売です!(一部地域除く) 6月号は特別定価840円(税込)!お求めは全国の釣具店や書店で! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、弊社販売サイト「NAIGAI SHOP」をご利用ください(1,000円以上お買上げで送料無料)。

釣りPLUS|関連記事



This article is a sponsored article by
''.