「釣れる魚はなんでも釣る。釣れない魚はなんとかして釣る」をモットーに、魚を求めて東西南北どこへでも行きまくる道具道楽アングラー"やまけん"氏による連載企画「無節操アングラーやまけんの"釣りに行ってもいい?"」。今回は、水も空気も山も何もかもが美しい……秋の十和田湖でヒメマス釣りに挑戦。絶景の写真盛り盛りでお届けします!

当記事の文章・写真は、先日急逝した本山博之氏の存命中に執筆・撮影されたものです。
原稿が届いた当時のまま掲載させていただくと共に、氏のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。



大人気のヒメマスゲーム! 十和田湖のヒメマスは10月解禁

近年注目を集めている十和田湖での秋のヒメマス釣り。湖を大きく回遊しているシーズンから、産卵のために岸際にヒメマスが集まるタイミングである10月に解禁を迎えます。

北側以外のエリアは道路に面していて、駐車スペースもある程度はあり、水際に入りやすい十和田湖。オカッパリ(ウェーディング)でも釣果が期待できということで、休日には岸際にズラッっとアングラーさんが並ぶほどの人気です。

やまけん的には十和田湖でのヒメマスゲームは今年で3年目。全てボートでの釣りで訪れています。オカッパリエリアも含めてまだまだ未開拓の北側エリアも視野に、広く徹底的に秋のヒメマスの動きを把握するためです。

過去2年間はハイテク装備のアルミボートで、今年はなんとフルサイズのバスボートとアルミボートの2艇体制での調査釣行となりました。どちらもマルチプロアングラー本山博之さんがガイド艇として使っているバリバリ船で、戦闘力は充分!

昨年まで蓄積したデータを元に、接岸が少ないと噂の今年の釣りのスタートとなりました。過去の写真も混ぜつつ、十和田湖でのヒメマス釣りを紹介いたしまーす!

景色を見るだけで違った今年の十和田湖

毎年、色鮮やかに紅葉している十和田湖周辺ですが、今年はまだまだ緑も多く秋の進行がやや遅れている感じ。事前情報だと、漁協の仕掛けた定置網に入っているヒメマスも昨年より少ないとのこと。

画像: 確かにボートを出している桟橋近辺で見かけていた魚たちも今年はほとんど見られず……。雲行きが怪しくなりつつも出船。

確かにボートを出している桟橋近辺で見かけていた魚たちも今年はほとんど見られず……。雲行きが怪しくなりつつも出船。

まずは実績ポイントをめぐるも、ワラワラとルアーを追ってきた昨年と違い、今年はポツリポツリという感じ……ホントに少ない!

オカッパリアングラーさんに話しかけても「あまり釣れない」との答え。

そして昨年までと大きく違っていたのがトローリングの多さ。産卵を意識した魚が岸際に寄ってしまうと釣り辛くなるのですが、今年はまだまだ釣果があるらしくトローリングを楽しむ船がたくさん湖に浮かんでいました。

トローリングで釣果を出している方の情報を元に、岸際シャローのチェックと並行して、沖のブレイクライン(水深10m~20mの間)を魚探がけ……するとスクールする群れが映っています。

まだ岸際に上がりきっていない魚」なのか「行ったり来たりしている魚」なのか、少なくても昨年までのようにシャローで産卵場所と相手を探してウロウロしているというよりは、ブレイクラインでベイトを追いかけているという感じの魚が多い印象でした。

画像: サイドイメージで湖底を確認していきます。 この筋は川の流れた跡。 ハイテク装備で湖を丸裸に出来ちゃいます。

サイドイメージで湖底を確認していきます。 この筋は川の流れた跡。 ハイテク装備で湖を丸裸に出来ちゃいます。

岸寄りと沖目でヒメマスに2パターンあり

そこで2日目以降は岸際以外にもしっかりとボートをステイさせて、ディープを重めのルアーで探ってみることに。この釣り方で反応が得られ「やっぱりこっちにも居る!」という手応え。

