本場アメリカで毎年開催されている「B.A.S.S.バスマスターオープン」。参戦するにはボートやクルマ、そして渡航費用などを工面する必要がある。今回立ち上がった「Abema TV Presents WORLD CHALLENGE」(以下、ワールドチャレンジ)は、選ばれた1名の参戦をフルサポートするという日本初のビッグプロジェクトだ。毎週土曜日にAbema TVの釣りチャンネルでオンエア中!

厳しい選抜から選ばれるのはただ1人! 

ワールドチャレンジはAとBの、2つのリーグに分かれている。選抜された4名のアングラーによるAリーグの戦いは、すでにご覧になった方も多いはずだ。同様にBリーグも4名の選手で競われるのだが、人材発掘を目的とした一般参加枠が1名設けられている。今回は11月17日21時から放送された第5話の見どころを紹介しよう。

画像: 一次審査のオーディション会場となったのは茨城県カシマサッカースタジアム。

一次審査のオーディション会場となったのは茨城県カシマサッカースタジアム。

書類審査にエントリーしたのは155名。筆記試験、体力テスト、キャストの実技試験、そして面接が行なわれ、一次審査に選ばれた14名は4名に絞り込まれた。左から佐々一真さん、坂野純平さん、今泉拓哉さん、野村勇輔さんだ。

画像: 最終選考に残ったのはJBトップ50アングラー2名、一般アングラー2名。この4名のうち1名がBリーグ参戦権を獲得できる。

最終選考に残ったのはJBトップ50アングラー2名、一般アングラー2名。この4名のうち1名がBリーグ参戦権を獲得できる。

決戦の地は新利根川。プラクティスなしの一発勝負!

一次審査の翌日、4名の参加者による最終選考が行なわれた。場所は茨城県新利根川。ワンデイのトーナメント形式で、Bリーグに参戦する1名を決めるのだ。

画像: 会場となったのは新利根川の松屋ボート。試合時は4名のレンタル艇にカメラマンが乗り込んだ。

会場となったのは新利根川の松屋ボート。試合時は4名のレンタル艇にカメラマンが乗り込んだ。

松屋ボートのレンタル艇で、エレクトリックモーターのみ使用可能。地方から参加しているアングラーもいるため、魚群探知機の使用は禁止となった。6時30分、運命を決める戦いが始まった。

画像: 野村勇輔さんは25歳の会社員。ノンボーターだがバスマスターオープンへの参戦経験があるという。

野村勇輔さんは25歳の会社員。ノンボーターだがバスマスターオープンへの参戦経験があるという。

画像: JBトップ50トーナメントに参戦中の今泉拓哉さん。ベイトフィネスで探るとロッドが大きく曲がった!

JBトップ50トーナメントに参戦中の今泉拓哉さん。ベイトフィネスで探るとロッドが大きく曲がった!

画像: 佐々一真さんもJBトップ50に参戦中の手練。複雑なブッシュの奥をスピニングタックルでチェック。

佐々一真さんもJBトップ50に参戦中の手練。複雑なブッシュの奥をスピニングタックルでチェック。

画像: 滋賀県からエントリーした坂野純平さんは大学生。新利根川は初挑戦という。

滋賀県からエントリーした坂野純平さんは大学生。新利根川は初挑戦という。

10時間に渡る長丁場。熱い戦いを制したのは…!? 
アベマビデオの期間限定配信を見逃すな!

30センチ以上のキーパーサイズ5尾の総重量で競われた最終選考。持てる経験と知識を総動員して、4名の選手はハイプレッシャー下の新利根川に挑んだ。アメリカ参戦への足がかりとなる、ワールドチャレンジBリーグ参戦権を手にしたのは果たして…。期間限定で視聴可能なアベマビデオを要チェックだ!

画像: 結果発表で崩れ落ちる野村勇輔さん。果たして何が起こったのか…。

結果発表で崩れ落ちる野村勇輔さん。果たして何が起こったのか…。


AbemaTV WORLD CHALLENGE 関連リンク



This article is a sponsored article by
''.