6/16から6/22の一週間で[釣りPLUS]ではどんな記事がよく読まれたのか、人気記事ランキングをお届けする。

第10位:メガバスルアー最新重心移動システム"LBO"を本音&本気で考察〈前編〉

『ルアーマガジン・ソルト』誌の連載企画「タックル進化論」を担当するフカポン。タックルハウス社のK−TENシステムから始まったルアーの「重心移動システム」に注目し、その機構や歴史、各社の同システムのバリエーションについて取材を続けてきたが、本稿ではメガバス社の最新重心移動システム「LBO」について深掘り紹介する。スレきった釣り雑誌編集者にとっても、この仕組みはかなり衝撃だった模様。

第9位:タコエギで簡単に狙える! 船の"マダコ"ゲームを楽しむためのタックル&テクニック公開

全国に人気が高まっているタコ釣りの中でも、やはりタコの名産地と言われる兵庫県明石はブームの中心地。その明石でタコ釣りを楽しんでいる達人・和田勝也氏に、タコエギ&テンヤで狙う船のマダコ釣りのタックルとテクニックを聞いた。

第8位:"ハリーシュリンプ"の魅力を川村光大郎が解説【ボトムアップ大人気ソフトルアー|バスから見たその動きはまさにエビ!】

2017年に発売された「ブレーバー」の人気も冷めやらぬ中、川村光大郎氏率いるボトムアップからさらなるソフトルアーがリリースされた。その名も「ハリーシュリンプ」。リアルなシルエットに水中でもがくようなアクションはまさにエビそのもの! その開発の背景にあったもの、ルアーディテール、多種多様な使い方について、あらためて川村氏に話を聞いた。

第7位:ロクマル連打⁉ 6/25(月)&26(火)ルアマガモバイル艇王第2戦の舞台は琵琶湖でAbema生中継!【マイケルPブログ】

AbemaTVでのルアマガモバイル艇王生中継。SNSでも散々拡散したのでご存知の方も多いと思いますが、今年2戦目の舞台は世界一のビッグフィッシュレイク・琵琶湖です。以前上空を通過した時、その神々しさに思わず拝んでしまった。いやマジで琵琶湖は世界一の湖です。対戦アングラーはこの2人。デカバス乱打戦の予感!

第6位:高級魚キジハタ・アカハタが岸から釣れる!夏はグルーパーフィッシングデビューに最適【バスタックルでもOK】

ソルトウォータールアーの釣り物として人気上昇中なのがグルーパーフィッシング。その対象魚はキジハタやアカハタなどのハタの仲間だ。根魚を愛する"ポッキン"こと辻本ナツ雄さんがグルーパー釣りのハウツーを公開してくれた。

第5位:簡単&時短!お気に入りルアーにシェル貼りカスタムを施してみた!【やまけんの“釣りに行ってもいい?”#04】

「釣れる魚はなんでも釣る。釣れない魚はなんとかして釣る」をモットーに、魚を求めて東西南北どこへでも行きまくる道具道楽アングラー"やまけん"氏による連載企画「無節操アングラーやまけんの"釣りに行ってもいい?"」。今回は、市販のシェルシートとUV硬化樹脂を使ってルアーにシェル貼りを施す方法を紹介する。

第4位:ホームセンターをフル活用してレンタルボート用"ラダー"を自作してみた#1/2:材料編【費用は3,000円以下|釣り人的DIY】

レンタルボートの後部に取り付けて船体の安定感を高める「ボートラダー」。ボート前方の動力部・フットコンエレキを使って操船する際に、ボート後方が慣性で横滑りするのを防ぐという、重要な役割を担っている。だがこのアイテム、市販品を購入するとなるとそれなりにお値段が張るもの。そこでDIY好きのルアマガファミリー・フクシゲが、"お安くお手軽"な自作に挑戦! まずは材料準備編からご紹介する。

第3位:メガバスルアー最新重心移動システム"LBO"を本音&本気で考察〈後編〉【"LBO Ⅱ"という完成形】

『ルアーマガジン・ソルト』誌の連載企画「タックル進化論」を担当するフカポン。タックルハウス社のK−TENシステムから始まったルアーの「重心移動システム」に注目し、その機構や歴史、各社の同システムのバリエーションについて取材を続けてきたが、本稿ではメガバス社の最新重心移動システム「LBO」について深掘り。後編ではLBOの小型化を実現した「LBO II」について解説する。

第2位:ホームセンターをフル活用してレンタルボート用"ラダー"を自作してみた#2/2:作り方編【費用は3,000円以下|釣り人的DIY】

レンタルボートの後部に取り付けて船体の安定感を高める「ボートラダー」。ボート前方の動力部・フットコンエレキを使って操船する際に、ボート後方が慣性で横滑りするのを防ぐという、重要な役割を担っている。だがこのアイテム、市販品を購入するとなるとそれなりにお値段が張るもの。そこでDIY好きのルアマガファミリー・フクシゲが、"お安くお手軽"な自作に挑戦! 材料編に続いて、作り方編をご紹介する。

第1位:ランディングネットを不沈艦仕様にしてみたよ!【マシモPブログ】

忙しいと仕事以外の事がしたくなりますよね。と、言うわけで前々から気になっていたランディングネットの改造に着手しました。結構、手が滑って水中に落としてしまった…。そんな人も多いのではないでしょうか。あーらま、そんな悩みは直ぐに解決ッスよ!用意するのはランディングネットと…
ホームセンターで売ってる発泡スチロールのボールだけ!

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.