一体誰がこんな出来事を予想しただろう? さまざまな魚種に対して独自のルアーを創り上げる「ザクトクラフト」と、酒盗メーカー「しいの食品」によるコラボでルアーが生まれてしまうなんて! その名も「酒盗パワーシリーズ」。ワームのニオイにはうるさいルアマガ編集部フルカワがその効果を検証すべく、各地での実釣を試みた!

最近気になるニオイが・・・(※体臭ではない)

釣りプラスをご覧の皆さま、こんばにちは! ご無沙汰してます、フルカワです。

最近、気になるニオイがございまして・・・。え、加齢臭?違いますよ!だってピチピチの30歳だもの!クンクン・・・(脇のニオイを確かめる)。

…っていう冗談はさておき、ちまたでウワサの「酒盗ワーム」! こちらがかなりの"爆臭"だということで、ニオイにうるさい自分がその実力を確かめにいってきたでござる!

酒盗ワームは現在2種類×各2サイズ展開!

レイヤーミノー[ザクトクラフト]

ミノーシェイプのピンテールワーム。リブを設けたテール部がわずかな水流を掴んでバイブレーションし、ロッドワークではジョイントを起点にボディがアクションするため、いかなる状態でも生命感を失うことがない。

レイヤーミノー[ザクトクラフト]
●全長:2.5インチ、3.5インチ ●カラー:全8色 ●入り数:5本 ●価格:860円(税抜き)

画像: レイヤーミノー[ザクトクラフト]



ウェイク・ビー[ザクトクラフト]

深めのリブを搭載し、膨らみを持たせたテールはアングラーのロッドワークに対して敏感に反応。キビキビとしたハイピッチなアクションを演出することが可能になっている。

ウェイク・ビー[ザクトクラフト]
●全長:2.5インチ、3.5インチ ●カラー:全8色●入り数:5本●価格:860円(税抜き)

画像1: ウェイク・ビー[ザクトクラフト]

写真は2.5インチと3.5インチのサイズ比較。長さこそわずかな差だが、ボリューム感が大きく変わる。ベイトのサイズや、バイトの出方でサイズを選ぼう。

画像2: ウェイク・ビー[ザクトクラフト]

フォーミュラのアドバンテージを実戦にも投入できるよう、エコタックル認定商品。JBトーナメントでの使用も可能だ。

画像3: ウェイク・ビー[ザクトクラフト]

試しにノーシンカー状態で水に浸けてみると、ほぼサスペンドに近い状態で沈下。比重が重すぎないため、ダウンショットやスプリットショットでの漂わせがかなり効果的。ワーム自体が沈み過ぎないことで結果的にアクションレスポンスも良くなっている。

画像4: ウェイク・ビー[ザクトクラフト]

このニオイ、確かにくちゃい・・・

ニオイのテイストについては、やっぱり酒盗なだけに塩辛的な臭さにサナギ粉がイイ感じで練り餌っぽいニオイがミックスされ、個人的には正直不快ですwww
試しに敏腕広告営業担当O木パイセンにニオイを嗅がせてみました。

画像: あまりの爆臭で素手で触りたくないレベル。割り箸でなんとなくリギングw

あまりの爆臭で素手で触りたくないレベル。割り箸でなんとなくリギングw

ぶっちゃけ、ニオイに任せたイロモノじゃねーのー?と半信半疑だったワタクシ。

その第一投でした・・・

画像: 釣果最速記録更新!

釣果最速記録更新!

桟橋から出てすぐ、目的の場所へ向かいながら慣らしのキャストをしたらまさかのバイト! サイズこそアジ!なバスでしたが、あまりのあっけなさに半笑いですww

実際に使ってみるとどちらのワームもほどほどに張りがあって使いやすく、リブが水をしっかり掴むのでアクションがすごくイイ!!

こりゃ釣れるぞ!ってことで、他の部員にも使わせてみたり、他魚も狙ってみることにしましたw

全員安打! スモールもキャットもマジ釣れ!

画像: O木はヤングバスを乱獲し、

O木はヤングバスを乱獲し、

画像: 僕が「酒盗ワーム釣れるよー!」と編集部で騒いでたら、勝手に拝借していたフクシゲもナイスバスを捕獲。

僕が「酒盗ワーム釣れるよー!」と編集部で騒いでたら、勝手に拝借していたフクシゲもナイスバスを捕獲。

画像: 46センチのビッグバスが迷いなく食いつき、

46センチのビッグバスが迷いなく食いつき、

画像: 桧原湖ではスモールの反応も良好!

桧原湖ではスモールの反応も良好!

画像: カスミのキャットに関しては1キャスト1フィッシュレベルwwww

カスミのキャットに関しては1キャスト1フィッシュレベルwwww

とにかく釣れ釣れでございました! スモールとキャットに関しては、置き竿で食ってくるwww もはや、ルアーの領域を越えてほぼほぼエサなレベルです。マジメな話、JBの試合でウイニングルアーになる日も遠くないのでは?と思ってしまいました。

4インチ、5インチサイズの展開も個人的には希望です。

やっぱり、ニオイってすごい!!!!

〈補足〉酒盗の原料には魚の内臓が使われていて、それを長期間に及ぶ塩蔵熟成で自然発酵させ、うま味を増幅させているらしい。そのうま味が生物が必要とするアミノ酸で、それに魚を興奮させる作用を持つLアルギニン酸を加え、成分を濃縮させたものが今回の酒盗フォーミュラだと。要は超ハイクオリティなフォーミュラってわけですよ!

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.