仕事も釣り関係が多いのに休みにも釣りに行くってアホなの? ってよく言われます

いや、ワタクシの仕事は映像ですから。•̀.̫•́✧

と、いうワケで超減水の三島湖へやってきました。なんとダムに穴が開いていて危うく決壊寸前だったそうです。補修工事するべく8メートル程の減水状態。

画像: 階段なげええええ! 超手前の色が変わっている辺りが通常水位です。

階段なげええええ! 超手前の色が変わっている辺りが通常水位です。

普段は水面下の岬の様子も良くわかります。

画像: てか、リザーバーって減水するとわかるけど、ほんと何もないスネ。砂漠みたい。

てか、リザーバーって減水するとわかるけど、ほんと何もないスネ。砂漠みたい。

時間軸変わりますが、豊英筋に分かれる場所の岬。けっこう釣ってる場所ですが、なるほどこんなになってるのかー。なんで釣れるんだかわからん。ww

画像: 右の方、いつものフラットの湖底が、この水位では頭の上にあったりします。

右の方、いつものフラットの湖底が、この水位では頭の上にあったりします。

朝イチは巻物です!

いつも巻いてる気もしますが、バズベイトからワッパープロッパー190を巻いて、ちょっと「何あのヒト頭イカれてるわ!?」的な視線を浴びつつ朝マズメ時を過ごしますがノーバイト。

シャローフラットでは時折りボイルが起こるものの、小さめのオイカワに完全ロックオンしているようでルアーは完全無視。またサイズも小さい気がします。そんなこんなしているウチに雨予報だったのに超・快晴になってきました! 普段の行いが悪いのでしょうか…。 orz

そこで、もう落ち着いたものの数日で8メートルまで減水させたから、バスはビビって水深のある場所に居るハズ、という事で最下流ダムサイト付近までやってきました。

※工事のために最下流エリアはいつもより狭くなっています。黒いブイがいくつも付いたロープより下は入らないようにしてください。

三島湖では大型のバスはへら鮒やブルーギルを捕食していると思っています。なので水深があってちょい沖目にある、ヘラブナやブルーギルが寄りそうなカバーにブルシューターJr.を投げると…。

画像: ドーン! いきなり55アップゥ! ブンボカン!

ドーン! いきなり55アップゥ! ブンボカン!

ルアーは“フレッシュベイトルアーズ”魚銀皮貼りチューンのブルシューターJr.(デプス)。以前、衝撃をもってレポートしたアレです ↓

画像: こーしてみるとバスがリアルベイトと間違うのもシャーナイって出来ですね。ウエイト貼ってスローシンキングチューン。北九州四天王の一角、大ちゃんのパイセンこと、かくやんパイセンのかっくんクロー風チューンです。

こーしてみるとバスがリアルベイトと間違うのもシャーナイって出来ですね。ウエイト貼ってスローシンキングチューン。北九州四天王の一角、大ちゃんのパイセンこと、かくやんパイセンのかっくんクロー風チューンです。

そして、ほどなく…

画像: なんだ稚魚か。ヨンパチ。

なんだ稚魚か。ヨンパチ。

ええといっぱい同じような写真あるので、簡単に行きますねっ!

画像: またもや55アップゥ! 最下流の中ボスっぽい。 ブン!

またもや55アップゥ! 最下流の中ボスっぽい。 ブン!

画像: 稚魚ォ!

稚魚ォ!

画像: ぶりぶりざえもん! ボカアアン!

ぶりぶりざえもん! ボカアアン!

画像: 元気ぃ!(投げやり

元気ぃ!(投げやり

そしてマックスサイズ! とにかく太さと体高がヤバかった!! ウエイトはマシモ自己記録魚カモ。

画像: ブン、ボカアアアアアン!! 57くらい。余裕の三キロ超えかと。

ブン、ボカアアアアアン!! 57くらい。余裕の三キロ超えかと。

画像: 口もヤバイ。拳イン出来ました。一人なのでそんな写真は撮れません(涙

口もヤバイ。拳イン出来ました。一人なのでそんな写真は撮れません(涙

この日の釣果は全てブルシューターJr.(デプス)ひとつだけ! ガンタレル(ジャッカル)でも一匹でかいの掛けましたが、バラしてしまいました。orz

竿は近中距離戦でめっちゃ使いやすい名竿・ファンタジスタ アウトサイダー FOC-70H Class L(アブガルシア)戸面原でジョイクロにて獲った55アップ一本目も実はこの竿です。とにかく小技が効かせやすいのが従来のビッグベイト竿とは一線を画したロッドです。そーいや近々リニューアルされるらしいッスね。

