星の数ほどある釣具の中から、話題のアイテムをピックアップして紹介!! 生まれた経緯から使い方、時には[釣りプラス]だからこそ読めるマル秘話まで、まるっとお届け! 今回は人気ブランド「スラッシュ」が送り出したシーバス用ワーム「デビルテール」について、テスターの中越竜也氏にインタビュー。その特徴について詳しく聞いた。

デビルテール[スラッシュ]

[●サイズ:3.4インチ●カラー:全10色●入り数:6本●価格:650円(税抜き)]

洗練されたデザインと確かな機能。そしてコストパフォーマンスに優れたタックルが人気のスラッシュから、2018年に登場したソルト用ワーム。

それがこの「デビルテール」

一体何がどうすごいのか・・・?

スラッシュのテスター・中越竜也さんに詳しく聞いたので紹介しよう。

中越竜也(なかごし・たつや)/スラッシュのテスターにして、デビルテールの生みの親ともいえる存在。京都北部のソルトゲームを得意としているほか、若狭から山陰、但馬地方の釣りにも詳しい実力派。京都府にある「アングラーズ福知山店」の店長でもある。

シーバスを簡単に釣らせてくれる"救世主"。その尻尾は"悪魔"…!?

中越さん「デビルテール。これは自分が長年温めてきた、シーバスが釣れるワームの構想を形にしたものなんです」。

ーー実際に使われてどうですか?。

中越さん「釣れすぎちゃうんで最近は封印気味です(笑)。ハードルアーで釣れないとき、デビルテールを投げるじゃないですか? そうするとポロっと釣れてしまう」

ーーなるほど。 怖いくらい釣れるというやつですね! 名前の通り"悪魔のしっぽ"がやはり効いているんでしょうか?

中越さん「もちろんです!! 名前の由来ともなっている、"悪魔のしっぽ"のような、逆三角形の突起がついたテール。これがこのワームのポイントのひとつですからね」

画像: シーバスを簡単に釣らせてくれる"救世主"。その尻尾は"悪魔"…!?

中越さん「シーバス用ワームでポピュラーなのは、エッジの効いたストレートボディにピンテールがついたタイプ。ですがこれでは、アクションが微波動過ぎるのではないかなと感じていたんです」

ーー確かにピンテールだと、ナチュラルなのは分かりますが、あまりにも動いていない感じがしてしまいますね。

中越さん「ピンテールのナチュラルさを残しつつも少しだけアピール力を高めたい。そこで行き着いたのがこの形だったわけです。このパーツが付いたことによって、わずかな水流では動きませんが、一度アクションし始めると、ピンテールワームでは出せない波動を発生させられるんです」

ーーピンテールワームのようなナチュラルさを持ちつつも、今まで以上にシーバスを引き付けることができるんですね。

食わせでもリアクションでも働く”丸のみウェスト”

中越さん「さらにポイントがもうひとつ。テールの付け根に"くびれ"を設けてあるんです」

画像1: 食わせでもリアクションでも働く”丸のみウェスト”

ーーこれにはどういった働きがあるんですか?

中越さん「まずは活性の低い魚に対する食わせ。シーバスって、活性が低いとルアーを吸い込むようにバイトするんです。その時、このくびれがあると、ボディが折りたたまれて吸い込まれやすいんですよ」

画像2: 食わせでもリアクションでも働く”丸のみウェスト”

ーーなるほど! それで"丸のみウェスト"なんですね!! 食わせやすいだけじゃなく、この食い方ならバラシも減りそうです!

中越さん「さらにアクション面でも働いています。例えば、リトリーブ中にヨレなどの流れの変化に入ると、テールが予想外の動きをする。これでリアクション的に口を使わせられるんです。また、ワインドでも使えるのですが、左右にダートする際にテールがワンテンポ遅れて動くことでもアピールしてくれるんですよ」

おススメはもちろんジグヘッドリグ!

ーーデビルテールのおススメの使い方はありますか?

画像: おススメはもちろんジグヘッドリグ!

中越さん「やっぱりジグヘッドリグがおススメですね。重さは5~7g程度が基準。フラットフィッシュ狙いではロングキャストを考えて10gも使うこともあります。リトリーブスピードはバイブレーションをゆっくり泳がせるぐらいの気持ちで巻くといいと思います」

ーーシーバス狙いのジグヘッドとしては、速めのリーリングスピードですね。なぜなのでしょうか?

中越さん「シーバスでワームを使っている人を見ると、深いレンジを巻いている人が多い。ですが、泳ぎ回っているシーバスを狙うのならもっと浅いレンジを狙うべきです。そういった意図があって、軽めのウェイトと早めのリトリーブをおススメしているんですよ」

ーー速めのリトリーブなら、わずかな水流では動きにくいデビルテールの性質とも相性がいいですね。

中越さん「他にも、上下さかさまにつけてワインドでタチウオを狙ったり、テキサスリグでロックフィッシュを狙うこともできます。ここだけの話、海の魚ならだいたいOK(笑)」

カラーは全部で10色!

画像: 全10カラー:カタクチイワシ、マイワシ、ピンクシルバー、キビナゴ、キビナゴネオン、オールグロー、ホワイトシルバー、クリアーシルバー、オレンジ、クリアーチャート

全10カラー:カタクチイワシ、マイワシ、ピンクシルバー、キビナゴ、キビナゴネオン、オールグロー、ホワイトシルバー、クリアーシルバー、オレンジ、クリアーチャート

ーーこの中で、イチ押しの色はありますか?

中越さん「どれも釣れるんで、コレといったものは選べないですね(笑)。強いて傾向をあげるなら…、

シーバス狙いの定番→カタクチイワシ、マイワシ、キビナゴ、キビナゴネオン

ロックフィッシュ・フラットフィッシュ→ピンクシルバー、ホワイトシルバー、オレンジ

濁りに困ったときは→チャート

タチウオを狙うなら→オールグロー

秘密兵器→クリアシルバー

といった具合でしょうかね(笑)」

初心者にも上級者にも優しい悪魔

中越さん「ジグヘッドリグにつければ巻くだけで簡単にシーバスが釣れる一方、リグ次第では様々な状況や、魚に対応できる懐の広いワームとして、上級者の方にも納得してもらえる。デビルテールはそんな具合に仕上がっています。ぜひ、皆様にも使っていただきたいですね!!」

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.