H-1グランプリ亀山ダム戦の会場でひと際気になった逸品!

オプティマバッテリーでも有名なファクトリーUさんの‥

画像: H-1グランプリ亀山ダム戦の会場でひと際気になった逸品!

「24V仕様 エレキ延長ケーブル オールコネクタ仕様セット」これがメッチャ便利だっていう噂を聞いて気になっていたのですが、ついリアクションバイト!(もちろん自腹です!)

画像: 今回はビルジポンプ用のコネクタも一緒に購入

今回はビルジポンプ用のコネクタも一緒に購入

vさっそく取り付けます

まずはエレキ側のコードをカットして、銅線を剥いて付属の端子をかぶせます。

画像1: vさっそく取り付けます

こんなカンジ。

画像2: vさっそく取り付けます

圧着ペンチでかしめます。

画像3: vさっそく取り付けます

工程は簡単ですが、工具がない方、面倒な方はファクトリーUさんでも加工受付可能だとか。後は販売店さんにご相談ください。

ビルジポンプも同様に小さな端子を装着。

画像4: vさっそく取り付けます

接続部分を念のためにハンダ付けします。通電ロスを減らしたいですしね。

画像: 三十年以上前に技術工作の授業で作ったハンダ小手が活躍ww

三十年以上前に技術工作の授業で作ったハンダ小手が活躍ww

そしてクィックコネクタにレッツコンバイン!

画像5: vさっそく取り付けます

ガシーン!

画像6: vさっそく取り付けます

ここで大事なのは、かならずこのようにコネクタの口まで端子が来るように押し込む事。カチッってなります。

画像7: vさっそく取り付けます

コネクタにプラスマイナスの表記が有りますのでコードを間違えないように気をつけましょう。

画像8: vさっそく取り付けます

ビルジポンプ用もこのように。

画像9: vさっそく取り付けます

コネクタ部分完成です。

画像10: vさっそく取り付けます

配線さえ出来てしまえば後はワンタッチ装着!

画像11: vさっそく取り付けます

セタップ! コネクタの形状はプラスマイナスで違うので、間違えてハメる事も有りません。

画像12: vさっそく取り付けます

さて、バッテリ側には…、

画像13: vさっそく取り付けます

こちらもコード&端子をセット。これで二度とあのバチッ!というショートに悩まされる事もありません!

画像14: vさっそく取り付けます

ワンタッチでセタップ!

画像15: vさっそく取り付けます

ちなみに普通の端子でも接続された機器の電源をオフにした上、プラス〜マイナスの順で繋げば基本ショートはしません。プロの方でもご存知無い方もいらっしゃたりするので念の為。マシモも昔は知らなくてバチバチやってたのがトラウマで‥orz

ちなみにこのケーブルの存在を知ったとき、「俺のエレキ24Vだからバッテリ直列につなぐときにジャンパーケーブル要るから毎回ネジ外さなきゃダメじゃん。企画倒れ乙!」とか思っていたアホマシモですが‥。

画像: もちろんそんなワケねーよ! 世間の人はマシモより賢いから!!ww

もちろんそんなワケねーよ! 世間の人はマシモより賢いから!!ww 

と、超絶便利なこのケーブル。エレキ本体のコードが短くなるのも持ち運びストレスが減ってメリットです。またコネクタによる通電ロスを気にされる方もいらっしゃるかと思いますが、この手のコネクタって昔から撮影所の超巨大照明用ライトにも使われているくらいですから、その点は信頼と安心のシステムかと思います。

画像16: vさっそく取り付けます

この便利さで一万円強! 高いか安いかはアナタの活用法次第! マシモ的にはかなり幸せコスパ高いッス! さぁ、これでまたレンタルボートライフが快適になったぜ!



This article is a sponsored article by
''.