『ルアーマガジン・リバー』最新号・2018年8月号発売! これからシーズン終盤戦に向けてトラウトの活性もフィールドの活性も最高潮に! そんな時期だからこそ、いろいろな釣りを満喫してみよう! ということで総力特集は「夏渓(ナツケイ)」と題し、源流から本流まで、さらにはキャンプを絡めた企画等、サマーフィールドの楽しみ方をご提案。この他、HONDA NEWクロスカブによる野宿釣行や九州遠征など、"旅"をテーマにした企画も満載!

『ルアーマガジン・リバー8月号』表紙は大迫力の魚野川本流イワナ

画像: 『ルアーマガジン・リバー8月号』表紙は大迫力の魚野川本流イワナ

第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

夏場はトラウトフィッシングが最も盛り上がりを見せるシーズン。特集ページでは、源流や本流、リザーバー、キャンプ、虫対策など、サマーシーズンを満喫するための企画を収録しています。

画像1: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

富山県◉岩井谷「源頭を目指す!」/本山博之&瀧川朋彦

タープ泊による2泊3日の本格源流釣行。上流を目指し、そこから登山道に抜け下山するルートにチャレンジしてきました。

画像2: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

ワイルド-1高崎店「ストリームULカタログ」/高橋雄一郎

登山やトレイルランではよく取り入れられているUL(ウルトラライト)装備。これは、体への負担を減らして、より快適に動くためのスタイル。要するに、"出来る限り荷物を軽くする"ということ。ワイルド-1高橋雄一郎さん厳選のULギアをご紹介。

画像3: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

群馬県◉利根川水系「ランドロックイワナと焚き火の夜」/福山正和&トミー敦

福山正和さんが、ゲストに海のライトゲームでは超有名人のトミー敦さんを招き、地元エリアのリザーバーキャンプ釣行に挑戦します。狙うは、大型のランドロックイワナ!

画像4: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

岐阜県◉宮川水系「かつてのイワナと戯れる夏」/吉田和展

雑誌や動画でお馴染み"よっさん"こと吉田和展さんが、かつて訪れた事のある思い出の渓を再訪。ハードストリームスの映像とルアマガリバー誌面のコラボ企画になります! 実釣取材の模様を誌面と動画でお楽しみください。

画像5: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018
画像: 岐阜県宮川水系支流『かつてのイワナと戯れる夏』 youtu.be

岐阜県宮川水系支流『かつてのイワナと戯れる夏』

youtu.be

山梨県◉日川「虫対策を極める」/船田昂志

夏と言えば〝虫〟。Foxfire日本橋高島屋の店長・船田昂志さんに、実釣を交え"虫対策"について解説してもらいました。

画像6: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

富山県の渓流「渓流のスローミノーイング術」/河井修一

ジップベイツやメジャークラフトのフィールドテスターを務める河井修一さんに、夏の渓流で活きるとっておきのテクニックを教えてもらいました。キーワードは"フォール時のわずかな間"です。

画像7: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

山梨県◉富士川水系「おじさん達のスローフィッシング」/浅野眞一郎、星合竜太郎、山田尚宏

アングラーたちが使うリールは、なつかしの「ABU・506」。クローズドフェイスリールはノスタルジーじゃない。今でも使えるどころか、手放せないアイテムなのだそう。

画像8: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

新潟県◉魚野川「盛夏の本流にメモリアルワンを求めて」/家泉好延、高橋雄一郎

夏の魚野川が面白い。大型鱒が舞う南魚沼を訪れた2人のアングラー。かつて釣り上げたメモリアルワンを思い描きながら、有望フィールドを釣り歩きます。

画像9: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

NEWファインテール「超ショートロッドで愉しむ日本の夏」/石塚 恒

メジャークラフトの最新トラウトロッド「ファインテール」。ここでは、ラインナップの中から超ショートレングスの3ft8inモデルをクローズアップ!

画像10: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

DAIWA・アルファス エア ストリームカスタム「渓流ベイトフィネスの新たな軸になるこだわりのフィネスリール」が登場!

今春デビューを果たした渓流用ベイトフィネスリール「アルファス エア ストリームカスタム」を徹底取材。完全オリジナルの31㎜径のスプールに注目!

画像11: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

岐阜県◉飛騨川水系「キャンプ場ベースの渓流釣り」/秋丸美帆、小林将大、稲垣勇一

〝みっぴ〟こと秋丸美帆さんがリバー誌面に初登場! オートキャンプと渓流釣りを楽しんでもらいました。高山の地物を使った美味なるアウトドア料理も紹介しています。

画像12: 第一特集:夏渓(ナツケイと読む)2018

新型クロスカブによる野宿釣行や九州遠征旅も収録!

山梨県◉桂川「原付野宿渓流釣行」/櫻井伸樹、関野 温

軽くて小回りの利く110㏄のバイクは、渓流の様子を見ながら釣り歩くには最高のギア。新型クロスカブに野宿道具を積み込めば、軽快な釣り旅を満喫できるはず!

画像1: 新型クロスカブによる野宿釣行や九州遠征旅も収録!

宮崎県◉五ヶ瀬川水系日之影川「九州ストリーム遠征トリップ」/伊藤 仁、太田隆太郎、小嶋 孝

九州はソルトフィッシングのイメージが強いが、実はヤマメの宝庫! 3人の遠征アングラーと、地元釣具店スタッフが、名川・五ヶ瀬川水系の釣りを満喫します。

画像2: 新型クロスカブによる野宿釣行や九州遠征旅も収録!

『ルアーマガジン2018年8月号』お求めは、全国の釣り具店・書店・WEBショップで!

◎価格:1,463円(税別) ◎発売:2018年6月21日 お求めは全国の釣り具店や書店、WEBショップで! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、Web通販サイトにてお求めください。

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.