『ルアーマガジン2018年10月号』取材中に撮ったけど、記事にもSNSにも使わない、そんな写真を[釣りPLUS]でアップ。気楽に眺めていただければと。

「プロショップランカー」みたいなお店、日本でも作ってくださいw

まずは今回お世話になりまくったソウル郊外の「プロショップランカー」。お店の前には全長26メートルのテストプール。1階奥にはカフェ、手前はセミナー会場。販売スペースは地下1階。取り扱いアイテムはほぼ日本製。バス・ソルト・管釣りと在庫量もすごかった。ガンクラフト平岩さんとサタン島田さんのセミナーも大盛況。キムさん通訳お疲れ様でした。

画像1: 「プロショップランカー」みたいなお店、日本でも作ってくださいw
画像2: 「プロショップランカー」みたいなお店、日本でも作ってくださいw
画像3: 「プロショップランカー」みたいなお店、日本でも作ってくださいw
画像4: 「プロショップランカー」みたいなお店、日本でも作ってくださいw

釣り場と魚のクオリティはかなりのもの。近いうちにまた行きたい。

韓国のバス釣りは岸釣りが盛んだけど、写真のようにボートをレンタルできる湖も。平岩さんと島田さんのロケは韓国で一番有名なアンドン湖で。コンクリート製のしっかりしたスロープがあって、100艇以上のボートが参加する大会が毎週のように行なわれているとか。

画像1: 釣り場と魚のクオリティはかなりのもの。近いうちにまた行きたい。
画像2: 釣り場と魚のクオリティはかなりのもの。近いうちにまた行きたい。
画像3: 釣り場と魚のクオリティはかなりのもの。近いうちにまた行きたい。

あとは食事。全体的に辛いけど美味かった。

美味いもの大好きですが、用意されたもの食べてるだけなので料理について詳細は省きます(笑)。

続いては、縦に撮った写真を。

飲み物。5年ほど前は朝鮮人参がまるごと入った栄養ドリンクがそこら中で売ってたけど、今回は遭遇できず残念。

さてさて肝心の釣りの内容については、発売中の『ルアーマガジン2018年10月号』でじっくりご覧ください(笑)↓

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.