ゴールデンウィーク真っ最中、皆さんは釣り三昧の毎日をお過ごしだろうか? 4/28から5/4の一週間、[釣りPLUS]ではどんな記事がよく読まれたのか、そのランキングをお届けする。今週はバス・エリアトラウト・渓流トラウト・ソルト、あらゆるカテゴリーでルアーに関する記事がよく読まれた模様だ。

第10位:木村建太・艇王レジェンド優勝記念"バスターク"限定販売5/1受付開始【逆転優勝の立役者をスペシャルカラーで】

『ルアーマガジン・モバイル』の人気対戦企画「艇王」の歴代勝者4名が競い合った「艇王レジェンド」。AbemaTVの生中継で目にした人も多いのではなかろうか。この勝負、2代目艇王・キムケンこと木村建太氏がポッパータイプフロッグルアー「バスターク」を駆使し、驚異的な逆転優勝を遂げた。今回の「釣りPLUSプレミアムタックルコレクション」では、その優勝を記念したルアマガオリジナルカラーのスペシャル限定モデルをお届けする!

第9位:エリアトラウトの神々が語る"スプーンの釣り"の基本【状況別必携ルアー公開|松本幸雄×伊藤雄大の極意 Part-3】

松本幸雄氏、伊藤雄大氏というエリアトラウト2大神からプライベートで教わったエリアの極意シリーズ。Part-3では、少しでもエリアの釣りが上手くなるために、エリアのルアーフィッシングの基本中の基本ともいえるスプーンの釣りを教えてもらった。ただ、スプーンの釣りは基本とはいえ最も奥が深く、一朝一夕でモノにできるものではない。以下にお伝えする内容も、ほんのさわりの話(それでもかなりのボリューム!!)なので、後は各自、自分の釣りを極めていってほしい。

第8位:ショップ店員がオススメする間違いない堤防釣りロッド選び【コレを買えば大丈夫 |釣具店に行こう!】

1本の釣り竿でいろんな魚を釣りたいっ! 釣りをするにおいて、絶対的欠かせない、釣りの代名詞的な道具、"竿(ロッド)"。この竿選びこそが、釣りを始める上でひとつ目のハードルとなることは間違いないだろう。フィールド(海、川、湖etc)からジャンル別(堤防、船、ルアーetc)、または魚種別とひと昔前と比べるとかなり細分化され、初めて釣具店に入って竿コーナーを見ると何がなんだか…

第7位:初夏の超お手軽ルアーフィッシング"ライトショアジギング"のススメ【メタルジグ1個で何でも釣れる! 】

初夏こそライトショアジギングの最盛期! 初夏はソルトフィッシングの魚種が豊富で、いろんな魚が最高によく釣れるシーズン!漁港、磯、サーフetc…多くの釣り場でも岸近くへ魚が寄ってくる時期だから、どんなルアーで釣ればよいの!? と迷うほど。あらゆる魚種を想定して釣り方を選んでいると、どんどん持っていくタックルが増えるばかり…。でもメタルジグだけあれば、それらは解決。ほとんどの魚はショアジギング(岸からのジグの釣り)で狙えてしまうのだ!

第6位:青木大介プロ厳選・ダウンショットリグ用ワーム8選【職業バスプロの切り札ソフトルアー公開!】

"職業バスプロ"こと青木大介氏の持つ強力な手駒のひとつが「ダウンショットリグ」。もちろん青木氏はフィネスからビッグベイトまで、状況に合わせて幅広いルアージャンルを使いこなす。しかし、"ここぞ!"という場面で切り札的に登場するもののひとつが「ダウンショットリグ」。今回は、そんなダウンショットに使うワームを紹介!

第5位:伊藤巧の陸王ウイニングテク"ヘビーキャロライナリグ"仕掛けの作り方と使い方【攻守自在テクニカル、誰でもできるライトリグだと!?】

2017年の『陸王』で前人未踏の2連覇を成し遂げた伊藤巧さん。そのメインパターンとなったのが、ヘビーウエイト&ロングリーダーを使用した「ヘビーキャロライナリグ」。そのテクニックはもちろん気になるのだが、これからの時期でも通用するのか?「全然余裕です! だってライトリグですから!」。ヘビキャロがライトリグ!? 一体どういうこと??? その仕掛けの作り方と使い方について解説する。

第4位:渓流釣り解禁直後のオススメルアー12選【時間帯別・必釣ルアーローテーション術】

「低水温に加えて、人が多いから魚にはプレッシャーがかかっているよなぁ」「放流魚もほとんど釣られてしまっているだろうし…」解禁当初の渓流釣りではこうした会話をよく耳にするものだ。確かに春先の渓流は一筋縄にはいかない。でも、初期だからこそいい魚を釣り上げてシーズン始めに勢いをつけたいところ。そこで今回は、春先の渓流魚を釣るためのルアーローテーション対策を紹介する。

第3位:艇王2018開幕+陸王モバイル始動!バス釣りバトルさらにアツく!!【ルアマガモバイル5月配信の見どころ】

バスフィッシングに特化した情報をより深くお届けしている有料Webサービス『ルアーマガジン・モバイル』。5月のルアマガモバイルは、2018シーズンの艇王が開幕するとともに、新企画が始動する。その名も『陸王モバイル』!! それぞれの王座決定戦に誰が参戦するのか期待をしつつ、今年はバトルで一緒にアツくなろう!! NEWフェイス山添大介さんによる特命釣行もお見逃しなく!

第2位:ギル型ビッグベイト新作ルアー"ブッチギル"スペシャルカラー限定販売【5/2受付開始】

ジョイントボディに前後プロップを備えたティムコの新作ルアー「ブッチギル」。スローリトリーブ字はI字系、ファストリトリーブ時にはボディをくねらせて泳ぎ、急激なストップ&ゴーでの90度ターンでもバスを誘う。今回の[釣りPLUSプレミアムタックルコレクション]では、ただ巻きはもちろん、ロッドワークにも機敏に反応する新機軸のギル型ルアーを、ルアーマガジンのスペシャルカラーでお届けする。

第1位:衝撃のマグナムベイト"バラム300"一投入魂!!【菊元俊文ベタ惚れルアー】

『ルアーマガジン』長期連載中の「一刀両断」でおなじみ、菊元俊文氏。彼をして「ルアーに衝撃を受けたのは久しぶりですわ」と言わしめたマグナムベイトが『バラム300(マドネスジャパン)』だ。その惚れ込みように至っては、エバーグリーンインターナショナルから今季3色の“菊元オリジナルカラー”を発売するほど。話題の多連結マグナムベイトを菊元氏はどう使うのか? 釣行取材中に繰り出したワザをご紹介しよう!!

エリアトラウトカテゴリー初の定番レジェンド記事認定!

定番レジェンド記事に昇格したのはこちら↓

エリアトラウトの神々が語る"スプーンの釣り"の基本【状況別必携ルアー公開|松本幸雄×伊藤雄大の極意 Part-3】

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.