リールはジリオンブラックLTD(DAIWA)「デカいバス釣るならストレートハンドルですよ」とは松本幸雄さんの弁。

糸はガノア アブソルートAAA 20ポンド(バリバス)松本幸雄さんも激奨するこのラインは使いやすい上に感度バツグン。しなやかで強く、もう戻れない…。高いけど…。

画像: 岩盤にぶつけたり釣りまくっても魚皮貼りルアーのコーティング剥がれません。スゲエ。

岩盤にぶつけたり釣りまくっても魚皮貼りルアーのコーティング剥がれません。スゲエ。

…ってコトで後半戦です。湖は減水して狭いので全域を見回りつつ、水深があって水質の良い場所の沖目にあるカバーを撃っていきます。キーワードは全部同じです。

画像: ごじゃっぷー

ごじゃっぷー

画像: コイツは体高と腹がめっちゃヤバかったッス!

コイツは体高と腹がめっちゃヤバかったッス!

いやー、よく釣れたッス。

画像: 自撮りでドヤッってみました!

自撮りでドヤッってみました!

いやしかし針が途中から伸び出してヒヤヒヤしましたが、修正しながらなんとか一日保ちました。さすがデプスルアーす。

そしてルアー本体は歯型だらけになったものの、やっぱりコーティング剥がれません。すげえ。

画像: カエシはペンチで潰してバーブレス化。若干あまいッスね。

カエシはペンチで潰してバーブレス化。若干あまいッスね。

ちょっと今回はたぶんルアーパワーが見事にハマり過ぎた感じで、戸面原のように自分でハメた感は少ないのが正直なトコロ。

木村建太プロも良く口にする「ルアーパワー」というキーワード。曰く「そのレイクのボスを引っ張り出す力」を宿すルアーが「ルアーパワー」を持つルアーと呼べるそうで、ブルシューターJr.の魚皮貼りチューンドのこのルアーも、今回はルアーパワーを十分に宿して居たと言えるのでは無いでしょうか?

なんたって一部のバスはロケットのようにカバーから吹っ飛んで来ましたからね…。

松本幸雄さん曰く、元々ブルシューターJr.自体が魅力的なチカラを持ったルアーなので、ソレに魚皮貼りというプラスアルファが足された事で、破壊力を発揮したのでは無いか?という事でした。「マシモさんにもわかり易く説明すると、マシモさんが好きなタレント、ええと長澤まさみちゃんでしたっけ? まさみちゃんがマシモさんの好きなコスチュームで目の前に現れるみたいなモンですよ」と。い、いやそりゃ理性も吹っ飛びますわ…。www

実は[釣りプラスプレミアムタックルコレクション]で現在好評受注中の魚皮貼りサミーも投げていたのですが、残念ながら釣果ゼロ。でもかなりいい感じの動きとキラメキでした。

このブルJr.もモチロンいつでもハマる訳ではありません。でも、かつて釣りプラスで魚皮貼りルアーをご紹介した時にも房総半島スーパーロコの一角・高橋洋一さんの言葉を引用しましたが、「いつでもハマる訳ではない。でも効果があるときはメッチャ効く」というコトを今回実証できたのでは、とは思います。

さぁ、三島湖のメインベイトに今回ハマったのはギルでしたが、アナタが行くフィールドのメインベイトは何でしょう? もしオイカワだったりしたら…。まだ持ってる人が限られるこのルアー。誰も味わったコトのないような爆発を味わせてくれるカモしれませんよ…?

と言うセールストーク半分ですが、今回の釣果はとてもマシモの実力だけではないのは確かなので、釣果は保証しませんが夢だけはたっぷりあるルアーなのは間違いありませんよね! 枠も残り少ないので気なる方はお早めにー。いやー、休日でも仕事するなー俺。(死



This article is a sponsored article by
''.