トルクフルな引きが楽しめるハタゲームは、夏から秋にかけて楽しみたい釣りものの大看板。ガツンと喰った後の、一気に根に潜る激しさはやみつきですよ! 今回、そんなハタの二大巨塔であるアカハタとオオモンハタについて、ゼスタの奥津剛さんに釣り方を聞いてみた!


画像: 奥津剛(おくつ・たけし) ゼスタ随一の情報量を持つタックルのトータルプロデューサー。海洋学で培った知識を製品開発にフィードバックする。

奥津剛(おくつ・たけし) ゼスタ随一の情報量を持つタックルのトータルプロデューサー。海洋学で培った知識を製品開発にフィードバックする。

奥津「アカハタは根などの障害物周りに潜む根魚で、オオモンハタは中層を泳ぐ回遊性の高い魚です。どちらも食味も抜群な上、強烈な引きが楽しめますよ!」

アカハタもオオモンハタも根や岩が点在する磯や、磯場から続くゴロタ、フィーディングで入ってくる場合は港内などで狙うことが可能だ。

アカハタの狙い方=ボトムバンプ

奥津「基本的にはボトムを取ってから上げ、そのラインスラックを取る程度でガツンと喰ってきます。移動距離を短くし、跳ね上げ、小刻みなボトムバンプで誘うというわけです。ここぞという場面では、シェイキングで誘ったりもします」

画像1: アカハタの狙い方=ボトムバンプ

奥津「メインはジグヘッドリグで、ワームはシャッドテールとグラブとホッグの3タイプを使い分け。ジグヘッドリグより速いテンポで探れ、強風でも安定するメタルジグも必携です」

画像2: アカハタの狙い方=ボトムバンプ


オオモンハタの狙い方=スイミング

奥津ボトムへ落とした後、中層までリトリーブであげて、それからフォール、ボトムに付いたらまた巻いて…の繰り返し。要するに、スイミングで喰わせます。予想以上に上まで追って喰ってくることが多いです」

画像1: オオモンハタの狙い方=スイミング

奥津「こちらも同じくメインはジグヘッドリグ。ワームは、高い波動で誘うアピール系のシャッドテールが基本。ブレードなども効果的ですよ!」

画像2: オオモンハタの狙い方=スイミング

ファイトの楽しさがハタの醍醐味!
パワフルなロッドで攻める!

奥津「喰った瞬間に一気に根に潜り込もうとする、その引きがたまらない(笑)。ロッドセレクトとしては、ファーストアタックで力負けしない、パワーのあるファストテーパーのロッドがオススメです」

ブラックスターHARD(ゼスタ)

画像: 【ベイトモデル】●全長:7ft2in、8ft5inの全2種 ●自重:127g、132g ●適合ルアー:5〜35g、7〜35g 【スピニングモデル】●全長:7ft6in、8ft4in、9ftの全3種 ●自重:129g、137g、167g ●適合ルアー:3〜25g、7〜35g、10〜50g

【ベイトモデル】●全長:7ft2in、8ft5inの全2種 ●自重:127g、132g ●適合ルアー:5〜35g、7〜35g
【スピニングモデル】●全長:7ft6in、8ft4in、9ftの全3種 ●自重:129g、137g、167g ●適合ルアー:3〜25g、7〜35g、10〜50g

ブラックスターHARDは、大型のハタゲームに照準を合わせたハードロックフィッシュロッド。シャープながらもパワフルなブランクで、ガンガン引き込むハタのファイトを余裕を持って楽しめるロッドだ。

画像: ブラックスターHARD(ゼスタ)

『ルアーマガジン・ソルト12月号』では、ブラックスターHARDをルアマガソルトの営業担当の大木がさらに詳しくインプレッション!

ルアーマガジンソルトは毎月21日発売(一部地域除く)。価格は980円(税込)。 お求めは全国の釣具店や書店で!お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、Amazon等のWeb通販サイトをご利用ください。


[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.