水温の低下と比例するように魚の活性は最高潮に。さらにベイトが沿岸に群がるようになれば、ショア青物の釣りはハイシーズンに突入する。そんなシチュエーションに適した新作ロッドとして、ルアマガソルト編集部では「ミュートス ソニオ 100M」(ゼナック)に注目した。10g台のシーバスルアーから100gのキャスティングジグまで幅広いルアーを使うことができるうえ、大物への対応力も持ち併わせているとのこと。そこで、製品開発に大きく携わったエキスパート・本林将彦氏に実釣取材同行してもらいつつ、気になるこの竿の性能について尋ねた。
画像: 取材協力:本林将彦(もとばやし・まさひこ)/兵庫県姫路市在住。幼少よりあらゆる釣りに精通し、岸から青物を狙う釣りを模索してきたジャンルのパイオニア的存在だ。スキーやサーフィンも愛する遊びの達人でもある。ミュートスソニオはもちろん、長年の経験をゼナックのロッド製作にフィードバックし続けてきた。

取材協力:本林将彦(もとばやし・まさひこ)/兵庫県姫路市在住。幼少よりあらゆる釣りに精通し、岸から青物を狙う釣りを模索してきたジャンルのパイオニア的存在だ。スキーやサーフィンも愛する遊びの達人でもある。ミュートスソニオはもちろん、長年の経験をゼナックのロッド製作にフィードバックし続けてきた。



シーバスルアーで青物がとれるロックショアロッド

聞けば、本格的なロックショア用ルアーはもちろん、わずか10gのシーバスミノーもキャストできるバットと、しっかり操れるティップを持ち合わせているという…。なんという贅沢な性能。そんな気になるロックショアロッド「ミュートス ソニオ 100M」について、ゼナックのテスターにして、ロッド開発にも大きく携わるエキスパートアングラー・本林将彦さんに解説を願った。

「近年、人的プレッシャーなどの影響で、ロックショアや堤防などで、小さいシーバス用ルアーが効果的な場面が多くなってきました。シーバス用ロッドでは青物は取り込めないし、ロックショア用ロッドでは小さいルアーは扱えない。そんな悩みを解決するためにこのロッドが生まれました。シーバスルアーが使えて、かつ青物が掛かってもしっかり獲れる。そんなロッドが前からほしかったんです」

シーバスアングラーにとっては、いつも使っているシーバスルアーを快適に使える青物ロッドが欲しいし、青物派にとっては最近のシーバスルアーサイズのいろいろなモデルを使ってみたい。その両方のニーズを叶えてくれるロッドなのだそうだ。

「ただ単に繊細なティップと強いバットを繋げただけでは、いいロッドとは言えません。ファストテーパーだけじゃよく飛ばないし、バットが曲がりすぎてもダメ。ティップとベリー、バットの強さ加減のバランスが難しかったですね。ゼナックのロッド技術で、ようやく自分が夢だと思っていたブランクができ上がりました」

画像: 実釣が行われたのは、淡路島の沼島。渡船で沖磯や沖堤防に渡って青物ゲームが楽しめるフィールドだ。本林さんも大好きなエリアだが、この日はどうも海の状況がよろしくない。

実釣が行われたのは、淡路島の沼島。渡船で沖磯や沖堤防に渡って青物ゲームが楽しめるフィールドだ。本林さんも大好きなエリアだが、この日はどうも海の状況がよろしくない。

画像: ダイビングペンシルやシーバスミノー、メタルバイブ、ジグミノー、スロージグなど、あらゆるルアーを次々とローテーションしていき、海の状況を探る。キャッチしたのはハマチサイズの1尾のみであったが、ミュートス・ソニオの個性を知るには充分な釣行であった。本林さんが見せたかったのは、大小様々なルアーを使うことで広がるロックショアゲームの可能性だと言う。

ダイビングペンシルやシーバスミノー、メタルバイブ、ジグミノー、スロージグなど、あらゆるルアーを次々とローテーションしていき、海の状況を探る。キャッチしたのはハマチサイズの1尾のみであったが、ミュートス・ソニオの個性を知るには充分な釣行であった。本林さんが見せたかったのは、大小様々なルアーを使うことで広がるロックショアゲームの可能性だと言う。

