プロアングラー・桐山孝太郎さんの主催するブラックバス・ワンデーペアトーナメント「Kota's American Dream」が、さる11月3日に開催された。釣りPLUSでは昨年同様、同大会に参戦する琵琶湖からの刺客(?)杉村和哉さんに完全密着!! 今回はその奮闘の様子の第2回目をお届けしたい
画像1: 【2018 Kota's American Dream参戦記】カスミにあの男が帰ってきた!! ~琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカンバスの夢を見るか2018・中編~

■杉村和哉(すぎむら・かずや)
琵琶湖ガイドという、釣りバカの究極系ともいえる生業を選んだワイルドガイ。ビッグフィールドに身をおきながらも、ピンスポットを射抜くカバー撃ちが得意。あと野池×巻き物も得意……? バスキャットのPUMA FTD に乗っていることがきっかけで、アメドリに参戦。写真は昨年のアメドリのトレーラーウェイインシーン。右手に持つ魚でBigFish賞を獲得した。また、メガバスプロスタッフとしても有名。

画像2: 【2018 Kota's American Dream参戦記】カスミにあの男が帰ってきた!! ~琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカンバスの夢を見るか2018・中編~

■フクシゲ
杉村さんに琵琶湖でガイドしてもらったことがきっかけで(?)アメドリに参戦することになった元ルアマガ編集部員(現在はルアーマガジン・ソルト編集部)。写真はガイドしてもらった際に釣れた奇跡のロクマル。



琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカバスの夢を見るか2018・中編

Kota's American Dream」、通称アメドリは、霞ヶ浦・北浦水系で行われるブラックバスのワンデーペアトーナメント。アメリカで活躍するプロアングラー・桐山孝太郎さんが主催する大人気大会だ。

この大会の優勝チームは、メインスポンサーでもある老舗バスボートメーカー「Bass Cat」から、アメリカで行われる大会へ招待してもらえるという、まさしくアメリカンドリーム!!なイベント。

釣りPLUSでは、昨年に引き続き、琵琶湖ガイドにしてバスキャット製ボートのオーナー・杉村和哉さんに密着。今回はその第2回目。

第1回目はこちら!

本番当日の朝を迎える!!

前日のプラクティスで2尾をキャッチし、何かをつかんでいた様子の杉村さん。

いよいよ迎えた本番当日だが、今回のプランを聞いてみた。

杉村「プラの感じでは、北浦、霞ヶ浦、河川系のどこにでも魚がいる印象でした。巻き物への反応が良好だったのと、減水傾向ではありましたが、水深のあるリーズ際へのカバー撃ちもいけそうかなと。ただ気になるのは、釣れていたのが水温が上昇する午後以降だったことです。試合はお昼くらいまでですからね……」

画像3: 【2018 Kota's American Dream参戦記】カスミにあの男が帰ってきた!! ~琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカンバスの夢を見るか2018・中編~

杉村「とはいえ、琵琶湖で培った魚を探す技術を駆使して、練習で絞れた場所を回っていきたいと思います。目標は3本3800グラム!!」

昨年の優勝ウェイトが3640グラム。つまり完全に優勝が見えているウェイト宣言だ。

福重は去年のように足を引っ張らないようにと心に誓った!!

そうこうしているうちに、ミーティングがはじまるようだ。

画像1: 本番当日の朝を迎える!!

相変わらず沢山の参加者。優勝するにはここにいるすべての人たちよりも重いウェイトを持ち込まないといけない…恐ろしい…!!

画像2: 本番当日の朝を迎える!!

ミーティングはこのイベントの主催・桐山さんの挨拶からスタート。
これだけの人数が集まるイベントを行える桐山さんの人望の厚さには毎年驚かされる。

桐山さんに続いて現れたのは草深幸範さん&川村光大郎さんチーム。

画像3: 本番当日の朝を迎える!!

前回大会に優勝し、アメリカ釣行を勝ち得た二人なのだ。

当然、強力な(てか強力すぎる)ライバル。そしてその他にも名だたるアングラーはわんさか!!

繰り返しになるが、優勝するためにはそんな強力無比なライバルたちよりも多く、重い魚を釣ってくる必要がある。

それがトーナメントの苦しさであり、楽しさなのだろう。



いざフライト! 圧巻のボート数

杉村さん、フクシゲともにタックルを準備し終えたらいよいよランチング。
スタート直前の潮来マリーナ前には沢山のボートが浮かぶ。

1dayのオープントーナメントにもかかわらず、このボート数はまさに圧巻!!

