プロアングラー・桐山孝太郎さんの主催するブラックバス・ワンデーペアトーナメント「Kota's American Dream」が、さる11月3日に開催された。釣りPLUSでは昨年同様、同大会に参戦する琵琶湖からの刺客(?)・杉村和哉さんに完全密着!! その奮闘の様子をお届けしたい。


琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカバスの夢を見るか2018・前編

Kota's American Dream」、通称アメドリ。霞ヶ浦・北浦水系で行われるブラックバスのワンデーペアトーナメントで、アメリカで活躍するプロアングラー・桐山孝太郎さんが主催する大人気の大会だ。

この大会の人気の秘密は、まず誰でも参加できること。そして優勝チームは、メインスポンサーでもある老舗バスボートメーカー「Bass Cat」から、アメリカで行われる大会へ招待してもらえる(!)という点。しかもその大会で優勝すれば、バスボートまでもらえてしまうという!!

これぞまさしくアメリカンドリーム!!

しかも、当日はジャンケン大会で「Power Pole(電動アンカー)」がもらえるかもしれないという太っ腹ぶり!!

おそらく個人名義の大会としては日本最大規模のトーナメントであろう。

釣りPLUSでは、2017のアメドリにて、琵琶湖ガイドにしてバスキャット製ボートのオーナー・杉村和哉さんに密着。その活躍をお伝えしている。

そして今年も引き続き、杉村さんと同船したフクシゲが、その様子をお伝えさせていただこう。

画像: 杉村和哉 (すぎむら・かずや) 琵琶湖ガイドという、釣りバカの究極系ともいえる生業を選んだワイルドガイ。ビッグフィールドに身をおきながらも、ピンスポットを射抜くカバー撃ちが得意。あと野池×巻き物も得意……? バスキャットのPUMA FTD に乗っていることがきっかけで、アメドリに参戦。写真は昨年のアメドリのトレーラーウェイインシーン。右手に持つ魚でBigFish賞を獲得した。また、メガバスプロスタッフとしても有名。

杉村和哉
(すぎむら・かずや)
琵琶湖ガイドという、釣りバカの究極系ともいえる生業を選んだワイルドガイ。ビッグフィールドに身をおきながらも、ピンスポットを射抜くカバー撃ちが得意。あと野池×巻き物も得意……? バスキャットのPUMA FTD に乗っていることがきっかけで、アメドリに参戦。写真は昨年のアメドリのトレーラーウェイインシーン。右手に持つ魚でBigFish賞を獲得した。また、メガバスプロスタッフとしても有名。

フクシゲ
杉村さんに琵琶湖でガイドしてもらったことがきっかけで(?)アメドリに参戦することになった元ルアマガ編集部員(現在はソルト編集部)。写真はガイドしてもらった際に釣れた奇跡のロクマル。

まずは準備から

今回は本番前日のプラクティスから同船させていただける機会に恵まれた。
そこで合流する前に、杉村さんにどんなタックルを用意するべきか聞いてみたところ、以下のものがあったほうがいいとのことだった。

琵琶湖ガイド的!? 秋のカスミ水系攻略セット(?)
・カバー撃ち系(テキサスやリーダーレスダウンショット3~7g)
・カバー用ネコリグ(1.8~3g)
・シャロークランク
・スピナーベイト、チャター系
・ワンテン(ジャークベイトではなく、ワンテンとするあたりがさすが!?)

つまり想定している釣りは大別してカバーと巻き。
秋だからか? はたまた杉村さんの好みなのか。食わせに頼らない攻めのタックルだ。

その話を聞いて、フクシゲが用意したのはこんな感じ↓↓

画像: 左からカバー撃ち系(ディープカップビーバー・ゼロダン)、カバー用ネコ(イチジク)、シャロークランク(ナックルLDJr.)、スピナベ・チャター系(ロビンブレード)、ワンテン(ワンテンX)

左からカバー撃ち系(ディープカップビーバー・ゼロダン)、カバー用ネコ(イチジク)、シャロークランク(ナックルLDJr.)、スピナベ・チャター系(ロビンブレード)、ワンテン(ワンテンX)

ところが合流する前日、いそいそとフクシゲが準備をしていると、すでに二日前からプラクティスを行っている杉村さんから電話が……。

福重「お疲れ様です! フクシゲです!!」

杉村「お疲れ様です。明日は潮来マリーナに7時15分でお願いします! それとタックルですが、カバー用のワームはドンパスがいい感じです。それから……シャッディングXかアイバイアイシャッドをお願いします」