ルアーでのオカッパリ釣りは、岸際に寄った魚を小さいスプーンやタコベイト付きのスプーン等でイライラさせてフックアップさせるパターンが有効です。

それほど遠投せずに近場で狙うことが可能なのですが、今年は通常のレイクのようにロングロッドで重めのスプーン等をキャストして岸から遠い沖のブレイクを狙う釣りで釣果があったようです。このことから、やはりまだまだ魚が岸に寄りきってはいないと判断出来ました。



2週間空けて、さらなる調査釣行に

ある程度ヒメマスの状況が掴めたところで、今年はなんと東京~十和田湖の二往復目が炸裂! 秋が深まるのを狙って、初回から2週間後、再び十和田湖にやって来ました。

結論から先に書いてしまうと、約2週間空けてもあまり周辺状況は進行しておらず(進行が遅いという印象です)全体的に初回と同じような感じでした。

ただ、リグやルアーを前回のパターンに合わせて調整して来たのがハマり、ブレイクラインをウロウロしている魚たちにばっちり口を使わせることには成功!

広くスピーディーに魚の動きを把握することが出来るボートの優位性を、がっつり感じる釣行となりました。

十和田湖での釣りの魅力

エメラルドグリーンの水、そして色づく紅葉。空を真っ赤に染める朝日。そしてその空に負けないくらい真っ赤に染まるヒメマス。

十和田湖での釣りは魅力がいっぱいです。

十和田湖のヒメマス釣りはますます人気が高まってきている様子。駐車スペースが足りなくなったり隣の人と近かったりしますので、ぜひルールとマナーをしっかり守って楽しんでいただければと思います。

オカッパリでチャレンジする際は、シャロー用と遠投用の2タックル準備するとその時の状況に対応しやすいかと思います。

シャローゲームになる場合は、岸際上に木が覆い被さっているが多々あるので、あまり長すぎないタックルが向いています。ブレイク狙いの場合は遠投が必要なのでロングロッドで。

来シーズンも十和田湖にチャレンジ予定ですので、ぜひぜひ現地でお会いしましょう!

タックルデータ

画像: タックルデータ

ロッド:SKAGIT DESIGNS Suspend Feeler SP-560MP
リール:TRY-ANGLE TU-01+Vスプール
ライン:VARIVAS トゥッチマスターナイロン 5lb

ロッド:EGOIST EGOISTick EG-532LL
リール:TRY-ANGLE TU-01
ライン:VARIVAS ダブルクロスPE 0.8号
リーダー:VARIVAS プレミアムフロロ 7lb

ロッド:TRY-ANGLE Petronius 50UL
リール:TRY-ANGLE BC420SSS-T2 + Availパーツ
ライン:VARIVAS ベイトフィネスPE 0.4号
リーダー:VARVAS プレミアムフロロ 7lb

ロッド:オリジナルグラスプロト
リール:DAIWA アルファスストリームカスタム
ライン:VARIVAS ベイトフィネスPE 0.5号
リーダー:VARIVAS プレミアムフロロ 8lb

ルアー:Smith Dコンタクト63+TRY-ANGLEシェルシート
Smith AR-HD
Smith ボトムノックスイマー
SKAGIT DESIGNS TEPPEN Super Hammered 5.8g+TRY-ANGLEシェルシート
JACKALL テグラー 1/4oz 他

イベント情報

やまけんと無節操に飲もう! アンティ酒ハウス開催!

魚野川アングラーにおなじみのペンションアンティーズハウスで「翌日の釣りを気にしないでただただ飲みたい」という恐ろしい(笑)イベント第3弾の開催です。
当記事の執筆者やまけんも参加します!

日程:2018年11月24日(土)
時間:19時(夕食開始)~未明終了予定
場所:ペンション・アンティーズハウス(新潟県南魚沼市)
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/

お申込み方法など詳しくはこちらのイベントページをご覧ください。
https://try-angle-fishing.com/event/181124.html

やまけんプロフィール

画像: やまけん(山犬):道具道楽アングラー。魚を求めて東西南北どこへでも! モットーは「釣れる魚はなんでも釣る。釣れない魚はなんとかして釣る」 釣具メーカー「TRY-ANGLE」代表。

やまけん(山犬):道具道楽アングラー。魚を求めて東西南北どこへでも! モットーは「釣れる魚はなんでも釣る。釣れない魚はなんとかして釣る」 釣具メーカー「TRY-ANGLE」代表。


[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.