PEの特徴を考えて編み出された理想的なガイドシステム「RGガイドシステム」

ミュートス・ソニオの大きな特徴が「RGガイドシステム」という独自のガイドセッティングだ。小口径で高足のローライダーガイドをバットに使い、ここでリールから放たれるラインのループを一気に収束。そこからは密に配置されたKガイドでラインの直進性を増幅させる。ガイドが多いため、ラインが風でふけにくく、糸絡みの心配も極めて少ないという。

「ナイロンラインが主流だった時代は、ガイドは大きくて少ないほうがよく飛ぶというのが基本的な考え方でした。ナイロンラインはライン自体の質量が大きいので、直進性が高いんです。しかし、PEラインが主流になってくると、従来のガイドセッティングでは不具合も出てくる。PEは比重が軽いので、横風に煽られやすいんです。それを抑えるために、ガイドを小さく、密に配置したのがRGガイドシステムです。

RGガイドの場合、キャスト時はラインの直進性が高まっているので、ラインはガイドに触れたり触れなかったりという状態に。ラインが左右にふけないから、ガイドの抵抗によるパワーロスはむしろ少ないんです。キャスティング音も静かだし、ラインがガイドやロッドに当たるバタバタ音がしません。動画のスロー再生で研究したのですが、わずかな風でもPEラインは風に流されてしまう。それがガイドへの巻きつきの原因にもなるんですが、RGならそれを抑えられるんです」

画像: 「RGガイドシステム」の特徴〈その1〉通常のガイド設定ではリールから出るライン放出の幅が大きい。RGでは、ガイド3つ分で一気にライン放出を収束、あとは同径ガイドを多く設置することでラインの直進性を増し、ラインをブレさせない。ラインに直進性があるため、ガイドの抵抗で飛距離が落ちることは少なくなる。

「RGガイドシステム」の特徴〈その1〉通常のガイド設定ではリールから出るライン放出の幅が大きい。RGでは、ガイド3つ分で一気にライン放出を収束、あとは同径ガイドを多く設置することでラインの直進性を増し、ラインをブレさせない。ラインに直進性があるため、ガイドの抵抗で飛距離が落ちることは少なくなる。

画像: 「RGガイドシステム」の特徴〈その2〉ラインの出ているループの幅が大きいと横風を受ける面積も上がる。だからループはすぐに収縮させるのがRG設計。ガイドが多いので、ラインがふける部分も減り、ラインは直進性が保たれるので、風を受ける状態でも飛距離が安定し、さらに糸絡みといったトラブルも減少する。

「RGガイドシステム」の特徴〈その2〉ラインの出ているループの幅が大きいと横風を受ける面積も上がる。だからループはすぐに収縮させるのがRG設計。ガイドが多いので、ラインがふける部分も減り、ラインは直進性が保たれるので、風を受ける状態でも飛距離が安定し、さらに糸絡みといったトラブルも減少する。

画像: 「RGモデルは価格が高めですし、RG自体がスタイルに合わない人もいるかもしれません。なので、ブランクはそのままにKガイドを使用したオーソドックスなモデルもラインナップしています。Kガイドで物足りなくなってきたら、ぜひRGガイドを試してみてください」

「RGモデルは価格が高めですし、RG自体がスタイルに合わない人もいるかもしれません。なので、ブランクはそのままにKガイドを使用したオーソドックスなモデルもラインナップしています。Kガイドで物足りなくなってきたら、ぜひRGガイドを試してみてください」



RGガイドとKガイド、2パターンのガイドモデルをラインナップ

ミュートス ソニオ 100Mは、ブランクやグリップ設計はそのままに、ガイドが異なる2種類をラインナップ。「RGガイドモデル」はゼナックの提唱するガイドシステムをとことん味わえる設計。もう一方の「Kガイドモデル」は、多くのアングラーに向けたオールラウンドに使いやすい基本モデルだ。

