忙しいと仕事以外の事がしたくなりますよね

昔から勉強したり本を読み出すとトイレに行きたくなっていたマシモです。

と、言うわけで前々から気になっていたランディングネットの改造に着手しました。結構、手が滑って水中に落としてしまった…。そんな人も多いのではないでしょうか。

あーらま、そんな悩みは直ぐに解決ッスよ!

画像: 用意するのはランディングネットと…

用意するのはランディングネットと…

ホームセンターで売ってる発泡スチロールのボールだけ!

画像: しんちゃーん! ってなんやねんww 今回は20mmのボールを用意。

しんちゃーん! ってなんやねんww 今回は20mmのボールを用意。

用意が出来たら、ランディングネットのフタを外してー

画像: カハラジャパンのネットはストッパーの方が外れやすかったので、コチラからアプローチ。

カハラジャパンのネットはストッパーの方が外れやすかったので、コチラからアプローチ。

ボールをインします!

画像: ほーらスッポン。お持ちのランディングネットの経に合わせたボールを買いましょう。

ほーらスッポン。お持ちのランディングネットの経に合わせたボールを買いましょう。

余ってもシャーナイので全部ぶち込みます。

画像: ぷろでだんだんキツくなって来るので、ガンガン押し込みます。

ぷろでだんだんキツくなって来るので、ガンガン押し込みます。

(最強の浮力体は発泡スチロール! まだマシモがCMのプロデューサーをしていた頃、世田谷の洗足池に人が15人くらい乗れるイカダを作って浮かべた事があります。その時にベースで使われたのも発泡スチロールブロック! シュールだけど最強!)

全部押し込んだらストッパを戻してー

画像1: 全部押し込んだらストッパを戻してー

ハイ、完成!

画像2: 全部押し込んだらストッパを戻してー

お風呂に浮かべてみても、ホラこの通り! コレでもう失くすコトはありません!

画像3: 全部押し込んだらストッパを戻してー

発泡スチロールのブロックを手でちぎって押し込んでもモチロンOK! たったコレだけですが、やっておくと安心感が違いますよー。

ちなみに今回の小ネタはバサクラでランディングネット購入時に霞の番長こと男道の高崎さんから教えて頂いたのがネタ元でした!

ってコトで山のようにそびえ立つ残務処理に戻ります! アデュー!!



This article is a sponsored article by
''.