エントリーナンバーを呼ばれた順に次々にスタートしていく選手たち。

画像: アメドリ2018スタート!! youtu.be

アメドリ2018スタート!!

youtu.be

ちなみに杉村さんは21番目とかなり早めのスタート予定。

画像1: いざフライト! 圧巻のボート数

これを活かし、まずはどのエリアからスタートするのか?

画像9: 【2018 Kota's American Dream参戦記】カスミにあの男が帰ってきた!! ~琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカンバスの夢を見るか2018・中編~

杉村「今回のプラでも釣れていますし、何よりも昨年のビッグフィッシュ賞をキャッチして相性のいい北利根川の支流・夜越川に向かいます。狭いエリアなのでバッティングしがちですが、この順番なら大丈夫だと思います!」

そして7時48分。

いよいよ杉村さんのナンバーがコールされてスタート!

潮来マリーナからまずは南下!!
時速100キロ近い速度で湖面を疾走するPUMA FTD!!

あまりの速度にフクシゲ、まともに写真が撮れません!!

画像2: いざフライト! 圧巻のボート数

そして外浪逆浦を経由して北上。北利根川へ!!

8時06分には目的地である夜越川に到着した。
幸い、先行者はいないようだ。

前回のビッグフィッシュ賞エリアから釣りスタート!! しかし……

杉村「巻き、撃ちどちらの釣りが当たるかはわかりませんので適度に分担しつつ、好きなのをやっていきましょう(笑)」

画像: 杉村さんは主にドンパスのテキサスやシャッドテールワーム、フクシゲはネコリグやクランクをそれぞれがそれぞれのポジションに応じて投げ分けていく。

杉村さんは主にドンパスのテキサスやシャッドテールワーム、フクシゲはネコリグやクランクをそれぞれがそれぞれのポジションに応じて投げ分けていく。

しかしいくら投げても反応は無い。

杉村「実は本湖から夜越川に入って水温が3度くらい下がっているんです。これが悪いのかもしれませんし、移動しましょうか!」

そうして9時45分。
やってきたのは、北利根川の右岸側のストレッチ。
前日のプラクティスで杉村さんが1尾キャッチしたエリアだ。

杉村「まずは巻いて流して、そのあと撃ちでじっくりとやってみましょう!」

ところが、前日の様には反応が無い。
徐々に艇内に焦りの色が見え始める。

杉村「う~ん…ちょっと大きく場所を移動しましょうか」

10時23分、北利根川を一気に南下。
エリア最下流域となる常陸川水門へとやってきた。

画像1: 前回のビッグフィッシュ賞エリアから釣りスタート!! しかし……

杉村「一発デカいのが狙えそうな雰囲気がありつつ、プラクティスでの反応も良かった場所です」

ここでもお互いをフォローしあうように撃ちと巻きで釣り分けていく。

しかし…

反応は無い…

杉村「そろそろ時間もやばくなってきましたね。マリーナに向かいながら要所要所を狙っていきましょうか」

11時35分。

いよいよ大会時間終了の13時が迫る。

途中、神宮大橋周辺を狙いつつ、最後にやってきたのは潮来マリーナの南側に位置する石積みエリア、水原だ。

画像2: 前回のビッグフィッシュ賞エリアから釣りスタート!! しかし……

杉村「予定ではこのエリアはやらない予定でしたけど、さすがに魚の写真が無いのは(いろんな意味で)まずいですからね(笑)」

最後はシャッディングX(メガバス)のストレートリトリーブで石積みの傾斜を舐めるように狙っていく。

そしてキャストし始めて5分ほど。

この日初めてとなる大きな魚信!!

ロッドが強烈に絞り込まれる!!

画像: デカい!デカいッス!!

デカい!デカいッス!!

ただしフクシゲのロッド(笑)

残り時間は30分もない。

果たしてドラマは起こるのか…!?

『琵琶湖ガイド・杉村和哉はアメリカバスの夢を見るか2018・後編』に続く


【2018 Kota's American Dream参戦記】前回はこちら!



This article is a sponsored article by
''.