DEFI MUTHOS Sonio 100M 「RGガイドモデル」

画像: DEFI MUTHOS Sonio 100M 「RGガイドモデル」

ミュートス ソニオ 100M RGガイドモデル[ゼナック]
●全長:10ft
●継ぎ数:2
●仕舞寸法:158cm
●適合ルアーウエイト:ジグ10~100g、プラグ10~70g
●適合ライン:1~3号
●自重:288g
●価格:5万7000円(税抜)

DEFI MUTHOS Sonio 100M 「Kガイドモデル」

画像: DEFI MUTHOS Sonio 100M 「Kガイドモデル」

ミュートス ソニオ 100M Kガイドモデル[ゼナック]
●全長:10ft
●継ぎ数:2
●仕舞寸法:158cm
●適合ルアーウエイト:ジグ10~100g、プラグ10~70g
●適合ライン:1~3号
●自重:283g
●価格:4万7000円(税抜)

青物+αとの出会いを広げてくれる存在

画像: こちらはイタリア在住のゼナックフィールドスタッフ・Giuseppeが、2018年7月に地中海にて釣り上げたモンスター。なんと37kgのカンパチ。しなやかさとトルクを併せ持つ、ミュートス・ソニオの実力が証明された釣果と言えるだろう。

こちらはイタリア在住のゼナックフィールドスタッフ・Giuseppeが、2018年7月に地中海にて釣り上げたモンスター。なんと37kgのカンパチ。しなやかさとトルクを併せ持つ、ミュートス・ソニオの実力が証明された釣果と言えるだろう。

いろいろなバリエーションのルアーでいろいろな魚が狙える!

「今までシーバスしかやってこなかった人でもすんなり使いこなせる竿になっているし、一方で、青物をやっている人には、さらに小さくて軽い、いろいろなバリエーションのルアーが使えるようになる。小さいルアーを投げると、こんなにいたんだってくらい釣れることもありますしね」

「小さいルアーを使うことで、マダイや尺メバルやハタなどいろんな魚が狙えるようになる。それで、ロックショアというカテゴリーがもっと発展してくればいいなと思っています。このロッドが、たくさんの人にとって青物との出会いのきっかけになってくれればと嬉しいです」

画像: 10g台のシーバスルアー、60~70gのオフショア用ダイビングペンシル、100gのキャスティングジグまで、使用できるルアーはとても多い。これだけのルアーをロッド1本で使用できるので、いろいろなシチュエーションで活躍するのだ。

10g台のシーバスルアー、60~70gのオフショア用ダイビングペンシル、100gのキャスティングジグまで、使用できるルアーはとても多い。これだけのルアーをロッド1本で使用できるので、いろいろなシチュエーションで活躍するのだ。

画像: 【釣行取材で使用したタックル】●ロッド:デフィ・ミュートス・ソニオ100M(ゼナック)●リール:セルテートHD4000SH(DAIWA)●ライン:ガリスウルトラキャストマン・フルドラグ WX8GP-D 3号(よつあみ)●リーダー:ガリスFCアブソーバー 50lb(よつあみ)

【釣行取材で使用したタックル】●ロッド:デフィ・ミュートス・ソニオ100M(ゼナック)●リール:セルテートHD4000SH(DAIWA)●ライン:ガリスウルトラキャストマン・フルドラグ WX8GP-D 3号(よつあみ)●リーダー:ガリスFCアブソーバー 50lb(よつあみ)

『ルアーマガジン・ソルト11月号』のお求めは、全国の釣具店・書店・WEBショップで!

『ルアーマガジン・ソルト2018年11月号』では、「ショア青物攻略の"カギ"教えます」にて、本林さんの淡路島釣行取材の様子をレポート。また川上桂司さんによるショアプラッギングの楽しみ方も掲載。青物派はお見逃しなく。

ルアーマガジンソルトは毎月21日発売です!(※一部地域除く) 価格は1,080円(税込)。 お求めは全国の釣具店や書店で! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、Amazon等のWeb通販サイトをご利用ください。


[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.