福重「ドンパスのテキサスは去年のビッグフィッシュをキャッチしたルアーですね。でも、シャッドというと……プラの結果が思わしくないのですか?」

杉村「相変わらず釣れないですが、過去2回霞ヶ浦で釣りをした時よりは釣れてます(笑)」

イヴォークシャッド

シャッディングX

ドンパス

福重「なるほど。シャッドとカバー撃ちですね。了解です。明日からよろしくお願いします!」

そんな感じで電話を終え、タックルにシャッドを追加。
翌朝、潮来マリーナへと向かった。

画像: シャッド(左:アイバイアイシャッドタイプR/右:シャッディングX)

シャッド(左:アイバイアイシャッドタイプR/右:シャッディングX)



前日プラクティスに同船!!

そして本番前日となる11月2日。

画像1: 前日プラクティスに同船!!

杉村さんと合流して早速プラクティススタート!

福重「今のところの状況はいかがですか?」

杉村「昨日電話で話しましたとおり、魚からの反応は得られていますね。今日は明日行きたいところを温存しておいて、ほかの場所の可能性をつぶしたいと思います」

つまりは本番で迷いを生じさせないように、その他の気になる場所をチェックする作戦だ。

杉村「まずは北浦から見ていきましょうかね」

はじめに鹿行大橋周辺のマンメイドストラクチャーをシャッドやカバーネコでチェック。

反応が無いのを確かめたのちに北浦を北上。

最上流部付近でカバー撃ちをしていると、程なくして杉村さんにヒット!!

杉村「う~んあんまり大きくないけどまずは1尾。実はこのあたりのエリアは、昨日にもつれているんですよ。結構魚はいるみたいですね……。明日はここもアリかも」

ヒットルアーはドンパス(メガバス)の5gテキサスだ。

その後も何か所か回っていると、杉村さんに突然の電話が……?

杉村「小森さん! この前はおめでとうございます!! はい。はい。そうなんです明日がアメドリで今日はプラクティス。福重さんと出てまして……」

なんと電話の主は、直前に行われていたバサーオールスタークラシックで優勝した、チームメガバスの小森嗣彦さんだったのだ!!

画像: 杉村さんの電話中、とりあえず穴撃ちに興じるフクシゲ。

杉村さんの電話中、とりあえず穴撃ちに興じるフクシゲ。

~1時間後~

杉村「電話、小森さんでした。心配して色々教えてくれましたよ~。とりあえず、でかいのが釣れない北浦は切ってもいいんじゃないかってことでした。さてどうしましょうかね……とりあえず移動しましょうか」

そうしてやってきたのは北利根川の右岸側。

護岸からアシ帯を巻き物とカバー撃ちでアプローチしていく。

途中、フクシゲのZクランクに謎の魚がヒットしたが即バレ。
そして再び竿を曲げたのは杉村さんだった!!

杉村「ドンパスの5gテキサスでカバー撃ち。やっぱりこれは釣れますね(笑)」

去年もこれでビッグフィッシュ賞を獲得していますけど、なんでこんなに釣れるんですかね?

杉村「何となく自分のイメージでは、カスミ水系のバスってスピードクローみたいな水を激しくかき回しながら落ちていくルアーをよく知っているんじゃないかなって。だから逆に、水の抵抗をほとんど受けず、ストンと落ちるドンパスが効くのかなと思ってます」

画像: ドンパスのテキサスリグ。杉村さんはシンカーストッパーのほかにも、ノット保護としてウキ止めゴムを愛用している。写真は昨年のビッグフィッシュ賞をとったときのリグだが、今回はテールを尾びれの形にカットした”ブルーギルチューン”を施して使用。

ドンパスのテキサスリグ。杉村さんはシンカーストッパーのほかにも、ノット保護としてウキ止めゴムを愛用している。写真は昨年のビッグフィッシュ賞をとったときのリグだが、今回はテールを尾びれの形にカットした”ブルーギルチューン”を施して使用。

その後も常陸利根や霞ヶ浦等を回ったものの、反応無し。北浦の水原エリアを流して終了となった。

杉村「水原はキーパーを揃えるのが容易だとは思いますが、明日は来ないでしょうね。それに北浦上流部もやはりサイズが期待しにくいので基本的にはいかないつもりです」

それってつまり……

画像2: 前日プラクティスに同船!!

杉村「何となく魚のいるエリアは絞れました。優勝を狙いますよ」

杉村さんは力強く、その言葉を口にした。

琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカバスの夢を見るか2018・中編に続く


[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.