ゴールデンウィークもあっという間に終わり、いつもの生活が戻った今週、皆さんいかがお過ごしだろうか? 5/5から5/11の一週間、[釣りPLUS]ではどんな記事がよく読まれたのか、そのランキングをお届けする。

第10位:"フロッグ"の名手内山幸也が選ぶ、全国で本当に使えるメーカーノーリミットなフロッグ達【ウラ内山ジャパンスタメン発表】

アメリカでのトーナメント経験を経て、琵琶湖のプロガイドとして活躍する内山幸也氏の代名詞と言えば"フロッグルアー"。数多くのフロッグを使い込んできたからこそ言える、オススメフロッグとその使い方を"大人の事情"抜きで完全公開する。

第9位:ショップ店員がオススメする間違いない堤防釣りロッド選び【コレを買えば大丈夫 |釣具店に行こう!】

1本の釣り竿で色んな魚を釣りたいっ! 釣りをするにおいて、絶対的欠かせない、釣りの代名詞的な道具、"竿(ロッド)"。この竿選びこそが、釣りを始める上でひとつ目のハードルとなることは間違いないだろう。フィールド(海、川、湖etc)からジャンル別(堤防、船、ルアーetc)、または魚種別とひと昔前と比べるとかなり細分化され、初めて釣具店に入って竿コーナーを見ると何がなんだか…。

第8位:渓流釣り解禁直後のオススメルアー12選【時間帯別・必釣ルアーローテーション術】

「低水温に加えて、人が多いから魚にはプレッシャーがかかっているよなぁ」「放流魚もほとんど釣られてしまっているだろうし…」解禁当初の渓流釣りではこうした会話をよく耳にするものだ。確かに春先の渓流は一筋縄にはいかない。でも、初期だからこそいい魚を釣り上げてシーズン始めに勢いをつけたいところ。そこで今回は、春先の渓流魚を釣るためのルアーローテーション対策を紹介する。

第7位:初夏の超お手軽ルアーフィッシング"ライトショアジギング"のススメ【メタルジグ1個で何でも釣れる! 】

初夏こそライトショアジギングの最盛期! 初夏はソルトフィッシングの魚種が豊富で、いろんな魚が最高によく釣れるシーズン! 漁港、磯、サーフetc…多くの釣り場でも岸近くへ魚が寄ってくる時期だから、どんなルアーで釣ればよいの!? と迷うほど。あらゆる魚種を想定して釣り方を選んでいると、どんどん持っていくタックルが増えるばかり…。でもメタルジグだけあれば、それらは解決。
ほとんどの魚はショアジギング(岸からのジグの釣り)で狙えてしまう!

第6位:青木大介プロ厳選・ダウンショットリグ用ワーム8選【職業バスプロの切り札ソフトルアー公開!】

"職業バスプロ"こと青木大介氏の持つ強力な手駒のひとつが「ダウンショットリグ」。もちろん青木氏はフィネスからビッグベイトまで、状況に合わせて幅広いルアージャンルを使いこなす。しかし、"ここぞ!"という場面で切り札的に登場するもののひとつが「ダウンショットリグ」。今回は、そんなダウンショットに使うワームを紹介!

第5位:キスの刺身は"炙(あぶ)り"で食すべし【淡泊な魚の旨味を引き出すコツ|釣り師のレシピ】

初夏というか「もう夏かよ!」という日差し。キス釣りのシーズンがやって来た。キスの美味しい食べ方としてまず思い浮かぶのが「天ぷら」。確かに淡泊な白身には熱を加えて旨味を活性化した方が美味しい。でも待てよ!? であれば刺身でも熱を加えて旨味を引き出す方法があるんじゃないのか??……今回はキスの刺し身に施す調理法"炙(あぶ)り"について紹介する。

第4位:かつぅが選ぶ5月のおすすめメガバスルアーは"TKツイスター"と"ワンテンLBO"![2/2]

メガバスのプロスタッフ・かつぅ氏がその月に最高にハマるメガバスルアーを2種類紹介する新連載「かつぅのHOW TWO メガバスプラグ ~Veteran & Rookie~」がスタート!! 長く愛される名作(=Veteran)でその威力を味わうもよし。新登場ルアー(=Rookie)を早速使いこむもよし。深くて広いメガバスワールドツアーにご招待する!! 5月のおススメルアーは「TKツイスター」と「ワンテンLBO」だ!

第3位:菊元俊文直伝Q&A!ビギナーが悩みがちなリールの右巻き/左巻きの使い分け方【バス釣り初心者必読|特選一刀両断】

ルアーマガジン本誌で最長期連載を誇る「菊元俊文のQ&A一刀両断」コーナーから、選り抜きの名回答をお届けする。特に初心者にピッタリなクエスチョンを一刀両断! 今回のテーマは、ビギナーが悩みがちな「リールの右巻きと左巻きの使い分け」について。

第2位:かつぅが選ぶ5月のおすすめメガバスルアーは"TKツイスター"と"ワンテンLBO"![1/2]

第1位:伊藤巧の陸王ウイニングテク"ヘビーキャロライナリグ"仕掛けの作り方と使い方【攻守自在テクニカル、誰でもできるライトリグだと!?】

2017年の『陸王』で前人未踏の2連覇を成し遂げた伊藤巧氏。そのメインパターンとなったのが、ヘビーウエイト&ロングリーダーを使用した「ヘビーキャロライナリグ」。そのテクニックはもちろん気になるのだが、これからの時期でも通用するのか?「全然余裕です! だってライトリグですから!」。ヘビキャロがライトリグ!? 一体どういうこと??? その仕掛けの作り方と使い方について解説する。

「オレの職業バスプロ」な定番レジェンド記事認定!

今週、定番レジェンド記事に昇格したのはこちら↓

青木大介プロ厳選・ダウンショットリグ用ワーム8選【職業バスプロの切り札ソフトルアー公開!】

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.