全国的に猛烈な暑さに見舞われているが、釣りPLUS読者の皆さんも釣りをする際はくれぐれも熱中症にご注意を。さて、7/28〜8/3週に[釣りPLUS]ではどんな記事がよく読まれたのか、人気記事ランキングをお届けする。今週は8月のバスの釣り方解説に人気が集まった。

第10位:話題のO.S.P 新作ワーム"HP 3Dワッキー"並木敏成流オススメリグ5選【カバーシェード攻略の切り札】

これからの時季に本命となるカバーシェードの攻略で活躍すること間違いナシのワーム「HP 3Dワッキー」がO.S.Pより登場!! 同社代表にして世界を股にかけるプロアングラー・並木敏成氏に、今夏最注目アイテムのオススメリグ、そのベストセッティングを紹介してもらった。

第9位:人気沸騰中のハタ釣り/グルーパーゲーム最新テクニック!【伊藤雄大が明かすおすすめワーム&タックル】

近年、人気に拍車が掛かってきた、ルアーでハタ系を狙うグルーパーゲーム。ゲーム性の高さ、強烈なファイト、そして食べても美味しいと多彩な魅力に溢れる、最注目のソルトルアーターゲットの一つだ。最新のハタ釣りテクニックを、エキスパートアングラー・伊藤雄大氏に聞いた。

第8位:8月のバスは"シグレ"で釣れ!【かつぅのHOW TWO メガバスプラグ〜Veteran編〜】

メガバスのプロスタッフ・かつぅ氏が、月ごとに最高にハマるメガバスルアーを2アイテム紹介する連載「かつぅのHOW TWO メガバスプラグ ~Veteran & Rookie~」!! 長く愛される名作(=Veteran)でその威力を味わうもよし。新登場ルアー(=Rookie)を早速使い込むもよし。今月も深くて広いメガバスワールドツアーにご招待!! 8月のおススメルアーは「シグレ」と「ポニーガボット」。 まずはVeteranルアー「シグレ」を紹介しよう。

第7位:バラのリールパーツから組み上げる"カスタムアンバサダー"の楽しみ方〈後編〉【販売部イマムラ自腹レポ|釣り人的DIY】

ライギョ釣りにおいて、ABUリール「アンバサダー」を好んで使う人たちがいる。特に40年以上前の「オールドアブ」と呼ばれるリールにこだわる人が多い。シンプルながらそのスタイリッシュなフォルムは、オトナの心を奪ってしまう。最近では、それらのパーツを組み合わせ、一個のリールを作り上げて楽しむ人も増えてきた。販売部"ライギョマン"イマムラより、自腹で集めたパーツを元にリールを組み上げてみたレポートをお届けする。その後編。

第6位:Yahoo!ニュース配信開始記念!ニュースアプリでも"釣りPLUS"が読める【マイケルPブログ】

第5位:"アジング"基本のキホンは1.5gジグヘッド+ワーム2種でOK!?【初心者も手軽に楽しみたい】

美味しい大衆魚の代表格アジをルアーで狙う「アジング」は、その奥深さから年々釣法が進化。「でも、そもそもは誰でも手軽に楽しめるライトゲームとして始まったわけですわ」と言う、ビギナーの救世主“ヒロセ☆マン”こと広瀬逹樹氏が海釣り入門者をアジングの世界へと誘う。

第4位:お魚好きの皆さま、水槽に飼って癒やされてみません?【釣った、採った!で魚を飼ったり育てたり。アクアリウム奮闘記#01】

キンギョ、メダカ、カメ、ザリガニ…。[釣りPLUS]読者の皆様には、子供の頃に一度は小さな水槽に様々な水生生物を飼って愛でた経験のある方も多いことだろう。その頃の"少年の心"を持ったままヒトがオトナになると、「アクアリウム」という趣味にたどり着くらしいが、我らがルアマガファミリー・フカポンについては、その趣味に目覚めてわずか1年間で水槽を10本もこしらえてしまうという、いささか常軌を逸したハマりっぷり。世の中でもなかなか見られない事例につき、[釣りPLUS]連載という形でその実態をお届けしたい。

第3位:人気の羽根モノ系ルアー"NZクローラー"松本幸雄考案スペシャルカラー限定発売【7/30(月)12時受付開始】[PTC#021]

扁平ボディの存在感と一対のウイングによる強烈な水押しで数多くのビッグフィッシュをもたらしているデプスの「NZクローラー」。今回の[釣りPLUSプレミアムタックルコレクション]では、ジャンルの壁を越えてマルチに活躍する凄腕アングラー・松本幸雄氏の考案した爆釣カラーをお届けする。

第2位:食わせの能力を高めたネコリグ特化型ワームルアー"HP 3Dワッキー"[O.S.P]【新製品タックル情報】

リブとテーパーを排したストレートなツインテールによる、ボディ部分とテール部分で異なる3次元的なアクション。吟味した素材により発生する、バスが好む身震い波動。セットに便利なフックセットマーカー。「HP 3Dワッキー」は、一般的なストレートとは一線を画す、ネコリグ専用に特化した能力とアイデアが詰め込まれたアイテムだ。

第1位:8月のバス釣りは"スロー&タイト"で誘え!【折金一樹のシーズナルパターン解説】

猛烈な暑さが続く8月、バス釣りにはどんな工夫が必要だろうか? 千葉県亀山湖のスーパーロコアングラー・"オリキン"こと折金一樹氏が、8月のバス釣りシーズナルパターンを解説する。

今週の定番レジェンド認定記事はこちら!

"アジング"基本のキホンは1.5gジグヘッド+ワーム2種でOK!?【初心者も手軽に楽しみたい】

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.